フリーランスになって仕事がない…となってしまう人の特徴と解決策!

自由な働き方や収入アップを目指してフリーランスになる人が増えてきています。しかし、フリーランスになっても仕事がないため稼げず、不安を感じている人も多いです。フリーランスはスキルや実績がないと仕事を獲得できません。今回の記事では、フリーランスで仕事がない人の特徴や解決策、継続的に仕事を獲得する方法についてお伝えしていきます。

フリーランスで「仕事がない」となってしまう原因

フリーランスで仕事がないという状態になってしまう主な原因は下記5つです。

  • クライアントとの信頼関係を築けていない
  • 自分に合った案件獲得の方法を知らない
  • 営業数が少ない
  • クライアント都合
  • 体調を崩し働けなくなる

技術面での問題よりも営業力やコミュニケーション能力に原因がある場合が多いです。

クライアントとの信頼関係を築けていない

フリーランスで仕事がない人の多くは、クライアントと信頼関係を築けていません。フリーランスは仕事を自分の力で獲得する必要があるため、クライアントとの良好な関係性を保つ必要があります。しかし、クライアントとのやり取りを雑にしてしまう人ややり取りが遅い人が多いため、クライアントから信頼を得られずに仕事が得られない人が多いです。仕事を獲得するためには、クライアントとの信頼関係がとても重要です。

自分に合った案件獲得の方法を知らない

自分に合った案件獲得の方法を知らないため、仕事がないという状態になっているフリーランスも少なくありません。フリーランスで仕事を獲得する方法はフリーランスエージェントやクラウドソーシングサービスなど様々です。どの方法も向いている人と向いていない人がいるため、自分に合ったやり方を選ばないと仕事が獲得できず、フリーランスとして生活していくことができません。自分に合った案件獲得の方法を考え、実践していきましょう。

営業数が少ない

フリーランスで仕事がないという人の中には、営業数が少なく仕事を獲得できていないという人もいます。フリーランスで仕事を獲得するためには自分で営業をクライアントにかける必要があり、営業数が多いほど仕事が獲得できるチャンスが増えます。しかし、仕事を選んでしまう人や消極的な人は営業数が少ないため、仕事を獲得するチャンスを失ってしまう場合があります。仕事によっては特定の時期しか応募できない場合も多く、積極的に多くの案件に営業をかけることがフリーランスの仕事の獲得に重要です。

クライアント都合

クライアントによっては仕事の途中で契約を終わらせてしまう場合があり、クライアント都合で仕事がなくなる人も少なくありません。フリーランスは企業や個人と業務委託契約で仕事の契約をしている場合がほとんどです。クライアントによっては契約の途中で案件の途中終了や急な予定変更によって仕事の依頼をやめる人もいるため、安定して仕事を獲得できない人がいます。クライアントの見極めや仕事を途中で終わらせられた場合に対処してくれるフリーランスエージェントの活用などを検討し、クライアント都合で仕事がなくならないように注意しましょう。

体調を崩し働けなくなる

フリーランスで体調を崩し働けなくなった場合仕事が獲得できずに稼げません。フリーランスは万が一の場合にサポートが受けにくいため、体調を崩してしまうと収入を得る手段が限られます。また、体調を崩してしまうとその期間働けないため、スキルや経験が積めずに市場価値が下がってしまう可能性があります。また、クライアントによっては体調を管理できない、もしくは体調に問題があるフリーランスを採用しない場合もあるでしょう。体調を崩してしまうと働けなくなってしまうため、フリーランスは体調管理に気をつけてください。

仕事がないフリーランスの特徴3つ

仕事がないフリーランスの特徴は下記3つです。

  • 専門的なスキルや営業スキルが低い
  • 納期や期限を守れない
  • コミュニケーション能力が低い

仕事をするためのスキルがない人だけでなく、仕事を進める際や仕事を獲得する上で大切なポイントを押さえていない人が多いです。

専門的なスキルや営業スキルが低い

仕事がないフリーランスの多くは、仕事に必要な専門的なスキルや仕事の獲得に必要な営業スキルが低いです。フリーランスで仕事をするためには高いスキルを持っている必要があり、専門的なスキルで劣っている人は仕事を獲得できません。企業の人材や他のフリーランスと仕事の獲得で争う必要があるため、自分の専門的なスキルは常に伸ばしていく必要があります。また、仕事を獲得するためには、自分の能力や経験を適切にアピールできる営業スキルも必要です。営業力が低いと他の人材に仕事を取られてしまい、自分の仕事が無くなってしまいます。フリーランスが仕事を獲得するためには、専門的なスキルや営業スキルを高めていく必要があります。

納期や期限を守れない

クライアントに提示された納期や期限を守れないフリーランスは仕事を獲得できません。フリーランスは、仕事を獲得した後はクライアントが求める納期や期限までに成果を出す必要があります。納期や期限を平気で過ぎて成果物を提出する人や延長を何度も要求する人は、クライアントからの評価が下がり、案件を途中で打ち切られてしまう場合があります。また、クラウドソーシングサービスやフリーランスエージェントの場合、クライアントの評価は次の仕事に響きます。納期や期限を気にせず仕事をしていた結果、後にクラウドソーシングサービスやフリーランスエージェントで仕事の獲得や紹介ができなくなってしまいます。社会人として当然ですが、フリーランスとして仕事を獲得するためには納期や期限を守れる人材になりましょう。

コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低いと、クライアントに不安や不快感を与えてしまい仕事を得られない場合が多いです。フリーランスは自分でクライアントとやり取りをする必要があり、クライアントの要望を的確に把握して仕事を進めていく能力が求められます。コミュニケーション能力が低いとクライアントの気持ちが分からずに仕事をしてしまい、成果物が希望と異なりクライアントが満足できなくなってしまいます。仕事を獲得できてもクライアントの求める仕事ができないと継続的に仕事が得られないため、フリーランスとして安定して稼ぐことができないでしょう。

フリーランスで仕事がないとなってしまった時の対処法

フリーランスで仕事がない人は一定数いますが、適切な対処法を取ることで仕事を獲得できるようになります。フリーランスで仕事がない場合の対処法は下記4つです。

  • 仕事を選びすぎない
  • フリーランスエージェントから案件を獲得
  • 人脈を辿って案件を獲得
  • クラウドソーシングから案件を獲得

仕事を選びすぎずに挑戦できる仕事から取り組み、効率的に仕事を獲得するためにフリーランスエージェントやクラウドソーシングを利用していきましょう。

仕事を選びすぎない

フリーランスで仕事がない場合は、あまり仕事を選ばずに案件を獲得することをおすすめします。フリーランスが生活するためには自分で仕事を獲得する必要があり、仕事を選びすぎると自分の獲得できる仕事がなくなっていきます。こだわりが強い人や自信がない人は仕事を選んでしまい案件獲得のチャンスを逃してしまう場合も多く、せっかくスキルや実績があっても仕事がない人は多いです。仕事がない場合は仕事を選びすぎずに挑戦できる案件に積極的に応募していきましょう。

フリーランスエージェントから案件を獲得

仕事が欲しいフリーランスの強い味方が、フリーランスエージェントです。フリーランスエージェントは、フリーランスに仕事を紹介してくれるエージェントで、自分の希望やスキルに合った案件を紹介してくれます。自分で案件を探す手間が省けるため、効率的に自分に合った仕事を見つけられるでしょう。また、フリーランスエージェント経由で獲得した仕事は、フリーランスが仕事上でトラブルを抱えた場合サポートしてくれる時もあります。安心して仕事をする上でもフリーランスエージェントは有効です。

人脈を辿って案件を獲得

フリーランスで仕事がない場合、人脈を辿って案件を獲得する人も多いです。フリーランスはコミュニケーション力やそれまでのコネクションを活かしてクライアントや同業の知り合いから案件を獲得できます。仕事がない場合、それまで付き合いがあるクライアントや昔の仕事仲間に仕事があれば、自分に依頼してもらうことができるでしょう。

クラウドソーシングから案件を獲得

フリーランスは、クラウドソーシングサービスを利用して案件を獲得することができます。クラウドソーシングは企業や個人が様々な仕事を任せられる相手を募集しているため、自分のスキルや実績をアピールして仕事を獲得できるでしょう。また、面倒な仕事に関する契約やお金のやり取りを極力簡易的に実施できるため、フリーランスにとってメリットの多い仕事の獲得方法です。

仕事が途切れないフリーランスになるには?

フリーランスが仕事を途切れないようにするためには下記5つのポイントを押さえておきましょう。

  • スキルの向上を怠らない
  • 需要のあるスキルを身に付ける
  • 案件獲得が苦手ならエージェントの利用をする
  • 納期や期限を必ず守る
  • 働きすぎに注意する

需要のあるスキルを身につけるとともに、効率的に働いてクライアントから高い評価を継続的に得る必要があります。

安定して案件を見つけるなら『Relance』!

スキルの向上を怠らない

フリーランスとして継続的に稼ぐためにはスキルの向上が必須です。仕事を獲得するためには自分のアピールできる能力を増やす必要があり、スキルや知識量を増やしてクライアントにアピールしていく必要があります。

需要のあるスキルを身に付ける

需要のあるスキルを身に付けることで、将来的にも稼げるフリーランスになれるでしょう。今後必要とされないスキルを身に付けても将来的に稼げる可能性は低く、継続的に稼ぐことは難しいです。需要の大きいスキルを身に付けて長期的に稼げるフリーランスになる必要があります。

案件獲得が苦手ならエージェントの利用をする

フリーランスとして仕事の獲得が難しいと感じる人は、フリーランスエージェントを利用しましょう。エージェントは自分の希望やスキルに合った仕事を紹介してくれるため、仕事の獲得に苦戦している人でも案件が見つかりやすいです。効率的に仕事の獲得ができるため、エージェントの利用をおすすめします。

納期や期限を必ず守る

クライアントから信頼を得るために納期や期限を必ず守りましょう。フリーランスとして継続的に仕事を獲得するために最も効率が良いのは、一度仕事をしたクライアントから再度仕事をもらうことです。長期的な付き合いができれば仕事に困ることもなくなるため、信頼関係を築くためにも基本的な納期や期限を守るようにしてください。

働きすぎに注意する

働きすぎて体調を崩さないように注意しましょう。フリーランスは病気やけがに対するサポートが弱いため、働きすぎに注意が必要です。また、1つの案件に注力しすぎてしまうと他の仕事を得られなくなり、チャンスを逃してしまう可能性もあります。1つの仕事で働きすぎないようにしてください。

フリーランスが「仕事がない」となった時の注意点

フリーランスで仕事がなく焦っている場合でも、下記2点には注意しましょう。

  • 単価を下げすぎない
  • アルバイトをしない

仕事の獲得を急ぎすぎて自分の負担を増やさないようにしてください。

単価を下げすぎない

仕事を獲得したい気持ちが強い時ほど単価を下げすぎないように注意しましょう。フリーランスは仕事がないと稼げないため焦ってどんな仕事でもやろうとしてしまいますが、単価の低い仕事は労働に対して収入が低いです。体や精神に負担をかけた割に稼げない場合が多いため、仕事がない場合でも単価を下げすぎないように注意してください。

アルバイトをしない

仕事がない焦りからアルバイトをしないようにしましょう。アルバイトをしてしまうと決まった時間働く必要が生まれるため、せっかくフリーランスの仕事を獲得できても仕事する時間がなくなってしまいます。フリーランスの仕事を取れるまで我慢し、アルバイトには手を出さないことをおすすめします。

エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

詳しくはこちら

関連記事

30秒で登録。
エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

応募する