←ブログ一覧へ戻る

2021.6.3

インフラエンジニアが激務といわれる理由|転職するメリットとは

※目次※
インフラエンジニアとは
仕事内容

インフラエンジニアとは、快適なネットワーク環境のためにITインフラの構築・管理・整備などを行う仕事です。インフラエンジニアは激務といわれることもありますが、企業や現場しだいで仕事状況は変わります。

ここでは、インフラエンジニアとして転職を検討中の人に向け、インフラエンジニアが激務といわれる理由について解説します。転職するメリットも紹介するため、転職活動の成功に役立ててください。

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、ネットワークを快適に利用できるようにサポートする仕事です。インフラエンジニアについて解説します。

仕事内容

インフラエンジニアとは、ITサービスの利用に必要なネットワークやサーバーなどの設計・構築・セキュリティ対策・保守運用などを行う仕事です。ITサービスは24時間休みなく稼働するため、社会にとってインフラエンジニアは必要不可欠です。

主にネットワークエンジニアとサーバーエンジニアに分かれる

どの分野を担当するかによりインフラエンジニアは細分化されます。なかでも多くのエンジニアが該当するのが、ネットワークエンジニアとサーバーエンジニアです。ネットワークエンジニアとは、コンピューター間の通信にかかわるネットワーク機器を扱います。

一方、サーバーエンジニアは、メールサーバーやデータベースサーバーなどのように、特定のアクションに応じたプログラムにかかわります。

インフラエンジニアに必要な知識やスキル

技術のみでは、インフラエンジニアとして活躍するには不十分です。インフラエンジニアに必要な知識やスキルを紹介します。

技術的な知識やスキル

インフラエンジニアには、技術的な知識やスキルが欠かせません。サーバーやネットワークに関する内容はもちろん、クラウドソーシングや仮想化技術に対する知識やスキルも求められます。また、ネットワークやITに関する技術は日夜進歩しているため、最先端の技術に対応するには転職後にも勉強が必要です。

コミュニケーションスキル

インフラエンジニアは、クライアントと打ち合わせを行ったり、メンバーと共にプロジェクトをすすめたりといった活動も行います。人とのやり取りを円滑に行うには、技術力に加え、コミュニケーションスキルを中心としたヒューマンスキルも求められます。

インフラエンジニアが激務といわれる理由

インフラエンジニアが激務といわれるのは、生活に欠かせない「インフラ」にかかわるためです。激務といわれる理由を紹介します。

夜勤勤務がある

ITインフラは24時間稼働しています。夜間のトラブルにもスムーズに対応するには、夜勤勤務を採用せざるを得ません。また、公共系システムや金融システムのような日中の利用が活発なシステムは、利用者が少ない深夜時間の作業が求められます。

残業が多い

24時間対応を求められるため、インフラエンジニアの多くはシフト制で勤務します。ただし、システムトラブルには早急に対応せねばなりません。シフトの終了間際に起こったトラブルや、自分が多くを知るシステムのトラブルについては、残業で対応する場合もあります。また、残業に対する考え方は企業により異なります。そもそも残業がまったくない企業から、残業分を考慮し業務時間を調整する企業まで、さまざまです。

急なトラブル対応を求められる

システムのトラブルを予想するのは困難です。システムの役割によっては、少しの停止でも莫大な損害を生むため、復旧に向けて迅速に対応する必要があります。ときには、予定していた仕事を後回しにしてでも、復旧を優先することもあります。

システムが復旧するまで帰れない

トラブルの原因を解決し、システムを復旧させるまでは、勤務時間を超えても帰れません。トラブルを最優先に復旧させるため、一時的に仕事が激化します。過酷な作業が休日、深夜帯にまで続く場合もあります。特にシステム導入時やアクセス集中時には、トラブルが起きやすい傾向です。

仕事の成果が見えづらい

システムのトラブルは頻繁に起こるものではないため、毎日の単調な管理業務に対し、やりがいを見失う人もいます。一方、システムを構築・設計する段階では多くの業務を経験でき、仕事を評価される機会が増えることで、成果を実感しやすくなります。

インフラエンジニアを辞める理由

インフラエンジニアを辞め、別の職種に転職する人もいます。転職に至った理由を紹介します。

仕事がつまらなかった

インフラエンジニアは、業務の大部分を機械に向き合って過ごします。お客様と接する機会が少ないため、感謝されることはほぼありません。また、重要ながらもクリエイティブではない仕事に対し、退屈さを感じる人もいます。

給与が低い

インフラエンジニアは、すぐれた知識とスキルがあれば高収入が見込める仕事です。ただし、実績を積みスキルアップするには時間がかかります。思い描いた年収を手に入れられず、不満を感じる人もいます。

インフラエンジニアに転職するメリット

インフラエンジニアは、社会から必要とされる将来性の高い仕事です。インフラエンジニアとして転職するメリットを紹介します。

大手で働くチャンスがある

IT業界は人手不足な傾向です。まったくの未経験から仕事を始め、大手企業で働く人は大勢います。インフラエンジニアは、規模の大きな仕事に携わりたい人におすすめの仕事です。業務をこなしながら勉強を続け、ステップアップを目指しましょう。

実力が評価される

インフラエンジニアは実力を重視される仕事です。学歴や経験は問われず、働くにあたり特別な資格も不要です。また、インフラエンジニアとしての実力が高まるほど、年収が増えます。努力に見合った見返りが得られる点も、インフラエンジニアの魅力といえます。

需要が高く不景気に強い

インフラエンジニアは需要が高い仕事といえます。ネットワークは生活やビジネスの必需品であるため、不景気でも仕事はなくなりません。ネットワークを通じたやり取りが活発化するに伴い、インフラエンジニアの活躍は続くと考えられます。

身につけたスキルが一生役に立つ

インフラの技術の多くは、現場が変わっても通用します。経験を積み蓄えた知識やスキルは自身の資産となり、場所を選ばず働けます。特に女性は、スキルがあれば産休・育休取得後も現場復帰しやすく、長期的なキャリアを形成可能です。

収入が安定している

インフラエンジニアの収入は安定しており、一般的な仕事よりも高収入な傾向です。しかも、キャリアアップのたびに年収が上がります。IT関連の技術が進歩するにつれ、インフラエンジニアに求められるスキルの幅は拡大しています。対応力がある人ほど重宝され高収入を得られるため、技術やスキルを磨きましょう。

インフラエンジニアに向いている人

インフラエンジニアとして転職を成功させるために、おすすめの資格を紹介します。

学び続けることが好き

インフラエンジニアの環境は常に変化しています。自身の市場価値を高めるべく学び続けなければ、活躍できません。インフラエンジニアには、自主的に技術や知識を身につけられる人が向いています。

作業を効率化することが好き

インフラエンジニアの業務の多くは、ルーティン作業です。作業の効率化を行うと時間短縮になるともに、人的ミスの軽減も可能です。効率化が得意な人ほど、すぐれたエンジニアであるといえます。

インフラエンジニアへの転職を成功する方法

インフラエンジニアとして、転職を成功させるためのポイントを紹介します。

あらかじめ職場環境をチェックする

インフラエンジニアの働き方は、職場に大きく左右されます。残業や休日出勤状況、福利厚生などを面接時に確認しましょう。また、ネットワークエンジニアの場合は、仕事が集中すると自宅に帰れなくなるほど忙しくなる場合もあります。長く働くには、休暇制度を設けている企業を選ぶと安心です。

ITに強い転職サイトや転職エージェントを利用する

総合型の転職エージェントではなく、ITエンジニア専門のエージェントを利用しましょう。業界に特化したエージェントであれば、転職のノウハウや、エンジニアの立場としてのアドバイスを受けられます。

ITエンジニア専門の転職エージェント「Relance[リランス]」は、現役エンジニアのチームがエンジニア目線で案件を分析します。ミスマッチを防ぎ、転職活動を成功させましょう。

未経験からインフラエンジニアになる方法

未経験の場合、採用されるのはやや難しくなります。まずはプログラミングスキルやIT関連の知識を勉強しましょう。プログラマーからインフラエンジニアに転向する人もいるため、知識やスキル面で負ける可能性が高いためです。業務についていくには、転職後も積極的に勉強しましょう。

夜勤を避けて転職する方法

夜勤を避けるには、日勤・夜勤で仕事を分担している企業を選びましょう。なお、スキルアップして設計、ネットワーク構築などの上流工程の仕事を得ると、基本的には夜勤はなくなります。ただしインフラエンジニアの仕事に就くのであれば、少なからず夜勤に携わる可能性があることを理解しておきましょう。

インフラエンジニアの将来性

インフラエンジニアは、将来性のある仕事といわれる一方で、人手不足が懸念されています。また、少子化にともなう労働人口の不足により、スキルを身に着ければ未経験でも活躍できる可能性があります。将来性のあるインフラエンジニアを目指すには、新しい技術や情報を学び続ける努力が必要です。高いスキルがあるほど、需要が高い人材になれます。

まとめ

インフラエンジニアは激務といわれる一方で、将来性が高く社会に必要な仕事といえます。価値あるインフラエンジニアを目指すには、新しい技術や情報にアンテナを張り、勉強を続けましょう。

株式会社スリーシェイクの「Relance」は、現役エンジニアのチームがエンジニア目線で案件を分析し、マッチングします。手厚いサポートもあるので、エンジニアへの転職をご検討中の方は、ぜひご利用ください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

■ フロントエンドエンジニアだけでサービスを作れるようなチーム作りに挑戦中 ■ フロントエンドエンジニアリングについて積極的に発信 ■ PdM / GCP / Firebase / Next.js / React ■ 愛犬家 / 2021年は盆栽に挑戦 ■ Twitterやってます https://twitter.com/yuyamiyamae

SNSでシェアする

関連記事