←ブログ一覧へ戻る

2021.6.3

文系からインフラエンジニアになる方法|必要スキル・資格も解説

※目次※
文系でもインフラエンジニアになれる?
設計

エンジニアの仕事に興味があっても、文系では挑戦しにくいと思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、インフラエンジニアなら文系でも目指せます。この記事では、インフラエンジニアの具体的な仕事内容や魅力などを解説します。文系だからこそ活かせるスキルや役立つ資格などにも触れるため、参考にしてください。

文系でもインフラエンジニアになれる?

インフラエンジニアであれば、文系出身者でも挑戦可能です。文系のスキルを活かしやすい仕事も多く、未経験者を採用している求人もあります。文系がインフラエンジニアに挑戦しやすい理由は後述するため、そちらも参考にしてください。

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアが扱うインフラとは、情報システムの基盤となる部分のことです。インフラエンジニアは、担当する仕事内容によってネットワークエンジニアとサーバーエンジニアに大別されています。ただし、実際には、仕事内容の細かい部分について線引きがあいまいな場合も多いです。企業によって呼び方が異なる可能性もあります。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアはどのような仕事を担当しているのでしょうか。ここでは、具体的な仕事内容を解説します。

設計

設計ではインフラの基本方針を定めます。クライアントと直接話し合いながら、どのようなインフラを作るのかすりあわせていく作業です。サーバーの規模や予算などを確認し、インフラの具体的なイメージを決定します。決まった内容をもとに設計書を作成し、新しく構築するインフラに関する情報をわかりやすくまとめます。

構築

設計書をもとにして実際にインフラを作っていきます。使用する機器を手配して搬入したら、組み立てて正しく配線をつなぎます。さらに、必要なソフトウェアのインストールも必要です。設定後、動作確認を行い、設計書どおりにきちんと作動するか確認します。ミスがあるとトラブルにつながる恐れがあるため、慎重に作業しなければなりません。

運用・保守

運用・保守は、構築したインフラをクライアントに引き渡した後の作業です。インフラエンジニアは、インフラが常に稼働し続けるためにさまざまな対応をします。たとえば、サーバーがダウンしたり、ハードウェアが故障したりした場合、すぐに原因を確認して復旧させなければなりません。状況によってはクライアントのもとへ出向いて対応します。

文系でもインフラエンジニアになれる理由・活かせる能力とは?

なぜインフラエンジニアは文系でも目指せるのでしょうか。ここでは、その理由や文系出身者が活かせる能力について解説します。

未経験可の求人が多い

インフラエンジニアの求人をみると、未経験を採用しているところも多いです。IT企業に限らず、さまざまな企業がインフラエンジニアを募集しています。まったく異なる業界や業種からでも、比較的転職しやすい状況です。

理系出身者との知識差が出にくい

情報系の学部を卒業している人はプログラミングを専門的に学んでおり、文系出身者はなかなか敵いません。しかし、インフラやネットワークは、理系出身でも学んでいる人はあまりいません。そのため、文系出身でも知識差は出にくいです。

文章作成能力・読解力が活かせる

インフラエンジニアは、クライアントの希望を考慮して設計書を作ります。読解力や文章作成力はもちろん、論理的でわかりやすい表現が求められます。文系でそのようなスキルを磨いていれば、インフラエンジニアとして活躍しやすいです。

コミュニケーション能力が必要となる

インフラエンジニアの仕事は1人ではできず、チームのメンバーと一緒に進めます。ヒアリングやトラブル対応の際は、クライアントとの連絡も発生します。そのため、文系でコミュニケーション能力が高い人は、スキルを活かせるでしょう。

英語力が役立つ

サーバー、ネットワーク関連機器、ソフトウェアなどは海外製品が多く、マニュアルは英語で書かれています。技術の情報収集のために参考になるWebサイトも英語表記の場合が多いです。そのため、文系で英語力が高い人材は活躍できます。

インフラエンジニアの魅力・メリット

インフラエンジニアの仕事にはさまざまな魅力やメリットがあります。ここでは、具体的に解説します。

専門知識やスキルが身につく・手に職がつく

インフラエンジニアとして活躍するためには、幅広い知識が必要です。たとえば、サーバー、ネットワーク、セキュリティなどに関して業務に取り組みながら学べるため、資格取得も目指せます。手に職をつけたい人にもおすすめです。

社会貢献度が高く安定した需要がある

世界中でITの技術が使われており、インフラのニーズはどんどん高まっています。常に高い需要があり、プログラマーをはじめとする関連職種と比較しても需要が安定している職種です。人の役に立つ仕事に携わりたい人にも向いています。

スケール・影響力が大きい仕事にも参加できる

インフラエンジニアとして就職や転職すると、個人ではなかなか体験できない仕事に携われます。大規模なインフラの構築や運用に関わる機会も多いです。達成感も大きいですが、その分周囲に与える影響も大きいため責任感が求められます。

インフラエンジニアに必要なスキルは?

インフラエンジニアになるにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。以下で具体的に解説します。

インフラ設計スキル

設計を担当する場合、インフラ全体に関する知識が必要になります。システムへのアクセス数に応じてどの程度の処理能力が必要であるか判断できなければなりません。システムに対する負荷を分散したり、セキュリティを強化したりするためのスキルも求められます。

サーバーに関する知識・スキル

サーバーの構築を担当するためには、Windows、Unix、LunixなどのOSに関する知識とスキルが必要です。企業によって扱うOSは異なるものの、なるべくすべてを網羅しておきたいところです。基本的な部分については最低限理解しておきましょう。

ネットワークの知識・スキル

ネットワークに関する知識やスキルは、インフラエンジニアの仕事の各工程で必要になります。インフラエンジニアの仕事内容のなかには、ネットワークの仕組みを考慮すべき作業が多いからです。シスコシステムズの製品がよく使用されるため、必ず知識やスキルを身につけましょう。

セキュリティに関する知識

設計を担当する場合、セキュリティに関する知識も重要です。セキュリティ製品を使用するケースが多いため、主要な製品に関する知識を身につけておきましょう。セキュリティについては、基本的な内容を把握していればほとんど問題なく対応できます。

プログラミングスキル

インフラエンジニアにとって、プログラミングスキルは必須ではありません。しかし、プログラミングスキルがあれば、対応できる仕事の幅が広がります。たとえば、サーバー上で動作するバッチファイルやシェルなどのプログラムも構築できるようになります。

インフラエンジニアに役立つ資格

インフラエンジニアを目指す場合、取得すると役立つ資格はたくさんあります。ここでは、代表的な資格について解説します。

基本情報技術者試験(FE)

基本情報技術者試験(FE)に合格すると、ITに関する基本的な知識やスキルを活用できる能力を証明できます。しっかり学習すれば、サーバーやネットワークなどに関する基礎知識をひととおり身につけられます。基本的な内容を問う試験ですが、難易度は決して低くはないため、きちんと学習しなければ合格できません。

応用情報技術者試験(AP)

応用情報技術者試験(AP)は、高度なITスキルを応用して利用できる能力を証明するための資格試験です。基本情報技術者試験(FE)の上位資格であり、さらなるステップアップを目指したい人向けの内容となっています。設計、開発、運用・保守の実務に関する内容を網羅しており、合格すれば即戦力としてのスキルを証明できます。

ネットワークスペシャリスト試験(NW)

ネットワークスペシャリスト試験(NW)は、ネットワークに関する技術やスキルを問う試験です。試験に合格した場合、ネットワークについて専門的な知識があり、それを応用して作業できると証明できます。設計、開発、運用・保守に関わる知識を問われるため、インフラエンジニアを目指すならぜひ取得しておきたい資格です。

ORACLE MASTER(オラクルマスター)

ORACLE MASTERはデータベースに関する認定試験で、世界的に有名です。分野ごとに資格がわけられており、Database/Enterprise Management、Java/Middleware、Applicationsなど幅広い種類があります。自分にとって馴染みのある分野から挑戦し、知識の幅を広げましょう。

LinuC (Linux技術者認定資格)

LinuC (Linux技術者認定資格)は、Linuxをベースとしているシステムの構築や運用に関する資格です。LinuC-1、LinuC-2、LinuC-3の3つのレベルがあり、最も難易度が高いのはLinuC-3です。Linuxサーバーを専門的に扱うインフラエンジニアを目指すなら、LinuC-3を取得しましょう。

CCIE(シスコ技術者認定資格)

CCIE はシスコシステムズが認定している資格であり、ネットワークに関する資格のなかでも知名度が高いです。CCIEとは「Cisco Certified Internetwork Expert」の頭文字をとったものです。難易度が高いため、しっかり学習しなければ合格できません。CCIEを取得できれば、高く評価されるでしょう。

文系出身者がインフラエンジニアを目指す方法

文系出身者がインフラエンジニアを目指す場合、どのように学習すればいいのでしょうか。以下で具体的な方法を解説します。

書籍やWebサイトで知識を学ぶ

インフラエンジニアとして必要な知識は、書籍やWebサイトなどでチェックできます。まずは初心者向けの内容を選び、少しずつ知識を増やしていきましょう。専門用語の意味をきちんと押さえ、正しい知識を学ぶ必要があります。

実機を使って学習する

インフラエンジニアとしてのスキルを身につけるためには、実際に使用する機器に触れるのも重要です。ただし、実費で機器を購入するのは簡単ではないため、仮想環境などを活用してイメージをつかみましょう。

スクールを受講する

インフラエンジニアに必要な知識やスキルは、スクールで学ぶ方法もあります。適切な流れで学習できるため、効率的です。インフラエンジニアが実際に使用する機器も用意されている場合もあり、実践的なスキルを身につけられます。

まとめ

インフラエンジニアは、文系からでも目指しやすい職種です。さまざまな専門知識やスキルが必要ですが、コツコツ勉強すれば理系出身者と同じかそれ以上の能力を身につけられる可能性があります。資格取得も視野に入れて勉強を始めましょう。

株式会社スリーシェイクの「Relance」では、エンジニア向けの案件を多数扱っています。現役エンジニアのチームが案件を分析してマッチングしているため安心です。サポートも充実しているので、ぜひ活用してください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

■ フロントエンドエンジニアだけでサービスを作れるようなチーム作りに挑戦中 ■ フロントエンドエンジニアリングについて積極的に発信 ■ PdM / GCP / Firebase / Next.js / React ■ 愛犬家 / 2021年は盆栽に挑戦 ■ Twitterやってます https://twitter.com/yuyamiyamae

SNSでシェアする

関連記事