←ブログ一覧へ戻る

2021.6.3

インフラエンジニアの派遣は未経験でも可能|メリット~方法まで

※目次※
インフラエンジニアとは
インフラエンジニアは主に3つに分けられる

インフラエンジニアとは、ITインフラを支えるエンジニアのことで、派遣や正社員などさまざまな働き方があります。この記事は、インフラエンジニアの仕事内容や、派遣インフラエンジニアとして働くメリット・デメリット、キャリアパスなどを解説します。インフラエンジニアへの転職や派遣インフラエンジニアに興味がある人は、参考にしてください。

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、ICT機器やソフトウェアの運用・保守・設計に携わる技術者です。パソコンやサーバー、ネットワーク機器などのハードウェアや、それらを制御するソフトウェアやデータベースは、企業にとって道路や水道のようなインフラに相当します。そのため、これらの運用や保守、設計を行うエンジニアをインフラエンジニアと呼びます。

インフラエンジニアは主に3つに分けられる

インフラエンジニアは、主にネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、データベースエンジニアの3種類に分けられます。

ネットワークエンジニア

インターネットやイントラネットなどのネットワーク設計や、要件定義などを行うエンジニアです。保守、運用を担当することもあります。通信技術や情報セキュリティ、ICT機器の設置などに対する高度な知識が求められる職種です。

サーバーエンジニア

社内や顧客企業のサーバー構築、運営を行うエンジニアです。Webサーバーやメールサーバー、データベースサーバーなど、サーバーの種類はさまざまです。サーバーで稼働するLinux系、Windows系のOSについての知識や、ミドルウェアについての知識を持ち、各種パラメーターを適切に設定できることが求められます。

データベースエンジニア

マーケティング用データやビッグデータなどの膨大なデータを分析して利用するには、データベースが必要です。そのデータベースを構築、運用するのがデータベースエンジニアです。IT技術の進化により、収集できるデータは膨大になっており、それに伴いデータベースエンジニアの需要も高まっています。

インフラエンジニアが働く場所

インフラエンジニアの主な就職先は、IT企業やメーカーのIT部門です。IT企業で働く場合は、クライアントの要望に応じてネットワークやサーバー、データベースを構築・運用するのが主な仕事です。メーカーのIT部門で働く場合は、自社のソリューション開発に携わったり、運用支援の技術スタッフとして業務を行ったりします。

派遣インフラエンジニアとは

インフラエンジニアにはさまざまな働き方があり、派遣もそのひとつです。ここでは、派遣インフラエンジニアとはなにか、正社員との違い、派遣で働くメリットについて解説します。

正社員との違い

派遣インフラエンジニアは、派遣会社と雇用契約を結び、他の企業で働きます。派遣先企業と直接雇用契約を結んでいない点が、正社員との違いです。

派遣インフラエンジニアは、正社員と比較して勤務地や期間などの希望条件に沿って仕事を選びやすいというメリットがあります。また、特定分野の案件を選ぶことでスキルアップにもつながるでしょう。

紹介予定派遣とは

紹介予定派遣とは、正社員や契約社員として直接雇用されることを前提にした就業形態です。一定期間働くと派遣先企業の一員になれることから、正社員を目指す人にメリットが大きい働き方です。

未経験者の場合は派遣として働くのがおすすめ

未経験でもインフラエンジニアを目指すことができます。この場合、基礎知識を身に付けた後、派遣として働き始めるのが現実的です。派遣なら、派遣会社から未経験可の求人をピックアップしてもらえるため、効率的な就職活動ができるでしょう。特にエンジニア特化型の派遣会社では、キャリアアップにつながる案件を、エンジニア目線で選定してもらえます。

派遣インフランジニアとして働くメリット

派遣インフランジニアとして働くメリットとは何でしょうか。スキルアップや職場環境などについて5つのメリットを解説します。

失敗を恐れずに仕事ができる

万一大きなミスをした場合に、派遣会社がフォローしてくれる点がメリットです。最終的な責任は派遣会社が負っているため、未経験者でも怖がらずに仕事をできます。正社員として雇用された場合は、即戦力として結果がシビアに求められるケースが少なくありません。派遣インフラエンジニアは、こうしたプレッシャーを減らしつつスキルアップしたい人に向きます。

スキルアップにつながる

派遣インフラエンジニアに与えられる業務は、範囲が限定的で期間も明確に区切られることが一般的です。人材育成のためにオーバーワークを課せられがちな正社員と異なり、無理のないペースで経験を積めます。特に未経験の場合、派遣からスタートしてスキルアップを目指すのがおすすめです。

多くの職場を経験できる

派遣インフラエンジニアは契約期間ごとにプロジェクトや企業が変わります。多くの職場を経験することは、エンジニアとしても人としても大きな糧になるでしょう。大手企業の案件に参加しやすいことも派遣の特徴です。高い知識や技術を学ぶチャンスが多いことも、派遣インフラエンジニアのメリットです。

希望にマッチした職場を選びやすい

派遣会社に勤務条件や仕事内容を伝えることで、希望の条件に合わせて仕事をピックアップしてもらえます。仕事探しの労力を大幅に減らせるでしょう。対人サポートが充実している派遣会社では、キャリアプランや職業観なども伝えると、表面的な条件以外のミスマッチも少なくなるでしょう。

正社員よりもハードルが低い

派遣エンジニアの求人は多くあります。そのうえ、スキルや経験の有無を問わず、正社員より転職の難易度が低いことが特徴です。正社員での雇用は難しいと考えている人は、派遣インフラエンジニアを選択肢に加えると、チャンスが広がります。

派遣インフラエンジニアとして働くデメリット

派遣インフラエンジニアには、キャリアアップや待遇面でデメリットがあります。

キャリアアップが難しい場合がある

派遣インフラエンジニアの案件では、業務範囲が限られることや、責任ある仕事を任せてもらいにくい面があります。その結果、キャリアアップをしにくい傾向があります。キャリアアップを目指す場合は、資格取得やスキルアップのための勉強をすることがおすすめです。個人の努力でキャリアアップできる例は少なくありません。

正社員と比べると待遇が劣る

派遣はボーナスが出ない、福利厚生の一部が受けられないなど、正社員に比べて待遇が劣るのは確かです。ただ、派遣社員の給与には、直接雇用先である派遣会社からのボーナス分が含まれているケースがあります。また、派遣会社の福利厚生も利用できます。これらを含めて比較する必要はあるでしょう。

勤務期間に制限がある

派遣インフラエンジニアは基本的に3年以上、同じ企業で継続就業することはできません。よい企業と巡り会っても、長く働くことができないのはデメリットといえるでしょう。正社員や契約社員、無期雇用派遣社員として雇用形態を変えてもらえないと、法律上、その企業で働くことはできません。

派遣インフラエンジニアの給与相場とは

派遣インフラエンジニアの給与相場は、時給に換算すると約2,200円~2,400円です。他の職種と比較すると、給与水準が高いことがわかります。また、経験があるほど、給与が優遇される傾向があります。

※参考:2020年版 派遣社員の時給相場はどれくらい?業種ごとの時給と仕事内容を比較|JOBNET

未経験から派遣エンジニアになるには

ここでは、未経験者が派遣エンジニアとして働くまでのステップを、基礎知識の取得、専門知識の取得、派遣会社への登録・就職活動の3つに分けて解説します。

1.基礎知識の習得

派遣インフラエンジニアになるには、まず基礎知識の取得が必要です。情報工学など理系の学部・学科を卒業していれば、多くの人はすでに基礎知識を身に付けていることでしょう。派遣インフラエンジニアとして働き始めるのに有利です。一方、こうした教育を受けていない場合は、自身で基礎知識を習得することが必要です。

2.プログラミングスクールでの専門的な知識の習得

次に必要になるのは専門的な知識の取得です。具体的には、先に紹介した3つのインフラエンジニアのどれになりたいかを絞って勉強します。時間やお金に余裕があれば、専門的な知識を教えてくれるプログラミングスクールなどのスクールに通うこともおすすめです。

3.派遣会社への登録・就職活動

派遣インフラエンジニアとして働くためには、派遣会社への登録が必要です。この際、未経験可の案件を紹介してくれる派遣会社であることを確かめておきましょう。希望の仕事をみつけるためには、複数の会社に登録すると効果的です。

派遣会社での就職活動にも面接はあります。積極的に自己アピールできるように、面接対策をしておきましょう。

派遣として働くインフラエンジニアもキャリアアップが可能

ここでは、派遣インフラエンジニアがキャリアアップする方法を2つ解説します。

専門性を高めて正社員をめざす

キャリアアップの方法の1つは、派遣として働きながら知識や経験を積み、正社員への転職を目指す方法です。技術のスペシャリストとしてのスキルを高めれば、自身の市場価値が高まります。正社員として転職できたり、紹介予定派遣から正社員になれたりするなど、道が開けます。

管理者をめざす

プロジェクトマネージャー、リーダーなど、組織をまとめる立場を目指すことも可能です。つまり、特定の技術を磨くのではなく、技術を持った集団をマネージメントする能力を磨くことでキャリアアップをめざす方法です。

ある程度経験を積んだら、どちらの方向に進むか検討しておきましょう。

インフラエンジニアに必要な能力とは

インフラエンジニアに求められる主な能力は、コミュニケーション力、英語力、専門的な知識の3つです。それぞれについて解説します。

コミュニケーション力

インフラエンジニアはチームの一員として仕事をすることが一般的です。したがって、円滑なやり取りを行うためのコミュニケーション力と協調性が必要です。クライアントとのミーティングやヒアリング、社内の意見調整などの業務もあるため、技術だけではインフラエンジニアは務まりません。

英語力

英語マニュアルを読んだり、英語のエラーメッセージに対応したりすることが多いため、ある程度の英語力は必須です。英語ができれば外資系とのクライアントとのやり取りも可能になるため、転職によるキャリアアップや正社員雇用などの可能性が広がります。

専門的な知識

ネットワーク、サーバー、データベースに関する資格を取得することで、知識が深められるともに、スキルの証明もできます。転職が有利になることや就業先での待遇向上も期待できるでしょう。

たとえば、ネットワークエンジニアならネットワークスペシャリスト試験やCCNAがあります。サーバーエンジニアならLinuC、データベースエンジニアならデータベーススペシャリスト試験などがあります。

まとめ

企業活動になくてはならないITインフラを支えるインフラエンジニアの重要性は増しており、未経験からでも目指すことが可能です。未経験者なら派遣インフラエンジニアとして働き始めることがおすすめです。

Relanceは、現役エンジニアのチームが エンジニア目線で案件を分析してマッチングする人材紹介サービスです。業界知識や現場経験を持つエンジニアによる手厚いサポートによって、ベストな案件がみつかります。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

■ フロントエンドエンジニアだけでサービスを作れるようなチーム作りに挑戦中 ■ フロントエンドエンジニアリングについて積極的に発信 ■ PdM / GCP / Firebase / Next.js / React ■ 愛犬家 / 2021年は盆栽に挑戦 ■ Twitterやってます https://twitter.com/yuyamiyamae

SNSでシェアする

関連記事