←ブログ一覧へ戻る

2021.6.3

インフラエンジニアの需要|転職に有効な経験など詳しく解説

※目次※
インフラエンジニアの需要状況
将来性が高い理由

インフラエンジニアへの転職を検討しており、将来性やキャリアプランなどが気になる人もいるでしょう。この記事では、インフラエンジニアの需要から転職に役立つ経験やスキルまで解説します。スキルの証明となる資格も紹介するので、転職活動に役立ててください。

インフラエンジニアの需要状況

企業や官公庁が盛んにネットワークを使って活動するなか、IT関連の人材を求める団体が増えています。なかでも市場価値が高いのが、ネットワーク環境を整備するインフラエンジニアです。少子化による労働人口の減少やネットワークの普及により、以降もインフラエンジニアの需要は続くと考えられます。

クラウド化の推進によるインフラエンジニアの需要や将来性への影響

インフラエンジニアは、施設に設置されたサーバーのような、物理的なシステムの構築や運営を行ってきました。クラウド化が推進されたことで、インフラエンジニアの働き方にも変化が現れました。これからの社会では、クラウド化に対応できるインフラエンジニアを目指さない限り、自身の市場価値が低下する可能性があります。

一方で、IT関連への需要は引き続き高い傾向にあります。周囲から求められるインフラエンジニアとして活躍するには、クラウド化に対応し、自身の価値を高めましょう。

将来性が高い理由

インフラエンジニアの将来性が高い理由として、IT市場の拡大と、インフラエンジニアが景気に左右されにくい仕事であることが挙げられます。さらに、インフラエンジニアは「手に職がつく」仕事です。自身のスキルをもとに仕事の選択肢を増やせることも、将来性が高い理由です。

インフラエンジニアの将来性|システムエンジニアと異なる点

IT関連では、システムエンジニアとして働く人もいます。ただし、システムの開発にかかわるシステムエンジニアと比べると、インフラエンジニアの方が景気に強い仕事といえます。不況下でシステム開発費が削減されがちなのに対し、生活必需品である「インフラ」は維持する必要があるためです。

将来性を高めるために求められるスキル

インフラエンジニアとしての将来性を高めるには、プログラミングスキルが必要です。基本的なプログラミング言語が読めなければ、不具合時にログの確認に手間取ります。さらに、インフラを自動的に構築・管理するIaC(Infrastructure as Code)についても理解が必要です。

インフラエンジニアのキャリアパスは3種類

インフラエンジニアのキャリアパスは3種類です。ここでは、それぞれの役割やポジションを獲得するための手段を紹介します。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトのリーダーとなり、さまざまな専門分野のメンバーをまとめる仕事です。プロジェクトマネージャーになるには、あらゆる分野の技術に加え、マネジメント能力も求められます。また、メンバーと円滑に仕事をするには、コミュニケーションスキルも必要です。

スペシャリスト

インフラエンジニアのなかでも、限られた専門分野に秀でた人材をスペシャリストと呼びます。IT関連の技術は日々進歩しているため、最新の知識やスキルをもつスペシャリストは重宝されます。難易度が高い分野、興味をもてる分野にアンテナを張り、専門分野の技術習得と情報収集に励みましょう。

ITコンサルタント 

インフラエンジニアの知識やスキルを武器に活動するコンサルタントを、ITコンサルタントと呼びます。ITコンサルタントの仕事は、経営課題の解決や、クライアントとのやり取り、仕事の取りまとめなどです。なお、ITコンサルタントとして活躍するには、IT関連だけではなく、クライアントが所属する業界の知識も求められます。

インフラエンジニアの年収は高水準

インフラエンジニアの平均年収は500万円前後であり、一般的な社会人の平均年収を上回ることが厚生労働省によって報告されています。スキルを伸ばす、実績を積むなどすると、さらに高収入が見込めます。またキャリアパスも年収に影響し、特にプロジェクトマネージャーやITコンサルタントなどは、高収入を得やすい傾向です。

※参考:令和2年賃金構造基本統計調査の変更に伴う遡及集計について|厚生労働省

インフラエンジニアが年収アップを目指す2つの方法

インフラエンジニアが年収を高めるために検討すべき、資格取得や働き方の見直しについて解説します。

資格を取得する

インフラエンジニアとして働く際に、資格は必須ではありません。それでも、スキルを証明するには資格は有効です。業務上、英語でのコミュニケーションが多いので、TOEICのハイスコアなども考慮されます。おすすめの資格については、のちほど詳しく紹介します。

転職・フリーランスへの転身

実務経験があれば、転職やフリーランスへの転身も視野にいれましょう。転職先の待遇しだいでは大幅な年収アップも叶います。また、フリーランスになれば組織のしがらみがありません。ただし、仕事を獲得し自力で解決に導く能力なしでは、フリーランスとして成功するのは困難です。

インフラエンジニアとしての需要を高めるうえで必要なスキルや経験

インフラエンジニアとして需要を高めるために、培うべきスキルや経験を紹介します。

プログラミングスキル

基本的なプログラミングスキルとして、汎用性の高い言語は習得が必須です。PythonやRubyなど作業を効率化するための軽量プログラミング言語(LL言語)を中心に学びましょう。

クラウドサービスの利活用経験

クラウドサービスを取り入れる企業が増えるに伴い、クラウドサービスの利活用経験が重視されています。各クラウドサービスの特徴を知り、メリット・デメリットを挙げられるレベルになると、インフラエンジニアの業務に役立ちます。

仮想化技術

仮想化技術には、アプリケーションごとにOSを用意するホスト型と、1つのOSで複数のアプリケーションを稼働させられるコンテナ型などがあります。仮想化技術はサーバーなどのIT資源を有効活用できるため、インフラエンジニアに欠かせないスキルです。

IaCへの対応スキル

IaCは、インフラエンジニアが行う作業を再現し、効率よくすすめるためのプログラミング言語です。再現化を行うとミスをなくしトラブルを抑制できるとともに、作業時間の短縮も可能です。特に、規模の大きなシステムの管理を省力化するには、IaCへの対応スキルが役立ちます。

ローカル5G関連スキル

2020年から、大手キャリアにより5Gという新しい通信サービスが開始されました。ローカル5Gとは、エリアを限定して高速かつ大容量通信を行う技術です。ビジネスの効率化を目的にローカル5Gを求める企業は増加しており、インフラエンジニアの活躍が期待されます。

インフラエンジニアの転職におすすめの資格

インフラエンジニアとして転職を成功させるために、おすすめの資格を紹介します。

Linux技術者認定

Linux技術者認定とは、OSの一種であるLinuxについて、一定のレベルの技術をもつことを証明する資格です。業務をこなすだけでは、部分的な技術しか学べない場合もあります。一方、資格取得に向けて勉強すると、Linuxに関わる技術を体系的に習得でき、物理環境や仮想環境を問わず、インフラ構築能力をアピールできるようになります。

シスコ技術者認定

インフラ構築能力を示すには、シスコ技術者認定も有効です。シスコ技術者認定は、シスコシステムズ社(Cisco Systems, Inc.)が認定する資格で、難易度ごとに複数のランクにわけられます。すでにインフラエンジニアとして働く人でも、受験により自身のレベルを把握できます。

Microsoft Azure認定

Microsoft Azure認定とは、クラウドサービスであるMicrosoft Azureに関わる資格です。資格を取得すると一般的なインフラ構築能力に加え、クラウドサービスの基本概念・クラウドの概念・ Azure のサービスや ワークロード・セキュリティ体制などに関する技術力と知識を証明できます。

AWS認定

AWS認定は、Amazonが運営するクラウドサービスAWSに関わる資格です。資格を取得する過程で、AWS上のデータベースやストレージといった様々な構成について学べます。また、取得後にはデジタルバッジが提供され、資格の証明に利用できます。

未経験でインフラエンジニアを目指すには

インフラエンジニアを始め、IT業界は人材不足です。需要が高いため、未経験でも採用される可能性があります。インフラエンジニアは専門性が高い職種ですが、資格は必須ではありません。しかし、実績をアピールするためには資格があると強みになります。Linux技術者認定やシスコ技術者認定など、評価されやすい資格を取得し、インフラエンジニアを目指しましょう。

まとめ

インフラエンジニアの需要は今後も高いと考えられ、将来性が高い仕事といえます。周囲から求められるインフラエンジニアになるには、経験やスキルを蓄えましょう。必ずしも資格取得は必須ではありませんが、スキルをアピールするには資格があると有利です。

Relanceは、現役エンジニアのチームがエンジニア目線で案件を分析し、マッチングを行います。加えて、手厚いサポートも受けられます。ミスマッチのない転職のためにも、ぜひご登録ください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

■ フロントエンドエンジニアだけでサービスを作れるようなチーム作りに挑戦中 ■ フロントエンドエンジニアリングについて積極的に発信 ■ PdM / GCP / Firebase / Next.js / React ■ 愛犬家 / 2021年は盆栽に挑戦 ■ Twitterやってます https://twitter.com/yuyamiyamae

SNSでシェアする

関連記事