2021.10.28

セキュリティエンジニアに有利な資格5選|仕事内容や転職方法とは

セキュリティエンジニアに有利な資格5選|仕事内容や転職方法とは ー フリーランスエンジニアのためのお役立ち情報

近年需要が高まっているIT系エンジニアのなかでも、セキュリティエンジニアは注目度が高い職業です。セキュリティエンジニアになりたいという人もいるでしょうが、比較的専門性が高い職業で、誰でもなれるわけではありません。この記事では、セキュリティエンジニアがどのような職業か解説し、取得したほうがよい関連資格なども紹介します。

セキュリティエンジニアが行う職務

セキュリティエンジニアは、セキュリティに関するさまざまな職務を行います。そのなかでも代表的なものである、システムやネットワークの設計、提案について、どのような職務なのか詳しく解説します。

セキュリティに考慮したシステムやネットワークの設計

セキュリティエンジニアは社内のインフラ整備がおもな仕事です。システムやネットワーク設計時に、ウイルス感染や不正アクセスを防ぐように設計や構築を行います。この部分に問題が起こると社内に多大な損害が起こるため、専門的で高度な知識が必要です。ウイルスや不正アクセスは日々進歩しているため、常に新しい情報を頭に入れておかなければなりません。

セキュリティに関する提案

セキュリティエンジニアは、安全にネットワークを使用するための運用も行います。そのため、セキュリティ対策に関する提案なども仕事のなかの一つです。現在のネットワーク環境をチェックし、どの部分に脆弱性があるのか探り当て改善点を提案することも行います。そのため、円滑に提案が行えるようなコミュニケーションスキルも必要でしょう。

セキュリティエンジニアに関する資格5選

セキュリティエンジニアになるために資格は必要ありません。しかし、客観的に自分のスキルや知識を証明するためには資格は有効でしょう。転職やフリーランスとして仕事を探しているときに、企業へのアピールポイントにもなります。セキュリティエンジニアとして有利になる資格を5つ紹介します。

情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士は国家資格として有名な資格です。セキュリティエンジニアに最適とされる資格であるため、まずはこの資格に挑戦することをおすすめします。 ただ、この資格はセキュリティエンジニアとしての業務の役割を円滑に遂行するための専門的な知識や技術が必要です。経験者であってもある程度の学習時間は必要でしょう。指導や助言ができるレベルの技術水準が求められています。

情報セキュリティマネジメント試験

情報セキュリティマネジメント試験も、ITの系の代表的な国家資格です。合格するためには、情報セキュリティを確保し、不正アクセスやウイルスから守るための基本的なスキルが求められます。セキュリティエンジニアだけでなく、業務で個人情報を取扱う人にもおすすめしたい試験です。

CompTIA Security+認定資格

CompTIAにはさまざまな資格がありますが、セキュリティエンジニアであればSecurity+認定資格がおすすめです。世界的に認識されている資格で、セキュリティに考慮したネットワークの設計や構築、脆弱性の分析に関する知識やスキルを網羅的に求められています。難易度としては、セキュリティエンジニアとして2年程度の経験と等しいでしょう。

シスコ技術者認定

世界的に認知度の高い資格です。シスコ技術者認定には、スキルに応じてエントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパートの4つのレベルに分けられていますが、実務に役立てるためにはプロフェッショナル以上は取得したほうがよいでしょう。 セキュリティエンジニアとしての知識だけではなく、IT系の幅広い知識が必要なため、エンジニアとしてのステップアップにもおすすめです。

公認情報セキュリティ監査人(CAIS-Auditor)

公認情報セキュリティ監査人は、情報セキュリティに関する専門知識の保有が必須である資格です。難易度は比較的高めで、認定要件としてIT分野で4年以上、なかでもセキュリティ分野で2年以上の業務経験は必須となります。試験だけではなくトレーニングコースの参加も必要であるため、資格取得までのハードルは高めでしょう。

セキュリティエンジニアが資格を取得したほうがよい理由

セキュリティエンジニアは実績が重視される職業ではありますが、資格があったほうが有利です。ここではその理由について解説します。

スキルアップになる

資格取得のためにはある程度の学習は必要です。そのため、今までの業務経験では得られなかった知識や技術を身につけることになり、エンジニアとしてのスキルアップにつながるでしょう。

転職に有利

資格は技術や知識を客観的に提示するものです。自分ができる技術や能力を羅列するよりも、取得資格を提示したほうが、技術力のアピールとして説得力をもつでしょう。転職や新たな勤務先を探すときに有利になります。

セキュリティエンジニアが取得する資格の選び方

セキュリティエンジニアに関する資格は多数あります。そのなかでどのような資格を選ぶべきか、選び方を解説します。

自分の業務にあった資格を選ぶ

資格を取得するときには、まず自分が普段行っている業務とちかい内容の資格を選ぶと取りやすいでしょう。そのほうが新たに学習する部分が少なく、資格取得しやすくなります。徐々に範囲を広げていく方法もおすすめです。

スキルアップになる資格を選ぶ

セキュリティエンジニアとして働きながらの学習は大変でしょうが、スキルアップを目指したい場合は、難関資格に挑戦してみましょう。情報処理安全確保支援士や公認情報セキュリティ監査人など、実績が必要な資格を取るとスキルアップにつながります。

セキュリティエンジニアに必要な知識

セキュリティエンジニアとして働くために必要な知識について解説します。

サイバー攻撃の種類と対処法

セキュリティエンジニアとしてのおもな仕事として、サイバー攻撃からの防御があります。サイバー攻撃にはさまざまな種類があり、それぞれ対処法は異なります。どのような種類のサイバー攻撃があり、どう対処すべきか、といった知識は必須でしょう。サイバー攻撃の手口は日々進歩いるため、常に知識をアップデートしていく必要があります。

暗号や認証、電子署名など

ネットワークを守るためには、暗号や認証、電子署名の知識も必要です。ネットワーク上に安全に情報を送受信するためには、暗号化と認証の技術が使われます。サイバー攻撃が日々進歩しているのと同様、暗号化や認証の技術も頻繁に新しくなっています。そのため、常に新しい知識や技術を身につけなければならないでしょう。

ネットワークやシステムなどのインフラ関係

セキュリティエンジニアは安全にネットワークを運用できるように、設定や構築をすることも業務のなかの一つです。そのため、ネットワークやシステムなどのインフラ関係の知識も必要でしょう。ネットワークエンジニアほどの実践的な知識や技術までは求められませんが、基本的な知識は必要です。

OSや端末に関する知識

セキュリティ対策は対象のOSや端末によっても異なります。そのため、それぞれのOSや端末に関する知識も必要です。扱えるOSや端末の種類が多いほうが、さまざまな案件に対応できるため、偏りがないように技術を身につけましょう。最低限MacOS、Windowsの知識は必要です。

セキュリティに関する法律

情報セキュリティに関しては、よかれと思った対策が法令違反になる可能性があります。そのため、セキュリティやネットワークに関する法律は常に意識しておきましょう。情報関連は進歩が目覚ましく、法令改正も頻繁に行われています。そのため、セキュリティエンジニアとして、情報に関わる最低限の法令は定期的にチェックしておきましょう。

IT知識全般

セキュリティエンジニアとして安全を守るためには、ネットワーク、ハードウェア、ソフトウェアなどの幅広い知識が必要です。そのため、セキュリティ関連の知識だけではなく、IT知識全般の基礎知識が求められます。業務を行ううえで身に付くものではありますが、資格等を利用して補うこともおすすめです。

セキュリティエンジニアの年収の目安

セキュリティエンジニアに限定した、平均年収に関する公的な統計は発表されていません。しかし、目安として550~600万円ほどだとはいわています。セキュリティエンジニアは専門知識が必要であるため、エンジニアのなかでも比較的高めでしょう。独立してフリーランスとなれば、平均年収以上稼ぐ人もいます。

セキュリティエンジニアの今後の需要

IT技術の発展により、IT系エンジニアの需要は高まっています。なかでもセキュリティ関連は企業のインフラを支える重要な部分であり、セキュリティエンジニアの人気は高まってます。企業に対して高いセキュリティポリシーを求められている時流でもありますし、今後も需要が高まると予測されるでしょう。

まとめ

セキュリティエンジニアは資格を取ると、転職や独立に有利といわれています。この記事では5種類の資格を紹介したので、転職希望者は特に参考にしてください。難関資格を取得すれば、自身のスキルアップにも繋がります。 エンジニアとして転職を考えている人には、Relance[リランス]がおすすめです。Relance[リランス]は現役のエンジニアが案件を分析し、マッチングします。そのため、企業と求職者の希望にあった案件を紹介可能です。手厚いサポートもあるので、安心してご利用ください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

吉田 拓真

吉田 拓真

株式会社スリーシェイク 代表取締役社長
モダンエンジニアリングとものづくりをこよなく愛してる人。オフィス中に響き渡る大きな笑い声の主。

2011年DeNA入社後、インフラエンジニアとして決済代行ペイジェント社の基盤担当。AWSの東京リージョン進出時からのユーザーで、クラウドプラットフォームが社会に与えるインパクトを痛感。2013年に創業期のポッピンゲームズジャパン株式会社に入社し、インフラレイヤーを統括しつつ、ゲームプロデューサー、事業戦略室室長など、ベンチャー創業期の技術・事業・経営を全般的にリード。日本発のインフラプラットフォームを作るべく2015年1月に株式会社スリーシェイクを設立。
https://twitter.com/taqqma_ikachan

SNSでシェアする

関連記事