2021.10.20

エンジニアの副業の種類や探し方|副業のメリットや注意点を解説

エンジニアの副業の種類や探し方|副業のメリットや注意点を解説 ー フリーランスエンジニアのためのお役立ち情報

エンジニアの副業の種類や探し方|副業のメリットや注意点を解説

社員の副業を認める企業が増えており、実際に副業を始める人が増えています。エンジニアのスキルを活かせば、副業でも収入を確保しやすいです。 この記事では、エンジニアとして副業に取り組みたいと考えている人に向けて、エンジニアが副業を始めるメリットや具体的な副業の始め方を解説します。ぜひ参考にしてください。

エンジニアが副業を始めるメリット

エンジニアが副業を始めれば、さまざまなメリットがあります。ここでは、どのようなメリットがあるのか解説します。

収入を増やせる

エンジニアを対象としている案件は豊富です。副業で取り組める案件のなかにも、高単価なものが多くあります。そのため、エンジニアとしてのスキルを活かして副業に取り組むと、効率的に収入を増やせます。

家で過ごす空き時間を有効活用できる

エンジニア向けの副業の案件は、現場に行かなくても取り組める場合が多いです。リモートでの対応が可能となっているケースが多く、自宅やカフェなど好きな場所で作業できます。自分のペースで副業に取り組めるため、空き時間の有効活用が可能です。

エンジニアとしてスキルアップできる

エンジニアの業務は幅が広いため、本業でエンジニアとして働いていてもなかなか経験できない業務は多いです。普段担当できない業務も、副業なら気軽にチャレンジできます。責任をもって自力で対応すれば、エンジニアとしてのスキルアップにつながります。

人脈を広げられる

副業は人脈を広げるきっかけにもなります。副業を始めると、本業では出会えない相手と知り合う機会が増えるからです。本業以外のつながりができれば、今後仕事を進めていくうえで役立つ可能性があるでしょう。

独立の準備になる

エンジニアとしてある程度のスキルや経験を積めば、フリーランスとして独立できます。将来的に独立を考えているなら、会社員のうちに副業として仕事を受けておくと事業を軌道に乗せやすいでしょう。

エンジニアの副業の種類(初心者向け)

エンジニアが取り組める副業としては、たくさんの種類があります。ここでは、初心者に向けてエンジニアの副業の種類について解説します。

記事の執筆

Webサイトに掲載される記事を執筆する副業があります。エンジニア向けの情報をまとめたWebサイトはたくさんあり、エンジニアとしての知識を活かせばさまざまな記事を執筆できます。記事を書いた分だけ報酬を得ることが可能です。

Webメディアやブログの運営

自分でWebサイトやブログを立ち上げて記事を書き、情報発信するのもひとつの方法です。たとえば、プログラミングスクールの感想や勉強方法などの情報には需要があります。Webサイトやブログにアフィリエイト広告などを掲載すれば、報酬を得られる可能性があります。

YouTube

情報発信をするなら、YouTubeへ動画を投稿する方法もあります。自分でWebサイトやブログを立ち上げる場合と同様、プログラミングスクールの感想や勉強方法などの情報を動画にまとめましょう。一定の基準を満たせば広告をつけられるようになり、報酬が発生します。

エンジニアの副業の種類(中~上級者向け)

エンジニアとして一定以上のスキルや経験があれば、さらに幅広い副業に挑戦可能です。ここでは、中~上級者に向けてエンジニアの副業の種類を解説します。

プログラミング講師

プログラミング講師は、自分自身のプログラミングの知識やスキルを活かし、プログラミングを身につけたいと思っている人に指導する仕事です。人材不足となっている言語を扱える場合、特に高時給を期待できます。

コーディング・システム開発

エンジニアとしての知識やスキルを活かせば、コーディングやシステム開発の副業にも対応できます。コーディングやシステム開発の副業はリモートで対応できる場合が多いため、自分の生活スタイルにあわせて取り組めます。

データサイエンティスト

データサイエンティストとは、意思決定に役立てるためにデータを分析する仕事です。エンジニアの高いスキルや経験がある場合は、データサイエンティストの副業にも取り組めます。専門性が高い仕事であり、IT業界で高いニーズがあります。

エンジニアが副業を始めるために必要な準備

エンジニアが副業を始める際はさまざまな準備が必要です。必要な準備について具体的に解説します。

プロフィールは詳細に記載する

自分のスキルや経験をプロフィールにまとめておきましょう。詳しく記載すればミスマッチの防止につながるだけでなく、仕事も依頼されやすくなります。また、これまでの実績をまとめたポートフォリオも用意してアピールすることが大切です。

希望報酬額をイメージしておく

エンジニア向けの副業の報酬は、案件によってそれぞれ異なります。似たような業務内容でも報酬が低い場合もあれば、報酬が高い場合もあります。あらかじめ相場を確認しておき、納得できる単価で仕事を受けられるようにしましょう。

確定申告に備える

会社員の場合、副業による所得が年間20万円を超えれば確定申告が必要です。確定申告と納税をきちんと行わないと、脱税になります。副業を始めるなら、確定申告や税金についての知識も学んでおきましょう。

エンジニアの副業をするために時間を確保するには?

副業に取り組むためには、時間を確保する必要があります。たとえば、朝早く起きて出社する前の時間を使ったり、休日を活用したりしましょう。 また、1日のスケジュールを細かく決め、隙間時間を有効活用して副業に取り組むのもひとつの方法です。予定に最初から副業を入れて時間を確保してもいいでしょう。

エンジニアの副業の探し方

エンジニアが副業を探す方法は複数あります。ここでは、具体的な副業の探し方を解説します。

人脈を使って仕事をもらう

エンジニアは人脈を通じて仕事をもらうケースも多いです。仕事やプライベートのつながりを活かすと、さまざまな案件の紹介を受けられる可能性があります。一度できた人脈を大切にすれば、継続的に仕事をもらいやすくなります。

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングとは、仕事を探している人と仕事を依頼したい人をマッチングするサービスです。さまざまな仕事の募集が集まっており、インターネット上で契約から報酬の受け取りまでを完結させられます。

エージェントから紹介してもらう

エンジニア向けの案件を扱っているエージェントは、副業向けの案件も扱っています。自分のスキルや経験にあわせて仕事を紹介してもらえるため、スムーズに稼げる案件を獲得しやすいです。

エンジニア向けの副業を探せるサービス

エンジニアが副業を探せるサービスはたくさんあります。ここでは、具体的なサービスを紹介します。

Relance

Relanceは、エンジニア向けにさまざまな案件を紹介しているエージェントです。紹介している案件は、すべて現役のエンジニアがチェックしています。エンジニアの目線から最適な案件をマッチングしてもらえるため、おすすめです。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズも、エンジニア向けのエージェントです。主にフリーランスのエンジニアを対象として案件を紹介しています。週3日以下の勤務で対応できる案件やリモートワークが可能な案件も豊富です。

Midworks

Midworksは、サポートが充実しているエンジニア向けのエージェントです。給与保証制度(審査あり)が用意されており、案件が終了しても次の契約が決まるまで一定額を受け取れる仕組みになっています。登録すると業界に詳しい担当者によるカウンセリングを受けられます。

クラウドワークス

クラウドワークスは、さまざまな分野の案件を扱っているクラウドソーシングサイトです。エンジニアが副業として取り組める案件がたくさん掲載されています。 また、姉妹サイトとしてクラウドテックというサービスもあります。クラウドテックは、エンジニア向けのエージェントです。

ランサーズ

ランサーズは、大手のクラウドソーシングサイトです。クラウドワークス同様、幅広い分野の案件が掲載されています。掲載されている案件に応募するだけでなく、自分のスキルを出品できる機能もあります。

エンジニアが副業で効率的に収入を稼ぐコツ

エンジニアが副業で稼ぐには、どのようなことを意識すればいいのでしょうか。ここでは、効率的に稼ぐためのコツを解説します。

副業向けのサービスを積極的に活用する

すでに触れたとおり、エンジニア向けの副業を探せるサービスはクラウドソーシングやエージェントなどたくさんあります。利用可能なものは積極的に活用しましょう。仕事を探せる場所が多ければ、案件を獲得できるチャンスも増やせます。

自分のペースで取り組める案件を選ぶ

エンジニア向けの案件は、固定報酬制となっている場合も多いです。仕事の成果に応じて報酬が支払われるため、働く時間に対する制約はありません。時間管理がしやすい案件なら、自分のペースで無理なく取り組めます。

高単価な案件の獲得を目指す

副業として取り組める.案件は、単価が安い場合も少なくありません。効率的に稼ぐためには、なるべく単価が高い案件を選びましょう。フリーランスエージェントなら高単価な案件も多数扱っています。

エンジニアとして副業に取り組む際の注意点

副業を始める際は、本業の勤め先で副業が許可されているかどうか確認しましょう。副業が禁止されている場合、勝手に副業を始めるとトラブルにつながる恐れがあります。 また、副業が可能な場合でも、本業に支障が出ないように気をつけましょう。副業に力を入れすぎて本業がおろそかにならないよう、スケジュール管理や体調管理などを徹底する必要があります。

まとめ

エンジニアとして副業を始めれば収入を増やせるだけでなく、スキルアップや人脈づくりにもつなげられます。エンジニア向けの副業は多数あるため、自分に適した案件を探して受注しましょう。

Relance[リランス]は、エンジニア向けの案件を多数紹介しているエージェントです。現役のエンジニアが案件を分析してマッチングおり、手厚いサポートもついています。エンジニアとして案件を獲得するために、ぜひ登録してください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

ken

ken

複数の会社で、新規事業立ち上げ/マーケティング/経営とかをしているパラレルキャリア。
4言語のマルチリンガル外国人。電力、マーケティング、人、組織に詳しいです。

SNS
https://twitter.com/kennoid

SNSでシェアする

関連記事