2021.6.13

インフラエンジニアのやりがいは?仕事内容やキャリアパスなど詳しく解説

インフラエンジニアへの転職を検討しているものの、やりがいや詳しい仕事内容を把握できていないという人もいるかもしれません。この記事では、インフラエンジニアのやりがいや仕事内容、キャリアパスなどについて解説しています。インフラエンジニアへの転職活動の際に参考にしてください。

そもそもインフラエンジニアとはどんな職業?

インフラエンジニアとは、ネットワークやサーバーなどのITにおけるインフラの設計や構築、運用保守に携わる職業のことです。ここでは、インフラの意味やインフラエンジニアの種類、仕事内容について解説します。

ITにおけるインフラとは?

ITインフラは、インターネット上で提供されるサービスの基盤や土台を意味する用語です。ハードウェアの代表格は、ネットワークやサーバー、ストレージなどで、ソフトウェアにはパソコンを動かすOSや、OSとアプリをつなぐミドルウェアなどが挙げられます。

インフラエンジニアは「サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」に分類される

サーバーエンジニアは、サーバーに特化した業務に携わるエンジニアのことです。一方、ネットワークエンジニアは、ネットワークに関する業務を専門にするエンジニアを指します。両者は、何を専門としているのかで分類されます。

「ネットワークエンジニア」の仕事内容

ネットワークエンジニアの主な業務は、ネットワークに関する設計や構築、保守・運営です。クライアントから要望をヒアリングし、具体的にどのようなネットワークを構築したいのかを明確にしたうえで、効率よくネットワークにつなげるための設計をおこない、構築段階に進めます。 運用時は、ネットワークの監視も実施し、トラブルが発生した場合は迅速な対応が求められます。

「サーバーエンジニア」の仕事内容

サーバーエンジニアの主な業務は、サーバーの設計や構築、管理です。クライアントの要望をヒアリングし、サーバーエンジニアが適したサーバーを選び、OSやソフトウェアなどのインストールもおこないます。ネットワークエンジニアとの大きな違いは、クライアントの要望をもとに、サーバーエンジニアがサーバーを選定して設計を始める点です。

インフラエンジニアの仕事は3段階で構成される

ここでは、インフラエンジニアの代表的な仕事について詳しく解説していきます。

【1】設計

まずサーバーやネットワークを設計するうえで、クライアントの要望を把握しておくことが重要です。クライアントから丁寧にヒアリングし、どのような要望があるのか、いくら位の予算を見込んでいるのかなどを確認します。そのうえで、ユーザー数や通信量を考慮してサーバーやネットワークを設計する段階に進めていきます。

【2】構築

設計後は、作成した設計図をもとにサーバーやネットワークの構築をおこなっていきます。ただし、サーバーの構築方法は、クラウドか実物かで異なります。実物サーバーを構築する場合は、サーバー専用室で大規模なサーバーの組み立てや配線などの作業が必要です。そのため、高度な専門知識が欠かせません。

【3】運用・保守

インフラエンジニアの仕事は、設計や構築だけでは終わりません。サーバーやネットワークの監視をおこない、正常に稼働しているのかを確認する必要があります。また、急激なアクセスの増加によるサーバーダウンや、通信の遮断などによるネットワークトラブルが発生した場合は、業務時間外でも対応しなければなりません。

インフラエンジニアの4つのやりがい

インフラエンジニアの仕事には、どのようなやりがいがあるのか、以下で解説します。

影響力の大きい仕事に携われる

顧客や自社の規模にもよりますが、スケールや影響力の大きい仕事を任せられる可能性があります。たとえば、成人の身長位ある巨大なサーバーを100台以上構築する、数千人~数万人が利用するネットワークを構築するなど、実務を通して貴重な経験を得られます。

スキルを習得できる

業務を通して、インフラの設計や構築、保守・運営に関するスキルの取得も可能です。それぞれの専門分野だけでなく、OSやセキュリティのほか、仮想化技術などの最先端のスキルを習得したり活用したりする機会も得られます。

責任感や達成感を得られる

インフラエンジニアは、医療関連や空港の航空管制で利用されるサーバーのほか、SNSなどの社会貢献度が高い仕事に携わる機会もあります。このように、人命にかかわる責任の重い仕事をこなすことで、自身の仕事に対する責任感や達成感を得られる場合もあります。

半永久的に仕事の需要がある

ITインフラは、どの業界にかかわらず必要不可欠なものです。そのため、インフラエンジニアの仕事は需要が高く、半永久的になくならない可能性があります。さらに、長期的なキャリアプランの形成もしやすくなります。

インフラエンジニア職に就くメリット

インフラエンジニアの仕事は半永久的にあるだけでなく、需要も安定しています。そのうえ、長期的なキャリアプランを立てやすく、将来性が高いことからもメリットといえます。

インフラエンジニアの平均年収

一般的な平均年収は、500万円前後です。IT業界を含めた一般的な会社員の平均年収に比べても、高い傾向にあることがわかります。また、資格の取得や経験の長さによって、年収アップも期待できます。

インフラエンジニアに向いている人とは?

ここでは、インフラエンジニアの仕事は、どのようなタイプの人に向いているのかについて解説します。

縁の下の力持ちタイプの人

インフラエンジニアの仕事は、ITインフラを下支えする業務です。営業や広報などの表立った活躍はありませんが、課題の解決や困っている人をサポートしたいという縁の下の力持ちタイプの人に向いている職業です。

事前準備が好きな人

正常に動くITインフラを構築するためには、入念な準備が欠かせません。サーバーやネットワークなどに問題やトラブルが発生した場合などのさまざまなケースを想定しておく必要があります。そのため、インフラエンジニアは事前準備を好む人に向いています。

機械に触れる作業が好きな人

インフラエンジニアは、ハードウェアやサーバー機器、ネットワーク機器などの機械を扱う仕事です。機械の分解や構築、コンピューターの設定作業などを好む人に向いています。

論理的思考能力が高い人

インフラエンジニアは、サーバーやネットワークの設計・構築・保守と運営のどの段階においても、ロジカルな思考力が求められます。そのため、論理的思考能力が高い人に向いている仕事です。

探求心が強い人

インフラエンジニアは、クラウドサーバーや仮想化技術などに触れる機会が多く、最新技術を学んだり活用したりします。そのため、探求心が強い人や新しいスキルや技術を積極的に習得したい人に向いています。

インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアの業務は、ITインフラやプログラミング関連の知識が不可欠です。たとえば、サーバーの構築業務では、「シェルスクリプト」や軽量プログラミング言語の習得が欠かせません。また、プロジェクトチームで仕事を進める、クライアントへヒアリングをおこなうなど、円滑なコミュニケーションを図るためのコミュニケーション能力も必要です。

「ネットワークエンジニア」に必要なスキル

ネットワークエンジニアに求められるスキルは、ネットワーク機器やツールを提供するうえで必要になる「Cisco」などの製品に関する知識です。また、LANやWAN、ルータへの理解も欠かせません。

「サーバーエンジニア」に必要なスキル

サーバーエンジニアは、WindowsやLinuxなどのOSの知識が必要です。また、クラウド上にサーバーを構築するケースもあるため、クラウドに関する知識や技術などのスキルを習得しておくと、受けられる仕事の幅を広げられます。

インフラエンジニアの仕事に役立つ資格

インフラエンジニアの仕事に就くうえで、資格は必須ではありません。ただし、未経験からインフラエンジニアに転職する場合は、資格を取得しておくと、一定の知識やスキルを証明するための手段として活かせます。

たとえば、ネットワーク系資格は、CCNA(Cisco Certified Network Associate)、CCNP(Cisco Certified Network Professional)、CCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)などです。サーバーエンジニア系の業務では、Linux技術者認定試験のLPICやLinuCレベルなどを習得していると、転職活動で強みとしてアピールできます。

インフラエンジニアのキャリアパス

ネットワークエンジニアを専門とした場合は、保守・運用、監視などから、上流工程の設計や構築にキャリアアップする流れが一般的です。また、転職によって年収アップも目指せます。インフラエンジニアとして、幅の広い業務を経験する場合は、多様なキャリアパスの形成が可能です。

たとえば、プロジェクトチームのリーダーやマネージャーなどの管理職のほか、セキュリティや仮想化などのスペシャリストへのキャリアアップも可能です。また、ITコンサルタントとして独立開業するといった道もあります。

未経験からインフラエンジニアを目指すには?

インフラエンジニアの仕事は、需要が高いうえに安定しています。そのため、未経験からでも目指せる職業です。また、転職活動を有利に進めたい場合は、独学でもITインフラに関する専門知識を習得しておくことが重要です。

まとめ

インフラエンジニアは、スケールや影響力の大きい仕事や社会貢献度の高い仕事を経験できるため、責任感や達成感などが得られます。また、未経験者でもインフラエンジニアを目指せるため、必要な知識を習得したうえで、自分にあった転職先を探しましょう。

Relanceは、現役エンジニアのチームがエンジニア目線で案件を分析してマッチングしてくれるサービスです。手厚いサポートもついています。インフラエンジニアへの転職を検討中の人は、まず登録をお試しください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

宮前優哉

■ 3-shake,inc PdM
■ GCP / Firebase / Next.js / React
■ フロントエンドの技術を中心に情報発信
■ フロントエンドエンジニアだけでサービスを作れるようなチーム作りに挑戦中
■ マーケターの卵
■ 愛犬家 / 2021年は盆栽に挑戦
https://twitter.com/yuyamiyamae

SNSでシェアする

関連記事