2021.8.17

フリーランスエンジニアの営業方法とは|成功するポイントも解説

ITの導入が加速しており、フリーランスエンジニアの需要が高まっています。ただし、フリーランスエンジニアとして活動しても、効果的な営業を行わなければ仕事をもらえないばかりか、生計も立てられません。この記事では、フリーランスエンジニアの営業方法を知りたい人に向けて、営業について詳しく解説しています。最後まで読めば自分に適した営業方法がわかります。

フリーランスと従業員の違い

フリーランスエンジニアと企業に所属する従業員とではどのような違いがあるのか、以下で解説します。

フリーランスは業務委託

フリーランスとは、法的に個人事業主にあたります。事業主である企業と契約する際は、案件ごとに業務委託を締結しなければなりません。案件単価は企業に所属する従業員と比べると、高めに設定されています。ただし、事業主による雇用義務は発生しないため、契約完了後に新たな契約を結べない可能性があります。

フリーランスエンジニアとして働くメリットは、自分の好きなときに好きな場所で仕事ができることです。

従業員は雇用

従業員とは、企業と雇用契約を締結した人を指します。企業に所属しているため、就業規則などを遵守しなければなりません。従業員は上司の指示に従い、チームや他部署などと連携をとりながら業務をこなすことが重要です。

従業員の給与を案件単価に置き換えた場合、フリーランスエンジニアよりも低い傾向にあります。ただし、社会保険料の一部を負担してもらえる、賞与や退職金を受け取れるなどの制度をもつ企業も少なくありません。

難易度別フリーランスエンジニアの営業方法

フリーランスエンジニアとして活動する人のなかには、営業を不得意とする人もいるのではないでしょうか。しかし、営業を行わなければ仕事は得られないため、以下で解説する営業方法を参考にしてみてください。行動しやすい営業方法の順に解説します。

エンジニアに特化したエージェントを利用

エージェントサービスに応募すれば自分で営業する必要がないため、営業が不得意な人におすすめです。転職先を探すエンジニアが多く集まりやすいため、エンジニアを必要とする企業からさまざまな案件が寄せられます。

エージェントでは、案件単価や使用する開発言語、仕事場所などの希望や経歴にあった案件を紹介してもらえます。また、面接やスキルシートなどへの対策方法やアドバイスを教えてもらうことも可能です。面接で自身の経歴やスキルなどをアピールできれば、案件を受けられる可能性が高まります。

人脈を活用する

過去に勤めていた会社の同僚や上司、取引先などの人脈を活用して案件を紹介してもらう方法があります。また、友人や知人などにフリーランスエンジニアであることを伝え、協力者を集める方法も有効です。信頼度が高い人ほど、案件を紹介してもらえる可能性があります。案件や依頼先を紹介してもらうためにも、人とのつながりを大切にしましょう。

クラウドソーシングで営業活動

クラウドソーシングサービスに登録して、インターネット上で営業を行う方法があります。比較的簡単な営業方法として知られています。利用方法は、公開募集されている案件に応募し、依頼主からの連絡を待つだけです。一般的な営業活動に比べ、自身が積極的に営業活動を行わなくても案件を獲得できる可能性があります。

ブログやSNSを活用

自身で運営するブログやSNSで発信すれば、エンジニアに仕事を依頼したい人の目に留まり、声をかけてもらえる可能性があります。たとえば、フリーランスエンジニアであること、エンジニアとしてのスキルや経歴などを継続的に発信していくことで、信頼を勝ち取れるようになります。また、仕事に取り組む姿勢や仕事をする際の理念や信条なども発信しましょう。

メールを活用する

エンジニアのニーズが高い企業や、過去に依頼を受けたことがあるクライアントへ営業メールを送ることも、フリーランスエンジニアにとって有効な営業方法です。クライアントのメールアドレスはホームページから入手できます。営業メールを送る際は、相手のニーズを分析したうえで、自分ならニーズを満たせるといったメール内容を送信しましょう。

セミナーや交流会を活用

セミナーや交流会に参加し、案件を獲得する方法があります。セミナーや交流会には、幅広い業界や業種の人が集まるため、交流を深めることでクライアントを獲得できる可能性が高まります。交流を深める際は、ビジネスマナーを守ることが大切です。

また、オフラインだけでなく、オンラインで開催されるセミナーや交流会も同様の成果が期待できます。セミナーや交流会についてリサーチする際は、「エンジニア・IT・Web・交流会・セミナー」などのキーワードを組み合わせて検索しましょう。

飛び込み営業で案件を獲得

紹介するなかで最も難易度が高い営業方法は、飛び込み営業です。たとえば、クライアントの会社に電話営業をかける、直接会社を訪問して営業するなどの手段が挙げられます。ただし、さまざまな企業に営業をかけるのではなく、自身のスキルや経歴などを活かせるクライアントに絞って営業を行うことが重要です。 営業する際は、仕事への熱意をアピールしましょう。飛び込み営業はハードルが高い営業方法ですが、獲得できれば継続的に案件をもらえる可能性が高まります。

フリーランスエンジニアの営業に必要なツール

以下では、フリーランスエンジニアが営業する際に便利なツールを2つ紹介します。

ポートフォリオ

効果的な営業を行うには、自分のスキルや実績を客観的に示せるポートフォリオの活用が有効です。ポートフォリオには、エンジニアとしての経歴や保有しているスキル、使用できるツールの種類、コンペなどの受賞歴、資格、将来のビジョン、作品と説明文などを内容に盛り込むことをおすすめします。

ポートフォリオは営業だけでなく、案件に応募する際に必要です。ブログや営業メールでの発信のほか、チラシにして友人や知人などに配布する方法もあります。ポートフォリオは作成後も定期的に更新するようにしましょう。

Web会議システム・チャットツール

コロナ禍により、ビジネス上で活用する人が増えているWeb会議システム・チャットツールは、フリーランスエンジニアがオンラインで営業を行う際に活用できるツールです。積極的に活用すれば、効率よく営業を行えます。

リモートワークなどを導入する企業も増えているため、電話営業や訪問営業などによる成果は期待できません。フリーランスエンジニアが仕事を掴むためには、オンラインでの営業活動を進める必要があります。

フリーランスエンジニアが行う営業の成功ポイント

フリーランスエンジニアが営業を成功させるために必要なポイントについて解説します。

自己分析を行い自分の強みを知る

フリーランスエンジニアが営業を成功させるためには、まず自分の実力やスキルなどの強みを把握しておく必要があります。自分にはどのようなことができるのか、得意な業務とは何なのかなど、自己分析を行ったうえで、強みを明確にしましょう。また、ほかのフリーランスエンジニアと差別化できる部分は何なのか分析を行うことも重要です。

クライアントの心を掴む

案件を得るためには相手の心を掴み、信頼を得る必要があります。具体的なテクニックとして、相手との接触回数を増やす、相手の言葉をオウム返しにする、コンペやプレゼンテーションなど、提案する際の説得力を高めるなどの方法があります。スキルや実績を示すだけでなく、相手とのやり取りからニーズや不満に感じている点などを理解するようにしましょう。

コミュニケーション能力の向上

効果的な営業活動をするには、コミュニケーションスキルを磨くことが大切です。具体的には、相手の話に耳を傾けられる聞く力が求められます。また、クライアントとのやり取りから相手のニーズを聞き取り、自分がどのように貢献できるのかを伝える必要があります。ほかにも、誇張するような言い回しは控え、客観的な事実に基づいた説明を心がけ、誠実に対応しましょう。

ポートフォリオだけではなく実際の実績を見せる

ポートフォリオは、自身が開発の主要メンバーとして挙げた成果のみを記載し、自分が携わったWebサービスやアプリを実績として提示するようにしましょう。実績を提示する際は、クライアントに提出できるようにサンプルを用意しておくことも大切です。

身だしなみを大事にする

人の第一印象は初対面の数秒で決まるため、営業の際は最低限の身だしなみを整えておきましょう。優れたスキルや実績をもつ人でも身だしなみに気を遣わず、不潔、不衛生な印象を与えれば、自己管理のできない人と判断され、継続的に仕事をもらえなくなる可能性があります。

フリーランスエンジニアが営業なしで案件を受ける方法

理想は、自分が営業しなくても定期的にクライアントから依頼があり、フリーランスエンジニアとして経営が成り立つ状況になることです。複数のクライアントの信頼を得るためには、実務を積んで信用を勝ち取るほかありません。実務を積み重ね、クライアントとの信頼関係を築いていく必要があります。

また、フリーランスエンジニアとして知名度を向上させたり、業界のインフルエンサーとなったりできるような実績を残しましょう。

まとめ

フリーランスエンジニアの営業方法には、人脈を活用する、営業メールを送る、飛び込み営業をするなどの手段があります。ただし、営業が不得意な人は、エンジニアに特化したエージェントを利用しましょう。

Relance[リランス]は、現役エンジニアのチームがエンジニア目線で案件を分析してくれるフリーランスエンジニアのためのマッチングサービスです。現役エンジニアのチームがエンジニア目線で案件を分析してミスマッチを防ぎ、あなたにあったベストな案件を提供します。手厚いサポートもついています。気軽にご登録ください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

ken

複数の会社で、新規事業立ち上げ/マーケティング/経営とかをしているパラレルキャリア。
4言語のマルチリンガル外国人。電力、マーケティング、人、組織に詳しいです。

SNS
https://twitter.com/kennoid

SNSでシェアする

関連記事