2021.9.28

フリーランスエンジニア向けエージェントのメリット・注意点とは

フリーランスエンジニア向けエージェントのメリット・注意点とは ー フリーランスエンジニアのためのお役立ち情報

フリーランスエンジニアが仕事を獲得する手段には、さまざまな方法があります。フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用するのも選択肢の一つです。この記事では、フリーランスエンジニアを検討している人に向けて、エージェントを利用するメリットや注意点、おすすめのエージェントなどを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスエンジニアが活用できるエージェントとは?

エージェントのなかには、フリーランスエンジニア向けのものもあります。フリーランスエージェント向けのエージェントとは、エンジニア向けの案件を多く扱っており、専任の担当者が希望にあった案件を提案してくれるサービスです。

案件の特徴や種類は、それぞれのエージェントによって異なります。フリーランスエンジニア向けのエージェントでは、駆け出しのフリーランス向けの案件や、ベテランの領域に含まれる実務経験が豊富な人向けの案件まで、幅広く取り扱っているケースが一般的です。

フリーランスエンジニアがエージェントを利用するメリット

フリーランスエンジニアがエージェントを利用する場合、どのようなメリットが得られるのか、以下で解説します。

自分で営業する必要がない

エージェントを利用すれば、自分に代わって企業との契約交渉などを任せられるため、自ら営業をする必要がありません。本来、フリーランスは営業を含めた全ての活動を自分一人で行わなければならないため、仕事と転職活動の両立が求められます。その点、エージェントに依頼すれば営業に時間を割く必要がなくなるため、目の前の仕事に集中できます。

事務作業のサポートがある

フリーランスは、クライアントごとに業務委託契約の締結や納品後の請求などの事務手続きが必要です。エージェントでは転職活動だけでなく、契約や支払いに関する事務手続きも代行してくれます。また、支払いの催促などもエージェントの担当者に依頼できるため、クライアントとのトラブルを未然に防止できます。

福利厚生を受けられるサービスがある

一般的に、フリーランスは正社員などに比べ、福利厚生が受けられない場合がほとんどです。ただし、エージェントによっては正社員並みの福利厚生を受けられるサービスを提供しているところもあります。たとえば、健康診断や所得保障などです。福利厚生が充実しているエージェントを利用すれば、フリーランスが抱える不安要素の解消も期待できます。

案件の選択肢が多い

エージェントでは、幅広い種類の案件から、自分の希望にあったものを選べるメリットがあります。自分一人で営業を行った場合、アプローチできる企業の件数などが限られてしまう場合もあり、希望にあった案件に辿り着けないというケースも少なくありません。エージェントに登録することで、より効率的に希望にあった案件を獲得できる可能性が高まります。

フリーランスエンジニアのエージェントの利用の流れ

エージェントの登録から利用までの流れは以下です。 1.登録 2.面談 3.案件紹介、応募 4.クライアントとの面談 5.条件交渉、契約 6.案件に参画

登録後、各種サービスの説明を受け、スキルチェック、希望条件のヒアリングを実施し、希望にあった案件を提案してくれます。応募後、クライアントとの面談には専任の担当者も同席し、本人が直接聞きづらい質問など、必要に応じてサポートしてくれます。条件に合意した場合は、契約を締結します。

フリーランスエンジニアのエージェントの案件例・単価相場

エージェントで実際に取り扱っている案件や単価相場を確認しておきましょう。たとえば、フリーランスエンジニア向けのエージェント「Relance[リランス]」では、フルリモートや常勤、対面ありのリモートなどの幅広い案件を取り扱っています。また、単価相場は月収70~100万円などの高収入の案件が多い傾向にあります。

フリーランスエンジニアがエージェントを選ぶ際のポイント

フリーランスエンジニアが自分にあったエージェントを選ぶためには、以下で解説するポイントを考慮しましょう。

案件の種類

エージェントごとに取り扱っている案件の種類は異なります。たとえば、上述したリランスではフルリモートや常勤、対面ありのリモートなどの幅広い案件を抱えるエージェントもあれば、週2~3日のみ出社が必要なリモート案件を多数用意しているエージェントなどもあります。自分がどのような働き方をしたいのかを明確にし、希望する案件が豊富なエージェントを選ぶことも大切です。

対応エリア

エージェントが取り扱う案件の種類は、対応エリアによっても異なります。たとえば、大都市で働ける案件もあれば、特定のエリアに絞った案件などもあります。エージェントを選ぶ際は、自分の住んでいるエリアに対応しているエージェントかどうかも、あらかじめ確認しておきましょう。

実績・評判

エージェントのなかには、実績の多さや評判の高さなどに差があるケースも少なくありません。エージェントの実績や評判を比較検討したうえで、高く評価できるエージェントを選ぶことが大切です。実績や評判を調べるには、エージェントのHPに掲載されている取引社数や利用者数を確認する、Twitterなどでリアルな投稿から口コミを確認するなどの方法があります。

フリーランスエンジニアがエージェントを活用する際の注意点

エージェントを利用する際は、いくつか気をつけたいことがあります。以下では、利用時の注意点を解説します。

登録するエージェントは1つに絞らないようにする

効率よく案件を探したい場合は、エージェントを1つに絞らないようにしましょう。1つに絞れば、担当者との相性が悪い、希望する案件が見つからないなどの状況に陥った場合、これまでに使った時間が無駄になる可能性があります。エージェントは3~5つ程度登録し、複数のエージェントからさまざまな情報を得たうえで、行動することをおすすめします。

仲介手数料が発生する

エージェントのサービスを利用して案件を獲得した場合、仲介手数料を支払わなければなりません。仲介手数料がいくら位になるのかはエージェントによって異なるため、あらかじめどのくらいの手数料が発生するのか、担当者に確認をとりましょう。また、仲介手数料が発生する場合でも、サポートやサービスに満足できるエージェントを選ぶことをおすすめします。

全ての希望を満たした案件を獲得できるとは限らない

エージェントではさまざまな案件を用意していますが、必ずしも自分の希望を全て満たした案件を獲得できるという保証はありません。とくに、最初から条件を絞り込みすぎると選択できる案件の種類が限定されてしまうため、条件を提示する前に「単価」「稼働時間」「勤務地」など、これだけは譲れないと思うことを中心にして条件を絞り込むと、獲得がスムーズになります。

面談・面接対策をしておく必要がある

エージェントから紹介された案件を100%獲得できるわけではありません。クライアントとの面談や面接に備え、事前に対策を練っておくことが大切です。たとえば、職務経歴書は独自の方法で書くのではなく、正式な記載方法で作成する、キャリアビジョンや希望条件を明確にする、面接時の質問事項をまとめておくなどの準備をしておきましょう。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント5選

ここでは、フリーランスエンジニア向けのエージェントの中でもおすすめのものを5選紹介します。

Relance

Relance[リランス]は、現役エンジニアのチームが運営するエージェントです。エンジニア目線で案件を分析し、フリーランスエンジニアのスキルや実務経験を正当に評価しているため、ミスマッチを未然に防げます。取り扱っている案件には、高単価のものや最新技術を用いた案件などが多数あります。さらに、スキルアップやキャリアプランの作成などのサポートも受けられます。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、ITエンジニアに特化したエージェントです。大手企業から直接請け負っている案件も多いため、比較的高単価の案件が豊富な傾向にあります。案件の獲得後は、担当者によるフォローが受けられるうえに、希望すれば契約の更新や交渉、次回案件の提案なども任せられます。

Midworks

Midworksは、フリーランスのITエンジニアやデザイナーに特化したエージェントです。クライアントのマッチングや契約、交渉なども代行してくれます。また、フリーランス向けの独自パッケージを提供しており、保障面における不安の解消も期待できます。取り扱っている案件は、ITやWeb業界の中小企業、大手企業などです。

ギークスジョブ

ギークスジョブは、フリーランスエンジニア向けのエージェントです。リモート案件や高年収の案件を多数取り扱っています。案件の提案はもちろん、フリーランスエンジニア向けのお役立ち情報をHPで発信しており、フリーランスに必要な情報も入手できます。ほかにも、フリーランスのためのスタートアップセミナーなど、オンラインでの無料参加も可能です。

クラウドテック

クラウドテックは、リモート案件の取扱が豊富で、クラウドソーシングサービスのクラウドワークスが運営しているエージェントです。フルリモートだけでなく、一部リモート、週3日からの案件など、幅広い選択肢の中から自分の希望にあった働き方を探せます。また、健康チェックや育児サポートなどのサービスが無料もしくは割引になる会員限定の特典もついています。

フリーランスエージェントに関するQ&A

フリーランスとして活動するうえで、さまざまな不安がある人もいらっしゃるかもしれません。以下のQ&Aも参考にしてみてください。

クラウドソーシングサイトとの違いは?

クラウドソーシングサイトとは、駆け出しのフリーランスや副業を始める人などが案件を獲得する際に利用できるサービスです。クラウドソーシングサイトを利用した場合、自力で営業を行う必要があります。

確定申告はどうすればいい?

フリーランスは、エージェントを通して報酬を得た場合にも、確定申告が必要です。無料で税理士を紹介してくれるサービスもあるため、事務手続きの負担を減らしたい場合は、積極的にサービスを活用しましょう。

未経験でも登録は可能?

エージェントのなかには、登録条件を設定しているところもあります。とくに条件がない場合は、未経験者の登録も可能です。ただし、エンジニアは高度なスキルや豊富な実績が求められるため、未経験者は案件を獲得できない可能性があります。実績がない、もしくは少ない場合は、実務経験を積み重ねることが大切です。

まとめ

フリーランスエンジニアが案件を獲得するには、エージェントの活用がおすすめです。自分で営業をする必要がないため、転職活動と同時進行で仕事に専念できます。また、複数のエージェントに登録することで、効率よく案件を獲得しやすくなります。 Relance[リランス]は、現役エンジニアのチームがエンジニア目線で案件を分析してマッチングしてくれるフリーランスのITエンジニア向け人材紹介サービスです。お客様にあったベストな案件を提供します。まずは、登録をお試しください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

宮前優哉

宮前優哉

■ 3-shake,inc PdM
■ GCP / Firebase / Next.js / React
■ フロントエンドの技術を中心に情報発信
■ フロントエンドエンジニアだけでサービスを作れるようなチーム作りに挑戦中
■ マーケターの卵
■ 愛犬家 / 2021年は盆栽に挑戦
https://twitter.com/yuyamiyamae

SNSでシェアする

関連記事