2021.8.19

フリーランスエンジニアに年齢の限界はない|生涯働くコツを解説

フリーランスエンジニアが年を取ると働けないと言われる理由

フリーランスエンジニアが年を取ると、身体や思考の問題が発生しがちです。年齢とともに働きにくくなる理由を紹介します。

体力や意気込みが低下するため

40代を過ぎると、疲れやすさ、視力の低下、体の痛みなどを訴える人が増えます。エンジニアは長時間パソコンに向かい、集中力と体力を消耗する仕事です。納期に間にあわせるべく、徹夜をして乗り切る場合もあります。 エンジニアの仕事は激しい肉体労働ではないものの、体力や意気込みが必要です。十分な力がなければ、年とともに仕事が億劫になります。

年齢制限ありの仕事を受けられないため

そもそも、プロジェクトの多くは若い人が対象です。エンジニアの仕事はハードであるため、体力のある若い人に仕事をまかせたいと考える顧客が多いためです。40代・50代のエンジニアでは最新の技術に対応できない、若いメンバーとウマがあわないなどと決めつけ、敬遠する顧客もいます。

柔軟な考え方ができなくなるため

優秀なエンジニアであっても、柔軟な考えができないエンジニアは煙たがられます。年を取ると経験やスキルに固執するあまり、新しい技術を習得するモチベーションが低下する、斬新な視点を持てないなどの恐れがあります。難しい顧客からの要望やトラブルに対応するには、柔軟な考え方を心がけましょう。

40代以降もフリーランスエンジニアとして働ける理由

ITエンジニアの仕事は、世の中に欠かせません。40代以降でも、フリーランスエンジニアとして働ける理由を紹介します。

ITエンジニアの需要は高いため

ITの普及が進むにつれ、ITエンジニアのニーズは年々高まっています。経済産業省の報告よると、2030年には最大で約79万人もの人材が不足します。若手のエンジニアのみでは、業界を支えきれません。 40代以降のフリーランスであっても、仕事を獲得するチャンスは十分にあります。年を重ねたエンジニアならではの強みを生かし、活躍しましょう。 参考:図 3-6 IT 人材数(供給)の推移|経済産業省

フリーランスに定年制度はないため

フリーランスは、自分の意思でいつまでも働けます。ただし、IT業界には「35歳定年説」と呼ばれる風潮があります。知識やスキルが乏しい人は、仕事の獲得が困難です。フリーランスエンジニアとして働き続けるには、努力が不可欠であると理解しておきましょう。

中高年ならではの魅力があるため

体力や柔軟性にすぐれる若手に対し、中高年には年相応の魅力があります。中高年ならではの魅力は、以降で詳しく解説します。

40代以降のフリーランスエンジニアの強み

40代以降のフリーランスエンジニアは、経験と実績が武器になります。具体的な強みを解説します。

バリエーション豊かなスキル・実績

エンジニアの仕事にはトラブルがつきものです。すみやかに解決しなければ労働時間が増え、顧客から失望されるなどの事態に発展します。 長年培った、バリエーション豊かなスキル・実績を活用すると、トラブルを解決できる可能性が高まります。若いうちからスキルの幅を広げ、対応力を高めましょう。スキル・実績に富むエンジニアは、年齢に関係なく重宝されます。

顧客との良好な関係

フリーランス協会による2018年の調査では「直近 1 年間におけるフリーランスのおもな仕事獲得手段は、人脈である」と、判明しました。人脈を積極的に活用するフリーランスは、全体の約8割です。 フリーランスエンジニアにとって、顧客との関係性は重要です。案件を継続してもらえる、過去の仕事先から仕事を回してもらえるなどのケースがあります。丁寧に仕事を続け、顧客との良好な関係を築きましょう。 参考:■仕事の獲得経路|フリーランス協会

マネジメントスキル

業界を問わず、チーム体制で進める仕事ではマネジメントスキルが重要です。エンジニアの仕事にはチーム体制で進めるものが多く、専門分野も年齢も異なる人同士が、同じプロジェクトにかかわります。経験に基づく分析力や判断力、部下の育成経験は、フリーランスエンジニアに役立ちます。

フリーランスに占める中高年の割合は高い

フリーランス協会が2018年に調査したデータによると、フリーランスの約半数は40代以上です。少数ではありますが、60代、70代のフリーランスも活躍しています。回答者の4分の1がエンジニアであるため、40代以降のフリーランスエンジニアの割合は高いと考えられます。 参考:■回答者属性|フリーランス協会

中高年のフリーランスエンジニアの課題と対策

中高年がフリーランスエンジニアとして働く際に、気にすべき課題と対策を解説します。

ハードな仕事をこなす体力がない

エンジニアに限りませんが、フリーランスは働かなければ収入を得られません。エンジニアの仕事には過酷な一面があり、体調を崩すと働けなくなる可能性があります。体力が落ちがちな中高年は、しっかり体調管理をしましょう。 日ごろから適度に運動し、体力を高めてください。定期診断も欠かせません。近隣の病院も、健康なうちに調べましょう。

若手とのコミュニケーションが難しい

同僚ばかりか、上司まで年下のプロジェクトに参加する可能性もあります。若いメンバーと対等に話さなければ、敬遠されるかもしれません。柔軟な態度を心がけ、初めての分野にチャレンジする姿勢を見せましょう。実力が十分であっても、周囲と協調できなければ仕事の継続は困難です。

家族を養うだけの仕事を獲得できない

家族を養う立場であれば、若手よりも多く収入を得る必要があります。しかし、高収入な案件は人気が高く、なかなか仕事を得られない人も少なくありません。仕事を探すなら、フリーランスエンジニア向け人材紹介サービスがおすすめです。詳しくはのちほど紹介します。

社会保険料が割高である

会社が負担してくれたサラリーマン時代と比較すると、フリーランスの保険料は高額です。フリーランスは、国民健康保険、年金などの社会保険料が全額負担になるためです。青色申告をすると、国民健康保険料ばかりか、所得税、住民税も節約できます。 青色申告には「青色申告承認申請書」の提出が必要になるため、独立する前に調べましょう。

生涯フリーランスとして働くために20代・30代から気を付けるべきこと

フリーランスとして長く働くために、若いうちからキャリアについて考えましょう。20代・30代から気をつけるべき内容を紹介します。

ライフプランを考える

安定収入が難しいフリーランスには、ライフプランが重要です。ライフプランがあれば、支出の予定がわかり、案件獲得の参考にできるためです。貯蓄目標も、ライフプランをもとに立てられます。どのように働くか、キャリアプランも検討しましょう。キャリアプランに基づき、長く働けるようにスキルを磨いてください。

年齢に左右されないスキルを身に着ける

年齢に関係なく、スキルの高いエンジニアは活躍できます。資格を取る、セミナーに参加するなどして勉強しましょう。セミナーでは自身と同じようなエンジニアに出会えるため、人脈形成も期待できます。 さまざまな仕事に対応できるよう、専門分野の開拓も大切です。たとえば、インフラが専門であればクラウドについても知見を深めましょう。既存のスキルと関連する分野に取り組むと、対応力を伸ばせます。

貯金をする

フリーランスは、営業ができなければ仕事をもらえません。困窮を防ぐため、貯金は大切です。仕事がなくなる原因には、体調不良やケガ、スケジュール調整のミス、取引先の倒産など顧客側の事情などが挙げられます。

フリーランスエンジニア向けエージェントを使うメリット

自身にマッチする案件を見つけるには、フリーランスエンジニア向けエージェントがおすすめです。エージェントを使うメリットを紹介します。

案件が豊富

エージェントには案件が豊富にそろっており、年齢不問の案件も見つかります。リモートで作業したい、最新の技術にかかわりたいなど、希望に応じた仕事を探しましょう。ほかにも、自身のスキル、報酬、職種、稼働日数、キャリアパスなどに着目して仕事を探せます。

案件とのミスマッチを防げる

エンジニア目線で、自身の希望や活動履歴、スキルを加味して案件を紹介してもらえます。フリーランスエンジニアを取り巻く環境や、ニーズの高い技術分野など、求職活動に役立つ情報も得られます。案件に対する理解を深め、自身にマッチする案件を獲得しましょう。

案件取得前後のフォローが手厚い

実力は十分であるはずなのに、案件を得られないと悩む人は、ぜひエージェントを頼りましょう。履歴書や面接のポイントについてアドバイスを受けられます。また、案件が見つかったあとも、スキルアップできるようフォローしてもらえます。 働いてみて初めて、見えてくる課題があるかもしれません。職場や案件に悩みがある場合も、エージェントに相談しましょう。

まとめ

フリーランスエンジニアは、年齢に限らず活躍できます。中高年ならではの課題を把握し、対策を講じましょう。若いうちから、ライフプランを考え、年齢に左右されないスキルを見つけておくと、長く働けます。

Relance[リランス]は、現役エンジニアのチームが エンジニア目線で案件を分析してマッチングします。案件取得前後で、手厚いサポートを受けられます。

Relanceについては、登録フォームからご利用ください。 Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

ken

複数の会社で、新規事業立ち上げ/マーケティング/経営とかをしているパラレルキャリア。
4言語のマルチリンガル外国人。電力、マーケティング、人、組織に詳しいです。

SNS
https://twitter.com/kennoid

SNSでシェアする

関連記事