2021.6.13

インフラエンジニアのキャリアパス|有利な資格・将来性を解説

インフラエンジニアとは、ITインフラの設計や構築、保守・運営などの業務を担うエンジニアのことです。一般的な仕事に比べて専門性が高いため、技術職や管理職などのさまざまなキャリアパスを描けます。

この記事では、インフラエンジニアの将来性を知りたい人に向けて、キャリアパスについて解説しています。また、未経験のケースについても紹介しているため、参考にしてください。

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、ITにおけるインフラの設計や構築、保守・運用に携わるエンジニアのことです。以下で、詳しく解説します。

需要が高い仕事

インフラエンジニアとは、ITインフラを下支えする役割を担う仕事です。業務範囲によって、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアとも呼ばれることがあります。アプリケーションやネットワーク、サーバーなどを安定的に稼働させるために欠かせません。IT社会ともいえる現代において、需要が高い仕事といえます。 インフラエンジニアの将来を見据えるうえで、エンジニアとして運用経験を積むことが重要です。

インフラエンジニアの3つのキャリアパス

インフラエンジニアの代表的なキャリアパスは、3つあります。それぞれについて解説します。

スペシャリスト

スペシャリストとは、専門技術に特化した業務をこなすエンジニアのことです。専門領域によって、ITスペシャリストやクラウド系スペシャリスト、セキュア系スペシャリストなどに分類されます。 ITスペシャリストはデータベースやネットワークなどを専門としており、クラウド系スペシャリストはクラウド型のITインフラを専門としています。セキュア系スペシャリストは、情報セキュリティに特化したエンジニアです。スペシャリストは、後述する管理職やITコンサルタントになるうえで、インフラエンジニアがまず目指すべき目標といえます。

マネージャー

マネージャーとは、プロジェクトやエンジニアなどの人材を管理する統括責任者です。上述したスペシャリストを経験した後にゼネラリストを目指す人が目標とする役職です。スペシャリストでは専門分野における深い知識や技術を要しますが、マネージャーは幅広い領域の知識に加えて、人材を束ねるためのマネジメントスキルが求められます。

マネージャーになると、仕事を任せられる領域や役割の範囲が広がります。さらに、給与も高額になるため、IT業界の専門職の中でも高年収を得ることも可能です。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、インフラエンジニアとして培ってきた経験やスキルを活かし、法人などを対象にアドバイスをする人のことです。インフラエンジニアから直接目指すよりも、マネージャー職を経て、ITコンサルタントになる方法が理想的なキャリアアップとされています。

主な仕事内容は、企業の専任コンサルタントとして経営戦略を立案する、IT関連のプロジェクトや組織を立ち上げるなどが挙げられます。インフラエンジニアの専門技術や知識に加え、ゼネラリストに求められるヒアリング力やコーチング力、経営学などのスキルや知識が必要な職種です。

インフラエンジニアからキャリアチェンジも可能

インフラエンジニアがキャリアチェンジする際に目指す人が多い職種について紹介します。

社内SE

社内SEとは、企業の社員として雇用され、社内の情報システムを担当する人のことです。インフラエンジニアのキャリアチェンジ先として選ばれることが多い職種です。社内SEへの転向を目指す場合は、インフラスキルを活かしつつ、プログラミングやセキュリティ関連の知識を学ぶ必要があります。

プログラマーやシステムエンジニア

システムエンジニアは、クライアントの要望をもとに、システムの設計や試験などの業務を担っています。一方、プログラマーは、システムエンジニアによって作成された設計書に基づいてプログラミングを行う仕事です。

どちらの仕事においても、インフラエンジニアのスキルをそのまま活かせるわけではないため、プログラミングやシステム関連のスキルや知識を習得する必要があります。一般的なキャリアアップの流れとして、プログラマーを経てシステムエンジニアを目指すパターンが多いです。

未経験の場合のキャリアパスの流れ

未経験の人がインフラエンジニアに転職する場合のキャリアパスの流れについて、以下で解説します。

監視業務・ヘルプデスク

一般的に、ITインフラの監視業務は初歩的な役割であるため、未経験やエンジニアとしての経験が浅い人は、監視業務からスタートする場合が多いです。ヘルプデスクは、運用するITインフラのユーザーからの問い合わせを受けるサポート業務です。シフトで夜勤に入ることが多いものの、残業は少なめといった特徴があります。 未経験からキャリアアップするためには、空いた時間を利用して独学に励むなどの努力も必要です。

ITインフラの運用・保守

ITインフラの運用・保守では、ITインフラのバージョンアップや発生したトラブルへの対応が求められます。監視業務やヘルプデスクに比べて難易度が高いことから、インフラエンジニアとしての経験を積みたい場合におすすめの業務です。後述するITインフラの設計や構築などの業務を目指すうえでも、運用・保守での経験は避けられません。

ITインフラの設計・構築

ITインフラの設計や構築は、システムが正常に動くように設計図を作成したり、実際に機器などを組み立てたりする仕事です。インフラエンジニアが担う役割の中でも、花形といえる業務です。 設計・構築業務とプロジェクトチームを束ねるチームリーダーの経験は、キャリアアップにおいて強みになります。未経験者が設計・構築を目指す場合は、5年後を見据えておきましょう。

キャリアパスを有利にするために取っておきたい資格

以下の資格を取得していると、キャリアパスを有利に進めることも可能です。それぞれの資格について解説します。

CCIE

Cisco Certified Internetwork Expert(CCIE)は、アメリカのCisco Systemsの認定資格で、取得にはLANやネットワークセキュリティ、ネットワーク設計などの幅広いスキルが必要です。資格を取得すれば、ネットワークにおける高度な専門知識があることを証明できます。難易度が高いことから、ネットワークエンジニアの間でも価値が高い資格として認識されています。

LPIC

Linux技術者認定試験(LPIC)は世界共通基準で実施されており、国際的にも認められている権威ある認定試験です。カナダのLinux技術者認定機関によって実施されており、レベルは3段階に分けられています。 LPICの取得により、サーバーやネットワークセキュリティなどの知識やスキルを証明できるため、ITインフラの構築や保守・運用業務へのキャリアアップを目指す人におすすめです。

ORACLE MASTER

ORACLE MASTERは、アメリカのOracle Corporationの認定資格です。データベースやサーバーの運用、アプリケーション開発などの専門分野ごとに資格が設けられています。日本でも国内のベンダーによって試験が実施されており、Silver以上の資格の取得により、世界でも通用するスキルをもっていることを証明できます。

女性のインフラエンジニアのキャリアパス

インフラエンジニアの性別における割合は、圧倒的に男性の比率のほうが多く、女性のインフラエンジニアは稀といわれています。ただし、キャリアパスにおいては性別に違いはなく、男性と変わらないキャリアアップを目指せます。

インフラエンジニアは、技術やスキルの高さによって業務の振り分けが決まるため、自身のスキルが高いほど、出産などの休職や退職後でも社会復帰を果たせる可能性が高いです。

インフラエンジニアの将来性

ここでは、インフラエンジニアにおける将来の展望について、詳しく解説します。

今後も需要はなくならない

近年、クラウドやAIなどの技術の登場により、インフラエンジニアの必要性が高くなっています。クラウドもAIも、インフラエンジニアの技術や知識がなければ、正常に稼働させられません。このような技術の革新により、求められる技術や知識は変わっていくものの、ITインフラを下支えするインフラエンジニアの需要がなくなることはないでしょう。

求められる人材に必要な知識・スキル

インフラエンジニアとして最前線で活躍し続けるためには、プログラミングスキル、コミュニケーションスキル、英語力の3つが不可欠です。プログラミングスキルは上述したとおり、クラウドやAIなどの稼働に欠かせません。コミュニケーションスキルや英語力は、チーム内での連携、ソフトウェアなどの英語のマニュアルを確認するうえで必要です。

まとめ

インフラエンジニアのキャリアパスは、スペシャリスト、マネージャー、ITコンサルタントの3つがあります。どれを目指すかによって、求められる知識やスキル、技術などは異なります。キャリアチェンジも含め、自身のスキルや経験にあったキャリアアップを目指すなら、まずプロに相談してみてはいかがでしょうか。

株式会社スリーシェイクの「Relance」は、現役エンジニアのチームがエンジニア目線で案件を分析してマッチングしてくれるサービスです。手厚いサポートもついています。インフラエンジニアへの転職を検討中の人は、まず登録をおすすめします。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

吉田 拓真

株式会社スリーシェイク 代表取締役社長
モダンエンジニアリングとものづくりをこよなく愛してる人。オフィス中に響き渡る大きな笑い声の主。

2011年DeNA入社後、インフラエンジニアとして決済代行ペイジェント社の基盤担当。AWSの東京リージョン進出時からのユーザーで、クラウドプラットフォームが社会に与えるインパクトを痛感。2013年に創業期のポッピンゲームズジャパン株式会社に入社し、インフラレイヤーを統括しつつ、ゲームプロデューサー、事業戦略室室長など、ベンチャー創業期の技術・事業・経営を全般的にリード。日本発のインフラプラットフォームを作るべく2015年1月に株式会社スリーシェイクを設立。
https://twitter.com/taqqma_ikachan

SNSでシェアする

関連記事