2021.8.23

フリーランスエンジニアが身につけるべき言語は?活躍するためのコツとともに解説

フリーランスエンジニアとして活躍するためには、プログラミング言語を習得する必要があります。言語にはさまざまな種類があるため、どれを学ぶべきか迷っている人も多いでしょう。この記事では、フリーランスエンジニアを目指している人が身につけるべき言語を紹介します。活躍するためのコツも解説するため、ぜひ参考にしてください。

フリーランスエンジニアになるメリット

フリーランスエンジニアになるとさまざまなメリットがあります。まずは、フリーランスエンジニアになるメリットについて解説します。

自由な働き方を実現できる

フリーランスエンジニア向けの案件のなかにはリモート型のものもあり、場所や時間を問わず自由に働ける可能性があります。常駐型の案件もありますが、働き方について融通が効く場合も少なくありません。

自分の意思で仕事を選べる

フリーランスエンジニアは案件ごとに契約を結ぶため、自分が好きな仕事を自由に選べます。時間に余裕があれば、複数の案件の掛け持ちすることも可能です。自分の希望にあわせて仕事を選べるため、働きやすいです。

年収が上がる可能性がある

会社員とフリーランスを比較した場合、まったく同じスキルであればフリーランスのほうが収入は高くなるといわれています。高いスキルや実績があると高年収を狙えるため、会社員から独立してフリーランスになる人も大勢います。

フリーランスエンジニアになるデメリット

フリーランスエンジニアになる場合、メリットに対してデメリットもあります。ここでは、フリーランスエンジニアのデメリットについて解説します。

収入が安定しにくい

フリーランスエンジニアになっても、応募する案件とスキルや実績がマッチしなければ、仕事を得られない可能性があります。会社員とは異なり、フリーランスは収入が一切なくなるリスクもあります。

社会的信用度が低下する

フリーランスは収入が不安定であるため、会社員のエンジニアからフリーランスのエンジニアになると社会的信用度が低下します。ローンやクレジットカードの審査に通りにくくなる可能性があるため、注意が必要です。

案件によって自由度は異なる

フリーランスエンジニア向けの案件は自由度が高いものも多いですが、すべてがリモートワークで対応できるわけではありません。現場へ出向かなければならない案件もあり、拘束時間が発生する可能性もあります。

フリーランスエンジニアになるには?

フリーランスエンジニアになるためには、エンジニアとして実務をこなすためのスキルが必要です。さまざまなプログラミング言語があるため、自分が目指している具体的な職種にあわせて学習を進めましょう。 なお、実務レベルに到達するまでには時間がかかります。着実にスキルを取得しながら、少しずつ実績も積み重ねていく必要があります。

フリーランスエンジニアにおすすめのプログラミング言語

フリーランスエンジニアになる場合、どのようなプログラミング言語を学べばいいのでしょうか。おすすめの言語を紹介します。

Python

Pythonは1991年に発表された言語であり、ほかの言語と比較するととてもシンプルです。コードも理解しやすいため、初心者でも学びやすいといわれています。PythonはAIの機械学習においてもよく活用されていて、特に将来性が期待されています。ライブラリやフレームワークなども充実しており、幅広い用途で利用可能です。

JavaScript

JavaScriptは、主にWeb開発で利用されている言語です。JavaScriptはブラウザ上で動作するという特徴があり、OSを問わず利用できます。スマートフォンアプリの開発にも利用されているため、習得すればさまざまなサービスの開発に役立ちます。テキストエディタさえあれば利用できるところも便利です。

Java

Javaは、システム開発の現場で使用されています。Javaを習得すれば対応できる案件の数も多くなるため、フリーランスエンジニアとして仕事を獲得しやすくなるでしょう。Javaはさまざまなところで活用されており、実際に開発するものによっても必要な知識が変化します。Javaを学ぶなら、具体的にどのような案件に携わりたいかあらかじめ考えておくとスムーズです。

Ruby

Rubyは、日本人が開発した国産の言語です。コードが短いため、プログラミングの初心者でも学びやすくなっています。Web開発の現場でよく利用されており、特にスタートアップ企業から支持されています。Webアプリケーションやスマートフォンアプリなどの開発も可能であるため、今後もRubyの需要は高いままだと考えられています。

Go

Goは、2009年にGoogleが発表した新しい言語です。実行速度が高速であり、複雑なコードもスムーズに処理できるという特徴があります。Goが用いられているのは、Webサーバーの構築やスマートフォンアプリの開発などです。JavaやRubyの代わりにGoが使用されるケースも増えているため、習得すると活躍のチャンスが広がります。

PHP

PHPは、Webアプリケーションの開発に特化している言語です。たとえば、Webサービス上の問い合わせフォームや予約システムなどを構築する際に活用されています。グループウェアや管理システムの開発にも利用できるため、幅広く利用できます。フレームワークを利用すると、初心者でもスムーズにコードを書けるでしょう。

Swift

Swiftは、Appleが開発した言語です。Apple製品のアプリケーションを開発するためには欠かせません。PythonやRubyなどの言語をもとにしているため、それぞれを学んだ経験があればスムーズに学習を進められます。Apple製品向けのアプリケーションを開発したい場合は、Swiftを重点的に学ぶ必要があります。

Kotlin

Kotlinは、Androidのスマートフォンアプリを開発するために開発されました。JavaからKotlinへの切り替えを検討している企業も増えており、今後ますます需要が高まると考えられています。文法が簡潔でわかりやすいため、プログラミングの初心者でも学びやすいです。

C#

C#は、Microsoftにより開発された言語です。デスクトップアプリやスマートフォンアプリの開発のために使用されています。Microsoftが開発環境を提供しており、初心者でも無理なく学習を進められます。C#の需要は高いため、習得すれば安定的に案件を確保できる可能性が高いです。

フリーランスエンジニアとして活躍するためのコツ

フリーランスエンジニアとして活躍するには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、具体的なコツについて解説します。

フレームワークを使いこなす

フレームワークとは、プログラミング言語を使用する際に役立つ開発ツールです。Python、JavaScript、Javaなどには有名なフレームワークがあり、よく利用されています。フレームワークはエンジニアとしての実務においても活用できるため、プログラミング言語の学習を進めながらフレームワークの使い方もマスターしましょう。

大規模案件の開発を経験する

大規模案件の開発経験があれば、実績として特に高く評価される傾向があります。エンジニア向けの案件は規模が大きいほど難易度も高いためです。着実にスキルや実績を重ね、大規模案件も受注できるようになれば、大幅な収入アップも実現できる可能性があります。

上流工程に対応できるようになる

エンジニアの上流工程とは、要件定義や基本設計などの業務です。上流工程に対応するためには、プログラミング言語以外の深い知識やスキルも必要となります。上流工程に対応できるようになるとエンジニアとしての価値も向上するため、活躍の場が広がるだけでなく、収入アップも目指しやすくなります。

まとめ

プログラミング言語にはさまざまな種類があり、それぞれ異なる特徴があります。フリーランスエンジニアとして活躍するためには、需要が高く将来性のある言語の習得を目指しましょう。

Relance[リランス]では、フリーランスエンジニア向けのさまざまな案件を扱っています。サポートが手厚く、現役エンジニアが案件を精査したうえでマッチングしています。フリーランスエンジニアとしてスムーズに案件を獲得するために、ぜひ利用してください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

吉田 拓真

株式会社スリーシェイク 代表取締役社長
モダンエンジニアリングとものづくりをこよなく愛してる人。オフィス中に響き渡る大きな笑い声の主。

2011年DeNA入社後、インフラエンジニアとして決済代行ペイジェント社の基盤担当。AWSの東京リージョン進出時からのユーザーで、クラウドプラットフォームが社会に与えるインパクトを痛感。2013年に創業期のポッピンゲームズジャパン株式会社に入社し、インフラレイヤーを統括しつつ、ゲームプロデューサー、事業戦略室室長など、ベンチャー創業期の技術・事業・経営を全般的にリード。日本発のインフラプラットフォームを作るべく2015年1月に株式会社スリーシェイクを設立。
https://twitter.com/taqqma_ikachan

SNSでシェアする

関連記事