フリーランスが単価交渉の成功率を上げるコツを知りたい!よくある疑問に関しても回答!

フリーランスは、好きな時に好きなように働ける仕事の形態なので、フリーランスに憧れている方も多いのではないでしょうか。

しかし、これからフリーランスとして働こうとしている方の中には、報酬や単価について不安を覚える方もおられることでしょう。

そこで、ここではフリーランスで働くにあたり肝となる単価交渉のコツに関して解説します。

この記事を読めば、フリーランスで働くにあたって気になる単価交渉を成功させるノウハウについて知ることができるでしょう。

ぜひ最後までご覧いただければと思います。

フリーランスに単価交渉がおすすめな理由

フリーランスが年収を上げていく方法は様々ですが、単価交渉をして年収を上げることがおすすめです。

ここでは、フリーランスに単価交渉をおすすめする理由を2点紹介します。

案件数を増やすには限界がある

フリーランスが年収を上げていくために、案件数を増やすという方法があります。ただ、フリーランスの場合、個人で仕事をしているので、基本的に自分で仕事を捌いていかなくてはいけません。そのため、1人で対応できる案件数には限界があります。

そうなると、売上を継続的に伸ばしていくためには、単価や報酬を上げていく必要があります。もっと稼ぎたいという方には、ぜひ単価、報酬の交渉を行うことをおすすめします。

自分の成果に報酬が見合っていない可能性がある

単価交渉をおすすめする理由として、成果に対して報酬が見合っていないケースも見受けられます。

クライアント側の求めているレベルのアウトプット以上のものを毎回提示しているのに、単価が上がらないという方は、一度単価交渉を行ってみるのも良いです。

ただし、クライアント側の事情や、自分のアウトプットの客観的な評価、または市場の相場などを勘案して、単価交渉を行いましょう。

そもそも単価交渉に値しないレベルのアウトプットしか提示できていないのに、単価交渉を行うと、取引先であるクライアントを失い、単価交渉どころでは無くなり、生活が立ち行かなくなります。

そのため、クライアントとの単価交渉を行うタイミングや、自分の実力を鑑みて、単価交渉を実施することが重要です。

フリーランスが単価交渉をする前に必要なこと

ここでは、単価交渉を行う時に、重要になる事項を3点ご紹介します。

単価交渉時に役立つ情報なので、ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアとしての十分なスキルや成果

まずフリーランスが単価交渉を実行する上で大切なことは、単価交渉に見合う十分なスキルがあることです。

フリーランスにとって、納期を守ることは当然のことであり、顧客から依頼されたこと以上の成果を出すことで、次回も仕事を依頼したいと思っていただけます。

結果重視のフリーランス業界では、顧客のご要望に応えるため、高いレベルのスキルを身につけておくことが、フリーランスの単価交渉では大変重要な事項となります。

例えば、プログラマーであれば一つの言語だけでなく、複数のプログラム言語を習得して対応範囲を広げたり、要件定義や設計の知識やスキルを身に付けておけば、より上流の工程を任される可能性があります。

自分のスキルが一般的に見て十分なものかどうかを日頃から見直しを行い、自分に足りないスキルをインターネットで調べて、自覚することで、さらなるスキルアップを可能にすることでしょう。

クライアントとの信頼関係

次に単価交渉において大切なことは、顧客との信頼関係です。

クライアントと信頼関係を築くためには、クライアントから依頼されたことを確実に実行することも大切ですが、クライアントの予想を超えるアウトプットを出すことも効果的です。

どんな依頼に対しても誠実に対応していき、クライアントの期待以上の仕事をしていれば、単価報酬の交渉を行う時に有利に働きます。

日々依頼された仕事を確実に実行していくことが単価交渉を行う時に重要となります。

しかし、クライアントの信頼関係がまだ築けていない時期に、単価交渉をしようとすると、クライアントからの信頼を失うだけでなく、最悪仕事の継続契約を解除させかねません。単価交渉を行う時には、クライアントとの信頼関係が築いてからにしましょう。

市場の単価相場を把握すること

最後にフリーランスの単価交渉前にするべきことをあげると、単価の相場を把握しておくことがあげられます。

単価の適正相場をはるかに超えるような交渉を行うと当然上手くいきません。

それどころか、失礼な人という印象を与えてしまい、契約を解除されてしまうことにもなりかねません。

そのため、市場の相場を事前に調査しておくことが大切です。

ただ、適正単価を超える交渉に値する妥当な理由があれば、積極的に単価交渉を行うこともできることでしょう。

フリーランスが単価交渉を成功させる5つのコツ

ここでは、フリーランスの単価交渉を上手く進めるための5つのノウハウをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

単価交渉するタイミングを間違えない

まず第一に単価交渉を行うタイミングをよく見極めることです。

単価交渉に適したタイミングは、新規で仕事を請け負う時や、継続案件ではあるものの仕事の内容が大きく変わったり、スケジュールが変更になったりする時が良いでしょう。また、、スキルアップしてこれまで以上のアウトプットを出せるようになったりした時も、単価交渉のタイミングとしては適切でしょう。

またクライアントの都合で、依頼内容に変更があった時に、単価交渉を行うと比較的スムーズに交渉を進めることができると思います。

単価交渉をメールで行う

次に単価交渉を行う上でコツとなるのが、依頼の仕方です。

単価交渉を行う時には、基本メールベースで交渉を進めましょう。

ビデオ通話や対面で交渉するということも方法としてはありますが、それでもメールベースで単価交渉を行うことをおすすめします。

理由としては3つあり、(1)交渉内容をじっくり検討してもらえる(2)メールの文面を送信する前に客観的に見直すことができる(3)エビデンスとして残せる、といった観点からおすすめしています。

対面やビデオ通話の場合でも交渉を進めることはできますが、ついつい失礼な対応をしてしまったり、単価を上げるための主張を上手くできないケースが多いからです。

対面やビデオ通話による単価交渉は、その場での対応力が強く求められます。その対応力に自信がない場合は、メールベースでの単価交渉を行うのが無難です。

ただ、メールで単価交渉を行う場合は、メールの文面が冷たい印象にならないように気を配りましょう。また、メールでの単価交渉では、直接的な文面よりも、少し遠回しのニュアンスで伝えることもポイントです。こういった観点をメール送信前に客観視してから送付しましょう。

更に、メールはやり取りがログで残るため、エビデンスとしても使用できます。単価交渉や契約内容などの情報は、もし、契約後に認識の相違があった場合や、処理のミスでクラインとが間違えてしまった際になどにエビデンスが必要になるケースもあるため、慎重に扱いましょう。

クライアント事情や相場を考えて希望単価の提示をする

次に単価交渉を行う時のポイントとして、クライアントの事情や、市場の相場を検討して希望単価を提示することがあげられます。

前述した通り、求めている単価が市場相場から大きく乖離していると、失礼な人だという印象を与えてしまいます。

また、クライアントの事情を理解せずに、単価交渉を行う場合も、単価交渉の成功率を低くしてしまうことになります。

例えば、クライアント側では、プロジェクト単位で予算を決めている場合が多いですが、プロジェクトが始まってしまえば、基本的には予算を変更することができません。

しかし、そういったクライアント側の事情を把握しないで単価交渉を行うと、ほとんどの場合、不成立となり、単価交渉は決裂することでしょう。

クライアントの立場を考えずに、単価交渉を行うことは、せっかく築いた信頼関係にひびをいれてしまいかねません。

単価交渉を行う時には、クライアント側の事情を汲んで、プロジェクトの予算が決定される時期などに、実施することをおすすめします。

付加価値になるスキルを身に付ける

次に単価交渉を実施するにあたり、重要なコツは、付加価値になるスキルを身につけることです。

この場合の付加価値とは、「クライアントにとって価値のある実績」や「仕事に対する誠実な姿勢」などのことを指します。

例えば、システムエンジニアであれば提供した開発技術によりクライアントの仕事の効率化を推し進め、生産効率が改善できたなどクライアントの業務上の成果に直結するサービスを提供できるかどうかが大切なことになります。

そのため、実績が少ないフリーランスがいきなり単価交渉を行うことは至難の業であり、単価交渉が失敗することに繋がります。

単価交渉を行う場合は、プロジェクトの場数を踏み、できるだけ多くの実績を残してから、交渉の機会を作ることが重要となるでしょう。

自信がないならエージェントに代行してもらう

前述の通り、単価交渉にはリスクもあり、失敗した場合、仕事がなくなってしまう可能性もあります。

また、単価交渉にはメールベースで進めるのが無難ですが、それでも単価交渉を自力で行うには限界を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで、単価交渉を上げる時に、フリーランス向けのエージェントサービスを利用するのも一つの手です。

エージェントサービスに依頼すれば、本人の代理として、仕事の単価交渉を行ってくれます。

エージェントサービスに登録すると、専属で一人エージェントがつき、そのエージェントが単価交渉から仕事の斡旋までを担ってくれます。

特に、クライアントとのコミュニケーションが苦手だという方は、エージェント経由で単価交渉を行うことも視野にいれると、スムーズに単価交渉を推し進めることが可能だと考えられます。

フリーランスは単価交渉以外にも年収を上げる方法はある

実はフリーランスという働き方において、年収を上げる方法は単価交渉だけではありません。

ここでは、単価交渉以外でも年収を上げる方法について解説します。

より高単価案件を保有しているエージェントの活用

最初にあげられるのは、より単価の高い仕事を受注することです。

最初から高単価の案件のみを受け付けていれば、わざわざ単価交渉を行う必要もなく、理想に近い条件でプロジェクトに関われます。

この場合も、フリーランスエージェントを利用することが有利でしょう。

フリーランスエージェントでは、クライアントとの単価交渉を行うだけでなく、仕事を斡旋するサービスも行っています。

フリーランスエージェントが紹介する仕事の中には、好条件の仕事も多くあり、フリーランスの方にとっては、かなりメリットのあるサービスと言えるでしょう。

より商流の浅い案件への参画

次にフリーランスが年収を上げるための方法としてあげられるのは、より商流の浅い案件へと移行していくことです。

商流が浅いとはどういうことかというと、エンド企業から実際に仕事に関わるエンジニアとの間に仲介会社が少ないということです。

製造業で言えば、下請け会社が多ければ多いほど、商流が深いといい、下請け会社が少ないほど、商流が浅いということができます。

下請け会社が多いと、一番下にあたる下請け会社は、格安でお仕事を引き受けることになり、年収があがらない原因に繋がります。

そのため、フリーランスで年収を上げたいのであれば、商流の浅いお仕事を中心に引き受けることがポイントとなります。

自分のスキルを高収入に繋げてみませんか?

フリーランスの単価交渉に関するよくある疑問

ここでは、フリーランスの方がよく疑問に思うことに焦点を当てて応えていきます。

単価交渉をしてクライアントとの関係が悪くならないのか?

まず疑問に思うことは単価交渉を行うことで、信頼関係にひびが入らないか、ということでしょう。

結論からいうと、交渉の仕方によって、結果が変わります。

スキルも高くなく、請け負った業務に対するアウトプットのレベルも低いのに、単価交渉をすれば、信頼関係が崩れてしまうことは必死です。

また、市場の相場からかけ離れた単価を要望しても、やはりクライアントとの関係が悪化する要因となるでしょう。

重要なことは、依頼された仕事の内容にきちんと誠実に向き合い、付加価値をつけた仕事ができるかどうかにかかっています。

これは一朝一夕でできることではありません。

クライアントとの良好な関係を築きつつ、単価交渉を成功させたいのであれば、アウトプットに対して付加価値を付け、単価の相場感覚をきちんと身につけておくことが大切でしょう。

もし単価交渉に失敗してしまったら?

スキルも標準レベルを超えていて、単価の相場も熟知して単価交渉に挑んだのに、交渉に失敗することもあるかもしれません。

その場合は、フリーランスエージェントに単価交渉の代理をしてもらうのが良いでしょう。

優れたエンジニアであっても、交渉事は苦手だという方も少なくないと思います。

そんな方にとって、フリーランスエージェントのサービスは、大変役立つサービスだと言えます。

ただし、一度単価交渉をしたら、続け様に単価交渉を行うことは失礼なので、契約の更新時や数ヶ月間間隔を空けてから、再び単価交渉に臨む方が最良の段取りだと思います。

エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

詳しくはこちら

関連記事

30秒で登録。
エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

応募する