フリーランス案件を安定して獲得する方法を解説!

「フリーランスで仕事獲得する方法を知りたい」「フリーランスになりたいけど、案件獲得できるか不安….」フリーランスになると、個人で仕事を完結させないといけません。

当然、クライアントも一から探さないといけないので、自ら営業をする必要があります。

しかし、クライアントを探そうとしても、どのように探せばいいのか分からないのが最初の壁でしょう。

そこで本記事では、フリーランスの案件獲得方法を6つご紹介します。

こちらの記事を読めば、自分に合った案件獲得方法が分かり、フリーランスとして案件を獲得し続けて安定した生活を送る一歩を踏み出せます。

フリーランスの案件獲得方法6選

フリーランスになれば自分で営業活動を行い、案件を獲得してこないと仕事がなくて生活ができません。

ずっとフリーランスで生計を立てたいのならば、安定して案件を獲得する必要があります。

そのため、案件の獲得方法を把握しておくと、案件が継続できない場合でもスピーディに次の行動につなげることが可能です。

こちらの章では、考えられる案件獲得方法を6つご紹介します。

フリーランスエージェントを利用する

おすすめなのが、フリーランス向けの案件紹介エージェントを利用することです。

フリーランス向けの案件紹介エージェントとは、簡単に言うとクライアントとフリーランスの間に立ってお互いをマッチングさせるサービスのことです。

交渉や調整などをエージェントが代わりにやってくれるので、自分で営業をかける必要はありません。

エージェントがあなたのスキルや経験、希望する働き方をヒアリングした上で、営業を代行してくれます。

自分にぴったりの案件を紹介してくれるので継続的に様々な案件に携わりやすいです。

色々な案件をこなしていくと、実績を積むことができるので、フリーランスとしての信用度も高くなります。

利用は基本的に無料で、案件に参画した際に仲介手数料が発生する仕組みです。

エージェントのサポートがあることで、比較的すぐに案件を獲得できます。

無料で相談できるサービスもあるので、まずは積極的に活用してみて下さい。

利用前に、自分がやりたいことをしっかりと把握しておくことが大切です。

クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサイトにはクライアントが依頼したい様々な仕事情報が掲載されています。

案件を受注したいフリーランスは、掲載されている仕事の中から案件を探します。

自分のスキルや実績が、案件の中でどのように役に立つかをクライアントに提案し、提案が通れば仕事を受注できるという仕組みです。

代表的なクラウドソーシングサービスとして「クラウドワークス」「ランサーズ」などがあげられます。

募集している案件数は非常に多く、自分の好き・得意な案件を選ぶことが可能です。

さらに、実績をつけていくと、クライアント側から案件のスカウトをされることがあります。

しかし、クライアントとの調整や交渉などを自分1人でやらないといけません。苦手意識がある人は、まずフリーランスエージェントを利用することをおすすめします。

また、クラウドソーシングサービスを利用した際、手数料が取られてしまいます。

最初はクラウドソーシングサービスを利用し、継続して案件が受注できる場合に別のChatツールに移行するのも1つの手です。

転職サイトを利用する

転職サイトにはフリーランス向けの募集が無いと思われるかもしれません。

しかし、正社員向けだけではなく、フリーランス向けの仕事も多く募集されているのが現状です。

フリーランス向けの案件は、転職サイトに「業務委託」と書かれています。

転職サイトを利用すると、「女性活躍」「業種未経験歓迎」など条件にこだわって探すことが可能です。

取り扱っている案件数が多いので、多くの案件から条件を限定して選択できるのがメリットとなります。

転職サイトに出回っている募集は、エージェントサービスにも掲載されていることが多いです。

エージェントサービスだと無料相談もできるので、希望案件が見つからなかった場合はエージェントサービスに変えてみても良いでしょう。

営業をかける

気になっている企業に直接営業をかけて、案件を獲得する方法もあります。

具体的には、企業のお問い合わせフォームへ営業メールを送信するか、電話をかけたり、飛び込み営業などの方法が挙げられます。

また、人事担当者などのSNSヘDMするなどのアプローチも有効です。

正社員や契約社員の募集が多いですが、最近ではフリーランスを求めている企業も増えてきています。

外注先やフリーランスを常時募集している企業に積極的にアタックしてみましょう。

直接話をする機会を得たら、準備段階として相手企業に伝える自分の経歴/経験の整理やポートフォリオの準備をする必要があります。

余すことなく、仕事に対する熱意や、自分を採用するメリットなどをしっかりアピールするのがポイントです。

自分で営業をする場合、スキルや経験を求められるケースが多いです。

しかし一方で人柄や、雰囲気が良かったから仕事につながったというケースもあるので身だしなみや話し方には注意しましょう。

SNSなどのコミュニティに参加する

今やSNSは、多くの人が利用しているツールです。

SNS上で仕事の募集をしている人や企業も多々あります。

そのため、SNSを利用するのは非常に有効的な手段です。

自分のやりたい内容にマッチしていれば、募集しているアカウントにDMやコメントをしてみましょう。

さらに、SNS上での自身の発信力を身につけていれば、SNSを介して仕事が舞い込むこともあります。

また、SNSやビジネスマッチングサイト、インターネットで開催を告知しているセミナー/集まりに参加することも手です。

フリーランス向けのセミナーはたくさん開催されています。

仕事につながる情報が得られる可能性がありますし、直接案件につながらなくても人脈を作ることも可能です。

また、同業の仲間が集まるセミナーに参加すれば、新たな案件の獲得もそうですが、仕事上の悩みを相談できる相手にも出会える可能性があります。

個人で仕事ができてしまうフリーランスだからこそ、コミュニティを作り、人と関わっていくことは大切です。

知り合いからの紹介

フリーランスとして仕事を見つける上で、最も確実なのが友人・知人などから仕事を依頼してもらう事です。

知り合い同士だとお互いの顔や性格などを把握しているので、人物像がはっきりと分かり仕事がしやすくなります。

知り合いから直接案件を紹介してもらえなかったとしても、知り合いを仲介して別の人から案件を受注する可能性もあります。

そのため、まずは相談という形で、仕事を探していることを知り合いに伝えておきましょう。

何も相談しないと、案件を得るチャンスすら生まれません。

思い当たる人がいれば、どんどん相談することをおすすめします。

案件獲得ならフリーランス案件数充実の『Relance』

登録はこちらから!

フリーランスエンジニアが案件獲得をする上で注意すること

フリーランスとして一歩踏み出す時に、注意すべきことをいくつかご紹介します。

ポートフォリオなど実績を事前に用意する

フリーランスが案件を獲得するうえで一番大切なのが信用です。

ふつうに働いている社会人には、〇〇企業に所属しているという肩書があります。しかし、フリーランスは個人の活動なので肩書がありません。

クライアントから見て、企業の肩書があるサラリーマン、何も肩書が無いフリーランス、どちらと取引したいのかを考えてみて下さい。

普通は、実績と安心が担保されている企業に属している人と取引したいと考えます。

そのため、フリーランスは自分自身にどれだけ価値を感じてもらえ、どれだけ信頼してもらえるかが重要となります。

信頼を得るために効果的なのが「実績」です。

クライアントのニーズを満たすために必要な実績があり、根拠としてポートフォリオを提示すると、間違いなくクライアントに刺さります。

具体的なポートフォリオを紹介することで、自分と契約した場合のクライアント側のメリットをイメージしてもらいやすくなります。

自分のスキルをアピールする貴重な場なので、手を抜かずにしっかりとしたポートフォリオを作りましょう。

もちろん最初から大きな実績をつくることは難しいです。

まずは小さい案件をコツコツと達成していき、実績を積み上げて徐々に大きな案件をこなしていきましょう。

一方的な売り込みはしない

自分から一方的にスキルやサービスを売り込んでいくのはNGです。

クライアントの立場になって考えてみて下さい。

一方的に、「私、こういうことができます!どうですか?契約してみませんか?」といった無理やりな営業をされると押し売りされたという悪印象を持ちます。

このように何度も繰り返し営業をすると相手に不快感を与えるので注意しましょう。

駄目な時は素直に退くことが大切です。

自分の安売りはしない

まだ実績がない段階でクライアントと単価交渉をした時、低い報酬で案件を受注してしまう人がいます。

ライバルより単価を安く設定したら、案件獲得がしやすくなるための行動でしょう。

確かに、安い単価の人に依頼をしたいと考えるクライアントもいるでしょう。

しかし、契約してきたクライアントは安い金額で仕事相手を選んでいるので、案件が継続しても単価を上げてもらいにくいです。

さらに、報酬が低いので生活が厳しくなり、稼ぐために業務量も増えてしまうので、負担が大きくなってしまいます。

また、報酬額を低くしたからといってクライアントに喜ばれるとは限りません。低すぎる単価を提示すると「本当にやれるのかな?」という警戒を抱かせてしまいます。

自分を安売りせず、自分のスキルに見合った正当な契約を結びましょう。

今よりもっと良い環境で働いてみませんか?

フリーランスエンジニア必見!高単価案件獲得実績多数!

フリーランスの実績の作り方

フリーランスとして案件を獲得するために重要なのが実績です。

しかし、誰しも最初は何も実績がないところからスタートします。

ここでは、フリーランスとしての実績の作り方をご紹介します。

初めはエンジニアとして就職する

IT技術の進歩により、エンジニア向けの案件は増えてきています。

将来のことを考えると、ITの知識/スキルを身につけていた方が稼げることは間違いないでしょう。

ITの知識/スキルを身につける一番の近道は、エンジニアとして正社員で働くことです。

フリーランスエンジニアとして案件を獲得する際に、未経験や実績が少ないフリーランスには、高単価な案件は受注しづらいのがほとんどになります。

クライアント側から見て、実力を分かってもらいやすい指標が、エンジニアとしてIT企業の正社員で働いたという実務経験です。

実務を経験していればその分、仕事内容への理解も早いですし、即戦力として期待できるからです。

そのため、実務経験はそのままフリーランスとしての実績/信用度に繋がります。

また、フリーランスの実力がなくても、正社員で数年働いている事実があるだけで契約を結ぶことができます。

そのため、エンジニアで就職してからフリーランスになった方が、色々な案件を獲得しやすいのでおすすめです。

クラウドソーシングで低単価でも案件を受注

クラウドソーシングに掲載されている案件には、大規模なものから小規模なものまで色々あります。

フリーランスになりたての頃から、大規模で高単価な案件ばかりに応募してもなかなか採用されないのが現状です。

最初は、実績を作っていく段階と割り切って、低単価の案件を受注していくことをおすすめします。

しかし、やみくもに受注することをしてはいけません。

低単価の案件でも、自分のスキルが本当に上がるかどうかを見極める必要があります。

将来、自分がやりたい内容とかけ離れている案件や、アンケート回答のような何もスキルが身に付かない案件は回避しましょう。

低単価の案件が終了した後に、何もスキルが身に付いていないと、次もまた同じような案件しか受注することができません。

案件をこなしていくなかで、他の競合フリーランスにはない自分だけのスキル/強みを育てていくという気持ちが大事です。

クライアントから「あなただからこの案件をやってほしい」と言ってもらえるようなフリーランスを目指しましょう。

個人の開発で実際にサービスを作る

個人でWebアプリやWebサイトなどを開発することも立派な実績です。

個人開発なら、企画からデザイン・実装、テストやリリース後の運用まで全部1人で行います。

企業勤めのエンジニアなら開発を分担することが多いので、関わらない領域も出てくるものです。

しかし個人開発なら、幅広い知識を得られるので、スキルアップの点を考えるとメリットが大きいです。

未経験の方は、実際に手を動かしてサービスを開発し、積極的にアピールしましょう。

実際に書いたコードなどを githubやブログやnote、Qiitaなどで公開しておくと実力の証明になります。

クライアントに提示する際は、開発背景、開発したサービスで何の問題を解決できるのか、現段階のサービスの問題点まで言及できるとなお良いです。

安定的に案件を受注し続けるためにフリーランスがすべきこと

継続して案件を受注できれば、不安定なフリーランスの生活を支える柱になります。

フリーランスとして働くならば、安定的に案件を受注し続けるための行動が大事です。

ここでは、継続的に発注してもらえるためにすべきことをご紹介します。

企業案件が継続しているうちに次のプロジェクトを探す

あなたが1つの案件Aに取り組んでいるとします。案件Aがクライアントの都合上、継続が難しく終了してしまいました。

するとあなたの抱えてる案件が0となり、稼ぐことができなくなります。

このように、継続的に仕事をしていたとしても、いつ契約を切られたり仕事を依頼されなくなるか分かりません。

いつ契約を切られてもいいように、案件を継続している間に、別の案件を探しておくことが大事です。

ただし、仮に応募したすべての案件に採用されても、キャパオーバーにならない範囲で探しましょう。

プロジェクトに参加している他のフリーランスの人たちとつながる

同じプロジェクトに参加しているフリーランスの人と、SNSなどの連絡先を交換しておくことをおすすめします。

繋がったフリーランスの人たちから、案件を紹介してもらえたりするケースがあります。

色々なフリーランスの人たちと繋がり、信頼関係を構築するためにコミュニケーションを取ってみましょう。

雑談レベルで色々と話を聞いていき、何か困りごとがないかという話題を提示してみるのも良いかもしれません。

繋がったフリーランスの方や他のフリーランス仲間、抱えているクライアントの困りごとに対して、自分が解決できそうな部分がないかを考えましょう。

自分に何かできそうなことがあれば積極的に関わっていく姿勢が大切です。

ただし、いきなりビジネス色を前面に押し出してはいけません。

困りごとを本気で解決するための手助けというマインドを待ちましょう。

問題解決に取り組み、「あなたに仕事の相談すれば大丈夫」という信頼を勝ち取ることが目標です。

あなたが信用されれば、同じ人、またはあなたの口コミを聞いた別のフリーランスの人たちから案件を受注することもできます。

エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

詳しくはこちら

関連記事

30秒で登録。
エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

応募する