【案件がない方へ】フリーランスの仕事の取り方・探し方を解説!

フリーランスとして活躍していくには、待っているだけでは仕事が入って来ず、仕事を自分で獲得していく必要があります。また、1度だけ仕事を獲得できればいいという訳ではなく、定期的に仕事を獲得して行かなければなりません。

ただ、フリーランスの中には仕事を定期的に取ることができず、仕事探しを悩みにしているフリーランスは多く、フリーランスの大きな壁となることは少なくないでしょう。また、自分にマッチした仕事の取り方がわからないというフリーランスも多いのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、フリーランスにおすすめの仕事の探し方・取り方や好条件の仕事の受注方法、仕事探しの注意点などについてお伝えしていきます。フリーランスで好条件な仕事を獲得する方法を知り、高年収の獲得を目指していきましょう。

仕事探しで苦労するフリーランスは多い

仕事探しで苦労するフリーランスは少なくありません。

「フリーランス実態調査結果」|内閣官房日本経済再生総合事務局によると、フリーランスとして働く上での障壁の1位が「収入が安定しない」で59.0%、「ネットワークを広げる機会が少ない」が2位で17.2%、「仕事がなかなか見つからない」が3位で15.3%となっています。

1位と3位は仕事の取り方や探し方に関連した内容であるため、フリーランスが仕事を安定的に獲得をし続けることは難しいと言えるでしょう。

フリーランスは自分で仕事を獲得する必要がありますが、特にフリーランスになったばかりの人の場合、どのように仕事を探せばいいのか悩んでしまうため、最初にどのような仕事探しの方法があるのか正確に把握しておくことが重要です。

次項では、フリーランスにおすすめな仕事の探し方や取り方について解説していきます。

フリーランスにおすすめな仕事の探し方・取り方を紹介!

フリーランスは、自分にマッチした仕事の取り方、探し方を見つけていく必要があります。必ずしも正解がある訳ではないので、自分の経験やスキル、求めることやリソースとマッチしているものを下記のものから探していきましょう。

フリーランスにおすすめな仕事の探し方・取り方は下記の7つです。

  • フリーランスエージェントの活用
  • 知り合いからの紹介
  • 以前の職場からの依頼
  • SNSの活用
  • クラウドソーシングサービスの活用
  • 企業に直接問い合わせる
  • コミュニティに参加する

フリーランスエージェントの活用

フリーランスエージェントを活用すれば、自分に合った仕事を探しやすいです。

フリーランスエージェントは自分のスキルや希望条件に合わせて仕事を紹介してくれるため、自分が働く上で納得のいく仕事を獲得することができます。さらには、フリーランスエージェント経由でないと見つけられない仕事もあるため、隠れた優良案件に参画できる可能性もあります。

また、フリーランスエージェントはフリーランスの悩み相談にも対応している場合があり、仕事の獲得や税務処理等についての疑問を解消しやすいでしょう。

様々なサポートを受けてフリーランスとして安心して活動できるため、フリーランスの仕事探しにおいてフリーランスエージェントの活用はおすすめです。

フリーランスエンジニアに「いい案件」を!高単価・フルリモート案件ならRelance

知り合いからの紹介

フリーランスの仕事を知り合いからの紹介で獲得する人も多いです。

知り合いであれば既に繋がりがある相手であるため、信頼関係が構築されており仕事を紹介してもらいやすいでしょう。さらに、知り合いの場合、自分のスキルや知識についてある程度把握されているため、自分の能力に合ったフリーランスの仕事が紹介されやすいです。

案件参画後のミスマッチを防ぐことができるため、安心して仕事に取り組めるでしょう。

以前の職場からの依頼

フリーランスの仕事は以前勤めていた職場から依頼されるケースもあります。

フリーランスとしてスキルや実績がある人は、自分から営業しなくても様々な方面から仕事の依頼が来ることが多いです。特に、以前勤めていた職場の場合、自分のスキルや実績についてより正確に把握しているため、信頼関係があれば仕事を依頼してくれることもあるでしょう。

勤めていた時より好条件で仕事を案内される場合もあるため、以前の職場とのつながりも大切にしていきましょう。

SNSの活用

フリーランスの仕事獲得にはSNSの利用も効果的です。

SNSでは様々な情報が掲載されており、自分ができる仕事の案内を見つけられるかもしれません。相手とのやり取りもメールなどに比べてフランクに進められるため、気軽に仕事探しを進められるでしょう。

さらには、SNSで自分のスキルや実績を発信していけば、自分に興味を持った相手から仕事の依頼が来ることもあります。SNSのフォロワー数が多ければ発信力も強まっていくため、案件獲得のチャンスが増えていくでしょう。

クラウドソーシングサービスの活用

クラウドソーシングサービスはフリーランスと非常に相性が良いです。

クラウドソーシングサービスでは、企業や個人との業務に関する契約をWebサイトなどのプラットフォーム上で行います。案件ごとに求人が掲載されており、スキルや実績に応じた仕事探しがしやすいため、自分に合った仕事を獲得できます。

また、仕事の契約に伴う面倒な手続きを省略して仕事を獲得できるため、フリーランス初心者でも仕事探しをやりやすいです。

クラウドソーシングサービスは、自分のスキルを売りにして仕事を獲得するフリーランスの働き方にマッチしており、フリーランスの人でクラウドソーシングサービスを活用しない手はないでしょう。

企業に直接問い合わせる

フリーランスが仕事を獲得するには、企業に仕事を依頼してもらえないか直接問い合わせる方法もあります。

企業によっては、人材を必要としていても求人情報をWebサイト上に掲載していない場合があります。自分ができる仕事がないか直接企業に問い合わせることで、非公開の仕事の獲得が可能です。

また、自分から営業をかければ積極性をアピールでき、クライアントによっては自分の評価が高まります。

電話やメール、お問い合わせページの活用で企業に簡単に問い合わせができるため、仕事探しにあたって企業に逆オファーするのも1つの方法です。

コミュニティに参加する

フリーランス向けのコミュニティに参加することで、仕事の紹介を受けやすくなります。

フリーランスとして活動する人が増えてきており、フリーランス向けのコミュニティもいくつも存在します。フリーランス向けのコミュニティでは、スキルアップなどの情報交換だけでなく、一般には出回っていない優良案件の紹介を受ける場合もあります。

また、フリーランスの仕事はチームで受ける場合もあり、コミュニティに参加していればチームの仕事に参画しやすくなります。仕事獲得のチャンスが広がるため、コミュニティに参加して仕事探しを進める方法はおすすめです。

データから見るフリーランスが高年収を得られる仕事の取り方

(出典:フリーランス白書2022

フリーランス白書2022によると、フリーランスで高年収を得ている人々の仕事獲得経路として、人脈や過去・現在の取引先が多くなっています。

一方で、コロナ禍でオンライン化が進み、フリーランスエージェントを活用して稼ぐフリーランスが増えており、2022年ではフリーランスの仕事の取り方としては人脈、取引先に次いで3番目となっています。

フリーランスエージェントの場合、自分のスキルや実績、希望条件などに合わせて仕事探しができます。好条件の仕事の獲得をしやすくなるため、フリーランスエージェントを活用して高年収が得られる仕事を探すフリーランスが増えています。

 

フリーランスがより好条件の仕事を受注するには?

フリーランスがより好条件の仕事を受注するためには、下記の3つのポイントに注意する必要があります。

  • 商流の浅い案件を獲得する
  • クライアントとの信頼を構築する
  • 1つのクライアントに依存しない

フリーランスの場合、商流の浅い案件は金額面での条件が良い場合が多いため、条件に納得して仕事を進めやすいです。また、クライアントとの信頼関係がある場合、自分の希望条件に沿って契約を進めやすくなるため、好条件で仕事を受注できます。

さらに、複数のクライアントと繋がりを持っていれば、好条件で仕事ができるクライアントを見つけやすく、安心して仕事を進められます。

商流の浅い案件を獲得する

フリーランスがより好条件の仕事を受注するためには、商流の浅い案件を獲得することがポイントの1つです。

商流とは発注や受注といった取引の流れのことで、商流が浅いとは自分と発注元との間にある仲介者が少ないことを意味します。商流が浅いと、中間マージンが抑えられるため、高単価な案件を獲得しやすいです。

その分、商流の浅い案件はハイレベルなスキルや実績が求められる仕事が多く、フリーランスがより好条件の仕事を受注するためには、スキルアップや豊富な現場経験を持つ必要があります。

クライアントとの信頼を構築する

クライアントとの信頼関係を構築すれば、クライアントからの評価が高まり好条件の仕事を受注できるようになります。

フリーランスが仕事を獲得する際、クライアントから信頼がなければ自分の希望する条件で契約を結ぶことは難しいでしょう。そのため、スキルを高めて実績を積んでいくことでクライアントから信頼を獲得していくことが重要です。

また、クライアントとの信頼関係があれば、単価だけでなく働き方や勤務時間についても自分の希望条件を通しやすくなります。

1つのクライアントに依存しない

フリーランスがより好条件の仕事を受注するためには、1つのクライアントに依存せずに様々なクライアントと関係を持つのが良いでしょう。

継続して同じクライアントから仕事を獲得することは大切ですが、同じ仕事内容でより好条件な仕事を別なクライアントから紹介してもらえる可能性があります。

1つのクライアントとのみ関係を持っている場合だと好条件な仕事を獲得するチャンスが減ってしまうので、フリーランスエージェントやクラウドソーシングサービスを活用し複数のクライアントと関係を持つようにしましょう。

フリーランスの仕事の探し方・取り方についての注意点

フリーランスの仕事探しや獲得の際、下記の3つのポイントに注意する必要があります。

  • 仕事の取り方を覚えてもスキル不足では意味がない
  • 仕事を取るだけで安心せず高クオリティを目指す
  • すぐに仕事が取れなくても諦めない

フリーランスで稼ぐためには、継続的かつ高単価な仕事を獲得する必要があります。そのためには、十分なスキルや実績、クライアントとの信頼関係が求められます。また、フリーランス初心者は最初から仕事を獲得することが難しいため、諦めずに粘り強く案件に応募することが大切です。

仕事の取り方を覚えてもスキル不足では意味がない

フリーランスとして活躍するためには、仕事の取り方を覚えるだけでなく、スキルを磨いていく必要があります。

最近ではフリーランスエージェントやクラウドソーシングサービスを活用すれば仕事を獲得しやすくなっていますが、好条件な仕事を獲得するためにはスキルや実績が求められます。

仕事の取り方を覚えてもスキルや実績が不足していれば仕事が獲得できないため、フリーランスとして稼ぐことは難しいです。

特に好条件の仕事の場合、よりレベルの高いスキルや豊富な実績などが求められるため、フリーランスとして活躍するためには日々自分の能力を磨いて実績を積み重ねていくことが重要です。

仕事を取るだけで安心せず高クオリティを目指す

フリーランスは仕事を取るだけで安心せず、クライアントが満足する高クオリティな仕事をするべきでしょう。

フリーランスの仕事は、エージェントやクラウドソーシングなど受注手段が豊富にあるため単発的に獲得することは難しくありません。しかし、安定して好条件な仕事を獲得するためにはクライアントからの評価を高めることが重要です。

依頼を受けた仕事で高クオリティな成果を出すことでクライアントからの信頼を高めて、継続的に案件を紹介してもらえる信頼関係を築いていきましょう。

すぐに仕事が取れなくても諦めない

フリーランス初心者の場合、最初は仕事を獲得するのが難しいため、すぐに仕事が取れなくても諦めず継続的に仕事探しに取り組む姿勢が大事です。

初心者の場合、フリーランスの仕事探しは慣れるまで時間がかかってしまい、実績が少ないために受注率も低くなるでしょう。そのためフリーランスになりたての人は、すぐに仕事が取れなくても粘り強く案件に応募し続け、自分の納得のいく案件を獲得するまで諦めない忍耐力が必要になります。

1度仕事を獲得できればフリーランスとして実績が積めるため、その後の案件獲得はスムーズに進められるでしょう。

まとめ

今回の記事では、フリーランスにおすすめの仕事の探し方・取り方や好条件の仕事の受注方法、仕事探しの注意点などについてお伝えしてきました。

フリーランスはフリーランスエージェントやクラウドソーシングサービスなどを活用すれば効率的に仕事を探すことができます。また、過去のクライアントや知人を活用して仕事を獲得する人も多いです。

自分に合った案件探しの方法を習得し、継続的に好条件な案件を獲得してフリーランスとして活躍していきましょう。

エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

詳しくはこちら

関連記事

30秒で登録。
エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

応募する