フリーランス向けマッチングサービスとは?おすすめサービス6選や案件を獲得するコツについて紹介

フリーランスとして活動していると、案件の獲得方法に悩む人も多いです。フリーランスは自分で仕事を獲得する必要があるため、自分の希望に合った案件を効率的に探す必要があります。フリーランス向けマッチングサービスを使えば、自分の希望の働き方や高単価な案件を見つけやすいです。今回の記事では、おすすめのフリーランス向けマッチングサービスや活用するメリット、マッチングサービスを使って案件を獲得するコツなどについてお伝えしていきます。

フリーランス向けマッチングサービスとは?

フリーランス向けマッチングサービスとは、仕事を依頼したい企業や個人のクライアントと仕事をしたいフリーランスを結びつけるサービスです。人材不足などからフリーランスに案件を依頼したいと考えているクライアントは多く、案件マッチングサービスの需要は高まっています。フリーランスは自分で案件に応募できるだけでなく、経歴やスキルを記載しておけばスカウトで案件が獲得できるサービスも多いです。

フリーランス向けマッチングサービスのおすすめ6選

フリーランス向けにおすすめのマッチングサービスは下記6つです。

  • Relance(リランス)
  • フリーランススタート
  • レバテックフリーランス
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

フリーランス向けマッチングサービスを使えば、自分に合った業務内容や高単価な案件を獲得しやすいため、フリーランスとして安定した活動を進められます。Relanceなどのフリーランス向けマッチングサービスを活用し、継続的に稼げるフリーランスを目指していきましょう。

Relance(リランス)

Relance(リランス)はフリーランスエンジニア向けのマッチングサービスです。人材会社ではなくテックカンパニーが運営するRelanceはエンドユーザーからの直請け案件が多いことから、月収100万円を超えるような高単価案件が多いということが大きな特徴となっております。

また、全体の70%がリモート案件となっており、働き方にもこだわりたいという方には、おすすめのサービスとなっております。

さらに、契約継続率も92%と高いため、安定的に高収入を得やすいサービスとも言えるでしょう。

フリーランススタート

フリーランススタートはIT求人に特化したフリーランス向けマッチングサービスであり、自分のスキルや経験をベースに案件を探しやすいです。フリーランススタートでは自分が使用できるプログラミング言語や、使用経験がある技術名から案件を探すことができます。効率的に自分のスキルや経験に合った案件を見つけられるため、安定して稼ぐことができるでしょう。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスはフリーランスエンジニア向けのマッチングサービスです。レバテックフリーランスは、利用者の平均年収867万円と高単価な案件を揃えておきながら、保有する案件数が非常に多く、自分のスキルや条件にマッチした案件を探しやすいという特徴があります。また、案件の紹介だけでなく利用者向けに福利厚生サービスも提供しており、案件参画中にフリーランスが直面する不安を解消できるサポートもついております。案件獲得〜参画中のサポートまで幅広く対応できることがレバテックフリーランスの大きな強みと言えるでしょう。

クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサイトであり、個人でも案件を獲得しやすいため、フリーランス向けマッチングサービスとして人気です。クラウドワークスでは個人や企業の様々な案件を自分の希望条件に合わせて探すことができます。案件数も業界最大級であり、フリーランスの経験が浅い人でも「挑戦したい」と感じる案件を探しやすいです。

ランサーズ

ランサーズは、スキルや経験が豊富な人におすすめのフリーランス向けマッチングサービスです。ランサーズではスキルのあるフリーランス向けの案件が多数紹介されており、業務レベルが高いため高単価案件も多いです。自分のスキルや経歴をプロフィールに書いておけば、クライアントからスカウトされる場合もあるため、効率良く高単価案件を獲得できます。ランサーズは、自分の経験を活かしたい人や、より難易度の高い案件を通じて自分のスキルを伸ばしたい人におすすめのフリーランス向けマッチングサービスです。

ココナラ

ココナラは自分で案件を探すだけでなく、クライアントからスカウトされて案件を獲得することができるフリーランス向けマッチングサービスです。ココナラでは、自分が対応できる業務内容を「サービス」として掲載できるため、自分のスキルを求めているクライアントを探せます。スカウトで案件を獲得できれば、クライアントと自分の間でスキル面に関する認識の違いが起こりにくいため、お互いが安心感を持って仕事を進められます。

フリーランスがマッチングサービスを活用する3つのメリット

フリーランスがマッチングサービスを活用するメリットは下記3つです。

  • 自分で営業先を見つける手間が省ける
  • 自分にマッチした条件で仕事を探すことができる
  • 企業側からアプローチしてくることもある

フリーランス向けマッチングサービスであれば、自分で営業先を見つける手間が省けるとともに、希望の条件で仕事を探しやすいです。また、自分のスキルや実績を掲載しておけば、企業から案件の紹介を受けることもできます。

自分で営業先を見つける手間が省ける

フリーランス向けマッチングサービスを活用すれば、案件の紹介やサービス上に公開されている案件から仕事を選べるため、自分で営業先を見つける手間が省けます。フリーランスは自分で仕事を獲得する必要があるため、仕事を紹介してくれそうな企業を探すことが必要です。フリーランス向けマッチングサービスであれば、エージェントによる案件の紹介やサービス上に掲載されている案件に応募して案件が獲得できます。そのため、自分で営業先を見つける手間を省き、案件獲得を効率的に進められるでしょう。

自分にマッチした条件で仕事を探すことができる

フリーランス向けマッチングサービスは自分にマッチした条件で仕事を探すことができます。フリーランス向けマッチングサービスでは、エージェントによる仕事の紹介や、希望条件で案件を探すことが可能です。案件に応募する前に自分の希望条件に合った案件を探せるため、効率的に案件を獲得できます。

企業側からアプローチしてくることもある

フリーランス向けマッチングサービスによってはスカウト機能がついている場合も多く、企業から案件の依頼を受けられる可能性があります。フリーランス向けマッチングサービスでは、自分のスキルや経歴をプロフィールとして記載できるサービスがあります。仕事を依頼したい企業などが自分のプロフィールを確認できるようになるため、スキルや経歴が充実していればスカウトによる案件獲得が期待できるでしょう。

フリーランスがマッチングサービスを活用するデメリット

フリーランス向けマッチングサービスを活用するデメリットは下記2つです。

  • 手数料がかかる
  • 経験が少ないとマッチングできない可能性が高い

フリーランス向けマッチングサービスで獲得した案件は手数料が取られてしまうため、得られる収入が通常より低くなります。また、経験が少ないとマッチングできない可能性が高いため、高単価案件を獲得しにくいです。

手数料がかかる

手数料が発生してしまうため、直接企業と取引した場合に比べて実際の報酬は少なくなる場合が多いです。フリーランス向けマッチングサービスで案件を獲得した場合、エージェントやクラウドソーシングサービスを仲介しているため、手数料が取られます。直接企業と取引した場合に比べて報酬額が低くなるため、手数料の分損していると感じる人も多いです。

経験が少ないとマッチングできない可能性が高い

フリーランス向けマッチングサービスでは、経験が少ないとマッチングできない可能性が高いです。フリーランスを求めている企業は即戦力を求めている場合が多く、スキルや実績が不足している人材は案件の獲得が難しいです。サービスごとに案件の質に違いがあるため、自分の経験量に合ったフリーランス向けマッチングサービスを利用していきましょう。

フリーランスが自分にマッチングサービスを選ぶポイント

フリーランスが自分に合ったマッチングサービスを選ぶポイントは下記4つです。

  • 自分の実務経験やスキル感とマッチしているのか
  • 自分の求める働き方を実現できるのか
  • どのような商流の案件が多いのか
  • 入金のタイミングはいつか

自分のスキルや実績、希望の働き方に合った案件を獲得し、フリーランスとして安心して働くことを目指しましょう。

自分の実務経験やスキル感とマッチしているのか

自分に合った案件を獲得するためには、自分の実務経験やスキル感とマッチしている案件に応募する必要があります。フリーランス向けマッチングサービスは、サービスごとに案件の質やターゲット層が異なるため、自分に合った案件が見つけられない可能性があります。自分のスキルや経験量で応募できる案件が掲載されているサービスか事前に比較するようにしましょう。

自分の求める働き方を実現できるのか

希望の働き方が実現できる案件が掲載されていないサービスもあるため、フリーランス向けマッチングサービスは事前に比較しておく必要があります。フリーランスの働き方は、リモートワークや客先常駐型など多様化しています。フリーランス向けマッチングサービスごとに掲載されている案件の働き方の質が異なるため、自分の求める働き方が実現できるかどうか事前に確認するようにしましょう。

どのような商流の案件が多いのか

商流が浅い案件が多いフリーランス向けマッチングサービスは高単価案件が多いため、掲載されている案件の商流の確認が必要です。商流が深い案件は低単価案件が多く稼ぎにくいため、掲載されている案件の商流は比較するようにしましょう。Relanceであればエンドユーザーからの直請け案件が多く、高単価案件で高い報酬を得やすいです。

入金のタイミングはいつか

サービスごとに報酬を支払うタイミングが異なるため、安心して活動できるように入金のタイミングを確認しておきましょう。サービスによっては案件が終わったあとすぐに入金されない場合も多いです。自分の生活を安定させるために、報酬がどのタイミングで自分の口座に入金されるのか事前に確認しておく必要があります。

フリーランスがマッチングサービスで案件を獲得するコツ

フリーランスがマッチングサービスで案件を獲得するコツは下記4つです。

  • 複数のサービスを活用する
  • エージェントサービスの場合担当者と条件の擦り合わせを行う
  • 履歴書やスキルシートにこだわる
  • 複数のスキルをアピールする

複数のサービスを活用し、多くの案件に触れて自分に合った案件を見つける可能性を高めていきましょう。また、自分の魅力を伝えるために履歴書やスキルシートにこだわり、スキルや実績をアピールする必要があります。

複数のサービスを活用する

複数のマッチングサービスを活用し、案件獲得の可能性を高める必要があります。フリーランスは1つのマッチングサービスで案件が獲得できる可能性は低いです。複数のマッチングサービスを活用し、自分に合った案件を獲得できる可能性を高めていきましょう。

エージェントサービスの場合担当者と条件の擦り合わせを行う

エージェントサービスの場合、担当者と条件の擦り合わせを行い、自分の条件に合った案件を紹介してもらうようにしましょう。エージェントは自分が提示した条件に合わせて案件を紹介するため、より正確な情報を提示する必要があります。条件の擦り合わせを丁寧に行い、自分に合った案件を効率良く紹介してもらう必要があります。

履歴書やスキルシートにこだわる

エージェントや企業の担当者がひと目で魅力的だと感じる履歴書やスキルシートがあれば、案件獲得がスムーズに進みます。履歴書やスキルシートはフリーランスにとって顔のようなものであり、内容が充実していなければ魅力的に感じてもらえず、案件獲得に結びつかない可能性が高いです。自分のスキルや過去に経験した現場の内容などを丁寧に記載し、エージェントや企業の担当者に自分をアピールしていきましょう。

複数のスキルをアピールする

複数のスキルをアピールし、案件獲得のチャンスを増やす必要があります。1つのスキルだけでは他の人材と差別化が難しく、スキルのレベルも案件応募の段階では判断しにくい場合も多いです。自分が持ち合わせている専門スキルやマネジメントスキル、コミュニケーションスキルなどの複数のスキルを相手に伝え、他者に負けない魅力をアピールしていきましょう。

『Relance』に登録してエージェントと一緒にフリーランスを目指しませんか?

まとめ

今回の記事では、おすすめのフリーランス向けマッチングサービスや活用するメリット、マッチングサービスを使った案件を獲得するコツなどについてお伝えしてきました。フリーランス向けマッチングサービスとは、仕事を依頼したい企業や個人のクライアントと仕事をしたいフリーランスを結びつけるサービスです。上手く活用できれば自分に合った業務内容や高単価な案件を獲得しやすいため、フリーランスとして安定した活動を進められます。Relanceであればエンドユーザーからの直請け案件が多く、リモート案件の割合も高いため、自分に合った案件を獲得できるでしょう。

エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

詳しくはこちら

関連記事

30秒で登録。
エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

応募する