2021.10.26

エンジニアの独立とは|独立する方法や注意点など詳しく解説

エンジニアの独立とは|独立する方法や注意点など詳しく解説 ー フリーランスエンジニアのためのお役立ち情報

エンジニアとして働く人のなかには、フリーランスとして独立したいと考えている人もいるでしょう。企業で働くエンジニアとフリーランスのエンジニアは必要スキル、報酬、働き方が異なります。この記事では、独立方法、注意点、メリットなどエンジニアの独立に関する情報について解説します。

独立前と後のエンジニアの違い

エンジニアは独立前と独立後でどのような違いがあるのか、それぞれについて解説します。

独立前

企業に所属する場合、約束された安定収入が毎月入ります。また、企業に所属できている事実から社会的信用度も高いでしょう。クレジットカードやローンの申込みのときもスムーズです。ただし、出勤日や出勤時間、場所、案件などが企業によって決められています。

独立後

独立後は自分で働き方を自由に決められますが、トラブル発生時もすべて一人で対処しなければなりません。ただ、同じ仕事内容であれば、単価は独立後のほうが高いとされています。自分のスキルや知識によって収入は左右されがちです。

職業の種類

エンジニアとして独立しやすい職種には以下のようなものがあります。それぞれどのような職種か解説します。

プログラマ

独立したエンジニアの多くがプログラマです。エンジニアのなかでも比較的独立しやすい職種でしょう。クライアントの使用書をもとに、コードを組み開発を行う職務内容で、実装するものによって必要な知識は異なります。自分のパソコンがあればできる仕事であるため、在宅でも働けますが、現場に出向するケースもあります。

システムエンジニア

システムエンジニアは、システム部分の設計や開発を行います。開発における上流部分の工程を担う職業がシステムエンジニアです。どのようなシステムを実装したいのか顧客からヒアリングし、それをもとに設計していきます。

Webデザイナー

たWebサイトを設計する仕事です。エンジニアとしてIT系の知識よりも、デザイナーとしてのセンスが問われる仕事でもあります。独立してWebサイト設計を請け負う場合、デザインからコーディングまで行うケースが多いようです。

コンサルタント

IT戦略や企画の立案などを行う仕事です。コンサルタントとして企業に提案を行うためには、豊富な知識と実践が必要です。責任感も重い仕事で、顧客からの問い合わせに迅速に対応することも求められます。完全には自由に働けないでしょう。

エンジニアはなぜ独立しやすいのか

エンジニアは独立しフリーランスとして働きやすい職種です。その理由について解説します。

エンジニアの需要が高まっている

IT関連の発達は目覚ましく、人々の生活に必須なものとなっています。それに伴い、IT事業の人材需要は増えているのが現状です。しかし、日本では労働人口が減少していて、人材不足が続いています。今度もIT系エンジニアの需要は高いと予測されているため、独立しても案件は豊富にあり仕事を得やすい環境にあるでしょう。

働く場所を選ばない

IT系エンジニアは、パソコンがあればどこでも仕事ができる職種が数多くあります。セキュリティエンジニアやネットワークエンジニアは企業へ出向かなければなりませんし、出社して開発しければならない場合もありますが、多くの仕事は在宅でも可能です。出勤に時間をかける必要もありませんし、働く場所を選ばず自由に働けます。

エンジニアの独立に必要なスキル

エンジニアとして独立するために最低限必要なスキルを紹介します。

エンジニアとしてのスキルと実績

独立したエンジニアに対して企業が求めるものは即戦力です。社員として雇う場合は、今後の成長を見込んで採用することもあります。しかし、短期間で案件ごとに発注するフリーランスに対しては、制作物を完全に作成する力が求められるでしょう。スキルや実績が十分にあり、自分一人で最後まで制作物を完成させる力が必要です。

営業力

エンジニアとして独立しフリーランスになると、自分で仕事を獲得しなければなりません。そのため、営業力を培い自分で自分を売り込む必要があります。企業に所属していれば、営業担当が案件を獲得するため、エンジニアは営業しなくても案件を受注可能です。独立して自分で案件を得られるような営業力も必要でしょう。

コミュニケーションスキル

独立したエンジニアは、自分で顧客が必要とするものを引き出していかなければなりません。最終的に顧客が満足する制作物を提出できなければ、契約違反となる可能性もあります。顧客とスムーズにやり取りしつつ、相手が欲しいものが何かを正しく把握するコミュニケーションも必要となるでしょう。

エンジニアとして独立するメリット

エンジニアとして独立すれば、職種にもよりますが基本的に自分の好きな時間、好きな場所で働けます。案件も自分で選べるため、あわない仕事を回避することも可能です。仕事における責任はすべて自分一人で担わなければなりませんが、報酬は会社員よりも高い傾向にあります。

エンジニアとして独立するデメリット

独立すると安定して案件を得られるとは限らないため、毎月得られる収入が大きく異なる可能性があります。フリーランスの社会的信用度は収入に関わらず低めであり、クレジットカードやローンの審査に断られるケースもあるようです。また、案件を自分で選べるため、意識してスキルアップをしていかなければなりません。

エンジニアとして独立する方法

エンジニアとして独立を成功させるためには、以下のような方法を実践しましょう。

十分な実績とスキルを得る

独立したエンジニアはすべて自分一人で行わなければなりません。そのためには、十分なスキルが必要です。また、フリーランスに求められるものは即戦力であるため、そもそも実績がなければ依頼されません。まずは実績とスキルをしっかりと身につけましょう。

退職前に独立の目処を立てる

エンジニアとしての独立は案件を得られず失敗する可能性もあります。安全に独立するためには、退職前に人脈をつくる、副業として案件取得する、といった準備を行いましょう。在職中にエンジニア専用エージェントに相談する方法もおすすめです。

フリーランスエンジニアの転職エージェントならRelance[リランス]

エンジニアとして独立を考えているのであれば、まずはRelance[リランス]に相談してみてはどうでしょうか。独立後どのような案件が得られそうか、スキルアップやキャリアプランに関するフォローも行っています。

独立の準備

年齢やスキルによっても異なりますが、一度退職してしまうと再就職するまでに時間がかかる可能性もあります。退職前に独立後の基盤を築き、退職しても問題なく活動していける準備をしておきましょう。

独立したエンジニアの案件取得方法

エンジニアとして独立したあとも、案件取得のためにはいろいろな働きかけが必要です。どのように案件を取得するのか解説します。

エージェントに依頼する

安定して案件を得るためには、フリーランスのためのエージェントに依頼しましょう。フリーランスエージェントの市場は拡大傾向にあり、依頼しやすいでしょう。エージェントに依頼すれば、報酬に関する交渉も代行してもらえます。

クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサービスとは、さまざまな案件を掲載しているサイトです。自ら案件を選び応募でき、相手から採用されれば案件獲得となります。クライアントがどのような人なのかは口コミを参照するしかないうえ、単価や安い傾向にあります。

求人サイトで探す

求人サイトには、正社員やアルバイト以外に、業務委託契約でフリーランスを募集しているものもあります。求人サイトのなかにはフリーランス専用のものもあり、自分にあった求人サイトを探してみてください。

ブログやポートフォリオサイトからの問い合わせ

自分のブログやポートフォリオサイトを運営している人は、そこをきっかけにして企業から問い合わせがくることがあります。この営業方法は受け身であるため、必ずしも依頼につながるわけではありませんが、自分に依頼する前提の問い合わせを得られます。

エンジニアが独立するときの注意点

エンジニアとして独立するときには以下のような注意点があります。

エンジニア業務以外の仕事もある

独立すればエンジニア業務以外の、営業、経理、事務なども必要となります。案件を取得すればするほど報酬は増えますが、業務過多にならないような自己管理も必要です。さまざまな業務を並行しつつ、健康に留意した働き方をしなければならないでしょう。

収入が安定しない可能性も高い

エンジニアとして独立してフリーランスとなると、収入は安定しない可能性が高いでしょう。特に独立したてのときは、会社員時代よりも収入が減る人もいます。案件がない時期でも生活できるような貯蓄も必要です。

福利厚生や退職金はない

企業に所属すれば、その企業の福利厚生や退職金が得られます。こういったものは退職した時点で手放さなければなりません。社会保険料の半額負担、厚生年金の加入もなくなるため、将来のためにしっかりとした貯蓄が必要です。

まとめ

エンジニアとして独立すると、自由な働き方と単価の高い案件を得られる可能性があります。しかし、誰でもフリーランスとして成功できるとは限らないため、フリーランス専門のエージェントに相談するなどの対策は必要です。

エンジニアとして独立したいならば、Relance[リランス]がおすすめです。Relance[リランス]は現役のエンジニアがマッチングするため、求職者にあった案件を紹介できます。最新技術が必要となる案件やリモート案件など、多種多様な案件を用意しています。ぜひご相談ください。

Relance[リランス]の登録フォームはこちら

Author

ken

ken

複数の会社で、新規事業立ち上げ/マーケティング/経営とかをしているパラレルキャリア。
4言語のマルチリンガル外国人。電力、マーケティング、人、組織に詳しいです。

SNS
https://twitter.com/kennoid

SNSでシェアする

関連記事