30代でフリーランスになるには?成功のコツは?徹底解説

30代と言えば会社内でも役職がついてきたり、中堅として活躍していく時期です。

しかし、これからの会社に不安を抱えていたり、人生設計で悩んだりするのも30代です。

思い切ってフリーランスを検討する方もいらっしゃると思いますが、年を重ねるごとにフリーランスになることに不安を覚える方もいらっしゃいます。

そこで今回はフリーランスとして成功していくためのコツをご紹介します。

30代からフリーランスになっても大丈夫?

今まで会社に勤務していた方が突然フリーランスになろうと思うと不安が多く付き纏います。

30代であれば尚更その気持ちは大きいかもしれません。

しかし、30代でフリーランスになることは珍しいことでもありませんし、20代には持てない強みもあります。

フリーランスになることが頭をよぎった方は、検討してみる価値は十分にあると思います。

では、30代フリーランスの現状をご紹介していきます。

30代からフリーランスに転身する人は多い!

30代でフリーランスになることに不安を抱える方も大勢いらっしゃいますが、実はフリーランスに転身する人は意外にも多いです。

なぜなら、スキルや社会の仕組みなどが20代の頃と比較しても確実に身についてきているためです。

つまり、フリーランスとして一人で業務を行える力が身についているからこそ、フリーランスで生活していける自信が持てるのです。

さらに、自分よりも年上の方々が多く、さらには定年後の再雇用などで出世することが難しいと感じた方もフリーランスに転身するケースがあります。

このように、会社という枠組みよりも自分の力を自由に発揮できるフリーランスを目指す方が出てくるのが30代なのです。

IT系は人材不足

近年あらゆるものにIT技術が採用され、IT技術者の需要が高まっています。

広告や採用もIT技術が使用されるようになっており、小さな店でもホームページや在庫システムを持っています。

それだけ需要が高まっているにも関わらず、IT技術者の数は万年足りない状態です。

現状では、50代の方が職業訓練校に通い技術を習得すると就職が決まるというケースまであります。

通常50代で就職活動をしても、今までの経験が活かせる職種でなければまず就職は難しい状態でしたが、IT関連企業ではそれが可能なのです。

これは、もちろんフリーランスにも言えることです。

知識と技術さえあれば、フリーランスとして企業案件に参画することも可能ですし、ホームページ作成などの一人でできる仕事に関しては、直接契約をすることもできます。

最初は経験がないためになかなか仕事を得ることが難しいかもしれませんが、ポートフォリオを作成して技術力をアピールすることに成功できれば仕事は確実に手に入ります。

他業種のフリーランスは未経験だと難しいですが、IT業界であれば可能なことは数多くあるのです。

未経験の場合は学習意欲が大切

他業種で就職する場合は未経験でも周囲が教えてくれることも多いですが、IT業界の場合は自ら学ばなければ自分の技術が向上することはありません。

そのため、もし未経験からフリーランスになるとしても、学習意欲を持っていることが非常に重要になります。

IT関連の書籍はコードが間違っていて記載の通りに書いてもエラーが出たり、初級と上級は充実しているのに中級にあたる書籍がないことが多いです。

さらに、すぐに新しい技術が出てくることからなかなか実践的な実用書に巡り会えないケースが多くあります。

しかし、学ぶ意欲がなければ特にフリーランスは廃業の道しかありません。

学習がうまくいかなければ得られる仕事の幅も少なくなるため、焦りも出るかもしれません。

しかし、学習こそが収入に結びつくと信じて努力を重ねれば、フリーランスとして未経験でも成功できる確率は高くなります。

30代でフリーランスになる4つのメリット

フリーランスになるタイミングに悩む方もいらっしゃるかもしれませんが、各年代でそれぞれ違ったメリットがあります。

その中で自分が最も納得のいくタイミングでフリーランスになるのがベストですが、その検討材料として30代でフリーランスになることのメリットをご紹介します。

あくまで、一般的な30代のイメージから得られるメリットとなりますので、個人的スキルによって違いが生じるかもしれません。

しかし、フリーランスになったあなたのことを知らない企業が持っているイメージでもあるので、当てはまる点は多いと思います。

まずはメリットをしっかり考えて、自分が納得できるかを考えることが重要です。

スキルや経験を活かし収入UPを目指せる

フリーランスが獲得する仕事の単価は様々であり、時には厳しい条件と納期にも関わらず低単価であることも数多くあります。

少しでも高単価の仕事を獲得したいと当然考えるところですが、実は30代は高単価の仕事が得やすいのです。

もしIT関連企業で働いた経験がある方であれば、案件を発注する企業もそれなりに信頼できる相手として見てくれます。

発注側を考えてみると、ITのことがあまりわからない方が発注することもあるので、納品物を見てもどれだけの仕事をしてくれたのかわからないことがあります。

納品されたは良いものの、リリースした際にバグの嵐だった場合にも泣き寝入りしなければならない可能性もあるのです。

そうならないために、実力を持った人に発注したいと考えていますし、そういった人が集まるように高単価に設定しています。

これらを踏まえると、経験を持った30代はそれだけで価値があり、案件獲得には大きなアドバンテージだと言えます。

自分にあった仕事量で働ける

コンスタントに案件を獲得できるようになってくると、仕事量の調節もできるようになってきます。

30代は家族を持っていたり、自分の趣味を持っている方が多くいらっしゃいます。

会社勤めの時には会社や上司が勝手に仕事量を調節してきて終わらず残業ということもあったでしょう。

しかし、フリーランスは自分で調節することが可能です。

働けば働くほど収入と実績は上がりますが、時間が削られてしまいます。

このバランス調節ができるのもフリーランスの良い点です。

季節によって仕事を増減させて休日を増やすことも可能なので、生活に自由度が出るのも良い点です。

通勤や職場の人間関係などから開放される

サラリーマンならではの悩みでもある通勤や人間関係などから解放されるのもフリーランスならではのメリットです。

近年リモートワークが普及してきていますが、会社としては出社してほしいという声も多く聞こえます。

通勤時間も労働時間に組み込んでほしいと思う方も少なくないはずです。

これは、通勤にかかる時間だけではなく混み合う公共交通機関を利用したり、渋滞の中で遅刻しないかと不安になるストレスの要因が多いからでしょう。

また、職場では様々な人間が集まる場所であり、身の回りに少なからず苦手な人もいらっしゃると思います。

そのような悩みは、フリーランスになればゼロになるのです。

案件の獲得に苦労しない方であれば、クライアントと合わないと感じた場合に仕事を切ることも可能です。

このように、今までストレスと感じていたことから解放されるためにフリーランスになる方も大勢いらっしゃいます。

フリーランス転身後の再就職や転職も現実的

フリーランスになったからと言っても、一生フリーランスでいる必要はありません。

社会情勢の影響を受けやすいフリーランスなので、実際にやってみてサラリーマンに魅力を感じる方も中にはいらっしゃいます。

そこで再び再就職をしようと思った時にも、30代であれば現実的です。

40代となると極端に就職先が減ってしまい苦労する方もいらっしゃるかもしれませんが、30代であればリスタートは十分可能です。

もちろん失敗することを考えてフリーランスになる方はいらっしゃらないと思いますが、万が一を考えた時にも30代でフリーランスになるということは良いタイミングだと言えるのです。

30代でフリーランスになる4つのデメリット

もちろんフリーランスになるということはメリットだけではなく、デメリットも存在します。

大切なことは、メリットとデメリットを天秤にかけて自分が納得できるほうを選択することと、デメリットで起こり得ることを予測し、対策することです。

そこで、代表的なデメリットをご紹介しますので参考にしてください。

収入が不安定になりやすい

サラリーマンは雇用条件に給与が定められており、毎月決まった額の収入があります。

しかし、フリーランスは毎月の収入は仕事次第であり、収入は全く決まっていません。

運良く継続してくれるクライアントがいればある程度収入の目安は立ちますが、それもいつプロジェクトが打ち切りになるのかわかりません。

収入源を複数に分けることが対策法ではありますが、数ヶ月で収入が激減するといったことも珍しくありません。

毎月の仕事量や抱えるクライアント数など、自分で管理して収入の不安を払拭していく必要があります。

不安定さの代わりに収入アップも期待できるので、リスクマネジメントが重要になります。

スキルや経験が無いと大きな収入アップに繋がらない可能性がある

スキルや経験がない場合、案件獲得に苦労します。

例えスキルを持っていたとしても、経験がなければ案件獲得に苦労するのがフリーランス業界です。

最低限、自分のスキルをアピールできるポートフォリオの準備は行いましょう。

また、スキルがない場合は早急にスキルを身につける必要があります。

運良く案件獲得に至ったとしても、残念ながら納品を行うことはできません。

まずはスキルを磨き、案件を獲得できた際に少しずつ実績を積み重ねることにより、大きな収入アップに繋がります。

クレジットカードや賃貸の審査に通りにくくなる

クレジットカードやローンの審査はまず通らないと考えておきましょう。

これは、フリーランスの収入が安定していないことで返済ができなくなる恐れがあるためです。

また、賃貸も同様のことが言えます。

賃貸の審査もローン審査と同じ機関を使用しているところが多いため、どうしても賃貸の審査に通らないことがあります。

ただし、フリーランス全員がこの状況ではないのでご安心ください。

前年度の所得を提示することによって審査が通る可能性がアップします。

とはいえ、サラリーマンと比較すると通りにくさは雲泥の差となってしまうことと、フリーランス1年目でローン審査、賃貸審査は通ることが皆無であることは覚えておきましょう。

30代後半になると再就職の難易度が上がる

30代も後半となると再就職の難易度が格段に上がります。

30代後半ともなるといきなり管理職となることが多く、平社員で1からスタートするケースはほぼありません。

そのため、現在働いている会社での収入よりも大幅に下がることも覚悟しておく必要があります。

もちろん、自分のスキル次第では再就職も可能ですが、かなり難しい道です。

しかし、その先はさらに就職の間口が狭くなってきてしまうので、最後のチャンスとしてフリーランスにチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

30代のフリーランスが成功するコツは?

メリット、デメリットをご紹介してきましたが、30代でフリーランスとなった際に成功するコツをご紹介していきます。

これも、20代や40代とは違った、30代ならではの成功の秘訣です。

フリーランスになって何をどう行えばわからないという方も多くいらっしゃるかもしれませんが、まずは下記の4点を意識して行動してみてください。

案件獲得に妥協をしない

フリーランスの案件選びは慎重に行ってください。

なんでも良いと選んでしまうと、あまり実績もつかずに厳しい条件下で低単価の案件をひたすら行わなければならなくなります。

こうなってしまうと思い描いていたフリーランス生活とは大きく異なってしまい、早々にサラリーマンへ戻る方も少なくありません。

生活のために案件を選んでいられない時期もあるかもしれませんが、妥協はしないほうが将来的には賢明でしょう。

自分で案件選びや案件獲得が難しい場合は、フリーランスエージェントに任せてしまうというのも一つの方法です。

いつまでも目当ての案件にたどり着けなかったり、自分のスキルに合っていない案件ばかりに着手している方にとっては、まさに希望の光と言えます。

誠実に仕事に取り組む

フリーランスは「自由」だというイメージがありますが、むしろフリーランスこそ仕事に対して誠実に取り組みましょう。フリーランスとは言い換えれば一人のプロであり、責任感を持って仕事を全うするのはもちろん、企業やエージェントと良好な関係を築く必要もあります。

常に好条件の仕事を獲得するためにも、誠実な対応を心がけましょう。

需要のある業界・業種を見極める

自分が身を置く業界・業種に関して需要を見極めることは非常に大切です。

例えば、数年前であればホームページ作成の案件は多数あり、案件獲得も容易に行えました。

しかし、現在はホームページ運営を辞めてSNSのみに絞る店舗も増えてきたことと、技術面で比較的容易な上にエンジニアが増加したことにより、1案件に数百人の募集が集中する状態です。

そのため、現在どのような募集があってどれくらいフリーランスが応募しているのかを探る必要があります。

需要の低い業界で苦労して案件を獲得するのと、需要の高い業界で楽に案件を獲得することは、収入や実績にそれほど差はありません。

つまり、事前調査が重要になるのです。

常にスキルを磨く意識が必要

フリーランスは自分のスキルを頼りに収入を得ていくシステムです。

そのため、高いスキルを持っている人の元には高単価の仕事が集まります。

つまり、スキルアップをしていくことが収入アップにつながるのです。

将来を見据えて、常にスキルアップを行いましょう。

あらかじめ貯蓄をしておく

フリーランスの収入は不安定なので、あらかじめある程度貯蓄をしておく必要があります。

一時的に収入が下がった時に貯蓄がないと、生活ができなくなってしまいます。

先のコロナショックの際にも、フリーランスの仕事が激減してしまいました。

国の対策が出たのはしばらく経ってからのことでした。

この期間に、生活できなくなってしまう可能性もあります。

そのため、ある程度の貯蓄を準備しておく必要があるのです。

また、ローンが組めなくなるという点からも、余裕のある生活ができるように貯蓄しておきましょう。

フリーランスエンジニアになるなら『Relance』登録して不安点・疑問を解決!

エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

詳しくはこちら

関連記事

30秒で登録。
エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

応募する