20代でフリーランスになれる?メリットや独立のコツについても解説!

現在は会社に勤務している方でも、フリーランスという選択肢を一度は考えたことがあるかもしれません。会社という枠から出ることは勇気が必要かもしれませんが、フリーランスには可能性があります。

しかし、何も考えなしに勢いだけでフリーランスになってしまうとほとんどの場合失敗してしまいます。

そこで今回は、フリーランスになるメリットやコツ、そもそも20代でフリーランスになれるのかということにスポットを当ててご紹介します。

20代でフリーランスになるのは難しい?成功のコツは?

20代でフリーランスになるのが難しいかと問われると、実は20代でフリーランスになることが最も適していると言えます。

とは言え、20代も前半、半ば、後半に分けることができ、その段階によってはフリーランスになる難易度も異なります。

20代はライフステージで言えば社会人経験を積み始める年代であり、このことがフリーランスとしての成功に大きく関わっているのです。

社会人経験はフリーランスにとって大変重要なものです。なぜなら、クライアントである企業から信用を得るために、社会人としての経験年数を明記することは必要だからです。

しかし、若くしてフリーランスになるとそれだけ現役世代としての時間があるというメリットもあります。

いずれにせよ、20代はフリーランスになる最も良いタイミングだと言えます。

しかし、いざフリーランスになると言ってもメリットとデメリットを知っておく必要はあります。

リスクを回避し、得られるメリットを最大限に活かすことで成功へ大きく近づきますので、しっかりと把握した上で自分の行動を決めていきましょう。

20代でフリーランスになる5つのメリット

まずはメリットからご紹介していきます。

フリーランスに限らず、新たな挑戦を行う際にはメリットを最大限に活用することが大切です。

まずはこれからご紹介する5つのメリットを天秤にかけ、自分はフリーランスになるべきかを決定します。

そして、フリーランスになることを決意したら、メリットを最大限活用するためにどう行動していけば良いかを考えましょう。

実力にあった収入が期待できる

会社勤務だと20代前半の収入は多少の差異はあるもののあまり変わらず、さらには年収も上がりにくいのが現状です。

自分の実力がどれほど優れており業績を上げたとしても、会社という組織内で報酬が分配されて収入が上がらないケースが多くあります。

また、上司との人間関係がうまくいかないと出世や賃金アップが全く行われないケースもあるため、必ずしも実力に見合った報酬が得られるとは限りません。

逆にフリーランスになると、これらの問題は解消されます。

とはいえ、フリーランスは技術職と営業職のどちらも行わなければならないため、技術スキルが非常に高くても営業スキルが低い状態であれば仕事が獲得できずに報酬に結びつかない可能性はあります。

会社で求められるスキルとフリーランスで求められるスキルに多少の差異はあるかもしれませんが、これらを克服することができれば実力に見合った報酬を得ることも可能であると言えます。

自由な時間の使い方ができる

最近はフレックス制を導入する会社が増えていますが、それとは比較にならないほど時間を自由に使うことが可能です。

企業の場合、1日の労働時間や1ヶ月の労働時間に制約があったり、多くの企業ではコアタイムが決まっているので1日の中で本当に自由に仕事を行うことは難しいです。

しかし、フリーランスとなれば時間的自由は無限大です。

もちろん、クライアントとの打ち合わせや締切などによってどうしても外せない時間はあるかもしれませんが、その予定も自分に合わせることも可能です。

ただし、自分の都合に合わせるということはそれだけクライアントに調整してもらうということでもあり、案件が獲得しにくくなる可能性もあることは覚えておくべきです。

また、企業で働いていると残業の上限も定められています。

たくさん仕事がしたい、たくさん稼ぎたいと考えている方にとっては、その上限のないフリーランスの方が合っているかもしれません。

このように、フリーランスは生活ギリギリの仕事を行ってプライベートの時間を増やすか、生活を仕事一色にするかも自分次第です。

打ち合わせの時間を除き、朝に働くか夜に働くかという選択もできることから、自分の理想とするライフスタイルに合わせることができます。

また、繁忙期の設定も調整することが可能です。

夏にたくさん遊びたい方は冬場に多くの案件に着手して貯蓄を作り、夏場は週休6日という生活も夢ではありません。

自分のやりたいことを行うために時間を設定できるという点は、フリーランスの大きなメリットと言えます。

ハードワークができる

フリーランスの仕事は多岐にわたります。

会社勤めであれば部署ごとの役割分担によって業務自体はそこまで多くありませんが、フリーランスは全て自分で行わなければなりません。

案件をこなすだけではなく、営業や経理などの業務も並行して行わなければ成り立ちません。

また、フリーランスが企業よりも優れている点はスピードです。

そのため、短い納期の案件もしばしば受けることがありますが、多くの業務やクライアントの要望に答えるためには絶対的に時間が必要となります。

そこで、日によっては長時間労働となっても若さでカバーできる部分もあります。

フリーランスは自分が病気などで倒れてしまうと収入がゼロになってしまうため過度な労働はおすすめできませんが、若いうちは柔軟に対応できる利点もあります。

年を重ねるごとに無理ができなくなってくるのもの事実ですので、若いうちにフリーランスとして力を発揮できるというのは大きなアドバンテージとなります。

キャリアの幅が広がる

企業に就職すると自分の思い描いていた仕事を行えるとは限りません。

例えばIT関連のエンジニアであれば、自分はアプリ開発を行いたいのにインフラエンジニアの部署に回されることもあります。

そこで新たな楽しみを見つけたり、その時の経験が後の自分を助けたり、遠回りだと一概には言えませんが、最初は苦労とストレスの連続だと思います。しかし、フリーランスであれば自分で案件を探し契約するので、仕事が極端にない場合以外は基本的に自分のやりたい仕事をすることができます。

自分のやりたい方向を深めていき、自分の実力にあった仕事ができます。

自由度も高いので、もし他の分野の仕事に興味が出てきた際にも簡単に興味を持った仕事へ着手することも可能です。

ホームページ開発で画像加工を行っていたフリーランスがイラストのデザイナーの仕事に着手することも場合によっては可能です。

固定化されたキャリアを積み上げていくのが企業だとすると、フリーランスは様々なキャリアを自由に積み重ねていくことが可能なのです。

会社員に戻りやすい

将来や収入に不安を感じたり、コロナ自粛の時のように極端に仕事がなくなった際に会社員に戻りやすいメリットがあります。

なぜなら、企業からしてもキャリア教育や育成に時間をかけられるからです。そのため、20代のうちからフリーランスになり、会社員に戻ろうと考えた際にはわりとすんなり戻ることができるのです。

もしフリーランスで失敗してしまっても、そこから会社員としてリスタートできるという保険は非常に心強いでしょう。

日本企業はまだ年功序列的な給与体系も残っているので、生涯年収の差もそこまで開きません。

20代でフリーランスになる4つのデメリット

次にデメリットについてご紹介していきます。

デメリットはメリットと天秤にかけて自分に合っているのか検討することはもちろんですが、それ以外にもデメリットをうまく回避することも重要です。

仕事を行う上ではリスクマネジメントという言葉もある通り、マイナス面に対して対策を行うことが成功につながるのです。

そのためにはまずどのようなデメリットがあるのか知らなければなりません。

経験やスキルが足りないことがある

企業であればわからない部分を質問できる先輩社員や上司がいて、様々なことを教えてくれます。

しかし、フリーランスは自分一人で仕事をすることがほとんどであり、わからない部分を聞く相手がいないという状態になりがちです。

もちろんクライアントも専門的な知識を持っているわけではなく、専門的知識と技術を持っているからこそフリーランスに発注するのです。

企業でベテランと呼ばれるくらいまで経験を重ねた場合と比較すると、スキル不足に悩む方が多くいらっしゃいます。

仕事の獲得が難しい可能性がある

仕事を得るパターンとして、ピンポイントで仕事を発注してくるケースと公募している仕事に対して応募するケースがあります。

前者はクライアントとの信頼関係が構築できて発生するケースであり、多くの場合は後者のパターンに当てはまります。

応募した場合、年齢により落とされることもあるので注意が必要です。

これは若いフリーランスが前述したようにスキル不足が多かったり、納期を守れなかったり途中で投げ出してしまうケースが多いことにあります。

仮に自分がそうではなくとも、全体的に若いことによってクライアントからそう見られてしまうこともあります。

全てのクライアントが年齢が若いと落とすということではありませんが、仕事の獲得に関して苦労することも多い点は覚えておきましょう。

ローンなどの審査に通りにくくなる

何かを買うときにローンを利用したり、クレジットカードを作る際に20代のフリーランスは審査が通らない可能性が非常に高いです。

まず、フリーランスとなった1年目は全ての審査に落ちると思っていてもらって良いです。

2年目になり、前年度の収入を証明できるものを提示することで審査が通るケースもありますが、その場合でも確率は低いでしょう。

フリーランスは怪我や病気で無収入となってしまうリスクが高いことと、社会情勢が変化した際に資本金がないためすぐに仕事がなくなってしまうのではないかと心配されて融資を受けられないのです。

また、20代は基本的に審査が通りにくい傾向もあるため、20代のフリーランスはほぼ審査が通りません。

友人がローンで車を購入したりしている中で、自分は同じように生活できないということを覚悟しておく必要があります。

キャリアプランを自分で考える必要がある

先ほどキャリアの幅があるとご紹介しましたが、裏を返せばキャリアプランは自分で考えなければいけません。

実績を積み重ねることがそのまま信頼やスキルの証明につながるフリーランスですが、魅力的な実績を積み重ねていけるかどうかで将来は大きく変わってしまいます。

会社に勤務している頃は会社の実績があり仕事が獲得できますが、フリーランスは自分自身が積み上げてきた実績が仕事を得るために必要となります。

どのような仕事をしていけば仕事を獲得する際に有利になるか、自分自身で考えて行動を起こさなければなりません。

20代でフリーランスを成功させるための方法

20代でフリーランスとなるデメリットをご紹介しましたが、それを克服するための方法もご紹介していきます。

もちろん克服方法は人によって様々ですが、ここでご紹介することは克服する方法のベースとなります。

自分がどのように行動を起こすべきなのかを考えるための基礎としてください。

知識や技術のレベルを上げる

経験やスキル不足を補うためには、自分自身が学び、訓練していかなければいけません。

スクールに通ったり独学で知識を深めていくことはフリーランスにとっての必須事項なのです。

業務以外にも学びの時間を確保しなければならないため、時間的に厳しくなることもあるかもしれません。

しかし、学ぶことで将来の報酬に直接結びつきますので日々の努力を続けましょう。

また、個人事業主として申請していれば業務に関わることであれば確定申告の際控除対象にもなりますので、会社勤め時代よりも経済的な負担も軽減されます。

スキルが仕事を獲得することに直結していきますので、フリーランスとして最も重要とも言えるポイントです。

案件を獲得しやすい状況を作る

案件を獲得するための環境を構築しておく必要があります。

それにはまず、クライアントとの繋がりを作らなければなりません。

現在はクラウドソーシングサイトなどがありますが、実際のところ新型コロナ発生時あたりからクライアントは減り、フリーランスが増加しているので獲得は難しい状況です。

近年多いのが、フリーランスエージェントを活用する方法が主流となってきています。

エージェントを挟むことにより、クライアントは求めるスキルを持ったフリーランスに会うことができるため、人気が集まっています。

今クライアントが注目している機関を活用することにより、より案件を得やすい環境構築ができます。

時代のトレンドを模索し、環境を整えていくことが成功のカギとなります。

あらかじめ貯蓄をしておく

フリーランスの収入は不安定なことが多いです。

コンスタントに仕事を発注してくれていたクライアントから突然プロジェクト中止を言い渡されることも多々あります。

そんな中で、貯蓄がなければ生活の危機に瀕してしまいます。

多少の収入の変動があっても生活できるだけの貯蓄を蓄えておくことで、フリーランスを続けていけますので貯蓄は大切です。

貯蓄が少ない場合、自分のキャリアアップとは関係のない案件に着手しなければならないこともあるので、時間的なロスもあります。

将来に向けて仕事に集中できるという意味でも、フリーランスになる前にある程度貯蓄をしておきましょう。

相談できる状況を作っておく

会社とは違い、相談相手がいないこともフリーランスの辛い面です。

そのため、フリーランス仲間を増やしておくことは辛い時期を乗り切るためにも大切なことだと言えます。

案件獲得や環境づくりなど、アドバイスを受けられることは多数あります。

また、フリーランス仲間から仕事をもらえることもあります。

これは、複数のクライアントからの発注が重なってしまった際に、仕事を振ってもらえることもあるのです。

もちろん逆もしかりで、自分の仕事が処理しきれない時には仕事を断るのではなく、クライアントの合意の上でクライアント仲間に仕事を行ってもらうという方法もあります。

一人で全てを行っているフリーランスだからこそ、仲間は大切なのです。

フリーランスエンジニアになりたいならRelance(リランス)に相談を!

エンジニアとしてフリーランスになろうとしている方の中で、案件獲得の環境構築に迷っている方はRelanceをお勧めします。

先ほどご紹介したフリーランスエージェントのリランスですが、半数以上が月に100万円以上、80%が80万円以上の実績があります。

案件獲得の営業面で苦労している方にとっては利用しない手はありません。

契約持続率が92%であることも、ミスマッチを防げている証拠です。

順調なスタートを切るためにも、まずは相談してみましょう。

案件獲得の環境構築はおまかせ!いますぐ『Relance』に登録!

エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

詳しくはこちら

関連記事

30秒で登録。
エンジニアのための
良質な案件を獲得しよう。

応募する